The most recent version (where we're currently working) is located under /trunk/, and the released versions are located under /tags/.

マージはcvs update -j: 作成はsvn copy マージはsvn merge: タグ: ある時点のファイル群に対し、タグ名を付けることが出来る。 cvs tag、cvs rtag: ある時点のファイル群をタグ名のディレクトリーに全コピーしておくイメージ。

マージ済み ファイルの出力先を指定します。これはマージしたりや競合を解決したりした後のファイルが保存されるファイルパスです。 3方向差分でこれが指定されなかった場合、TortoiseMergeは結果をどこに保存するかをユーザーに尋ねます。

Subversionユーザーの「Git(Bitbucket)に移行したいがSubversionとの違いやメリットがよくわからない。」という質問にお答えします。|GitとSubversionの構造的な違い|GitのブランチはSubversionのブランチとは全く違うモノなど TortoiseSVNとTortoiseMergeはフリーですが、パッチを送ったり、開発の中で重要な役割を担ったりして、開発者をサポートすることができます。また、コンピューターの前で延々と時間を過ごす私たちを応援することができます。, TortoiseSVNで作業している間、私たちは音楽を聴くのが大好きです。我々はプロジェクトに多くの時間を費やしているため、多くの音楽が必要です。そこで、私たちの好きな音楽のCDやDVDのウィッシュリストを、 http://tortoisesvn.net/donate.html で公開しています。また、パッチや翻訳を提供してプロジェクトに貢献している人のリストもご覧ください。, パッチや、バグレポート、新しいアイデア、メーリングリストでの質疑応答などの助け合いに, TortoiseMerge はフリーでオープンソースのアプリケーションです。テキストファイルの差分を表示したり、変更点をマージしたり、 パッチ と呼ばれる Unified 差分ファイルを検査したり適用したりすることができます。, 任意のプログラム言語のソースファイルや、ドキュメントや Web サイトの html/xml ファイルといったテキストファイルで作業していると、そのファイルの異なるバージョンと比較したくなる状況があるでしょう。他の誰かが行ったバージョンとの差分を得たり、自分がどのような変更を行ったか見るといったことです。, Subversion のようなバージョン管理システムを使用して作業を行っていると、作業コピーを更新する時に 競合 が発生することがあります。これは、作業コピーに変更を加えた部分と同じ部分に対して、他の誰かが別の変更を加えたことによって発生します。競合は手作業で解決しなければなりません。 TortoiseMerge はこの作業を助けてくれます。, TortoiseSVN の作業をしていると、プロジェクトの拡張やバグの修正のためのパッチを送ってもらったときにはいつも、そのパッチを適用するのに大量の作業を行わなければなりませんでした。また多くの場合、既にファイルを更新してしまっていたために、そのパッチは時代遅れになっており、コマンドラインパッチツール http://unxutils.sourceforge.net/ では適用できませんでした。, また、 TortoiseSVN がもともと TortoiseSVN → パッチの作成 を実装していなかった主な理由でもあるのですが、パッチの適用が簡単だったので、私たちはユーザーがファイル全体を送ってくれるのを歓迎していました。, 長時間を費やしてパッチファイルを適用することができる GUI ツールをインターネットで探しましたが、そのようなツールは存在しないということが分かっただけでした。その後は省略しますが、そのようなツールを提供してくれる人がいないのであれば、自分たちで作らなければならないと思い立ちました。そうして TortoiseMerge が生まれました。, TortoiseSVN は既にすばらしい差分エンジンを内蔵した Subversion のライブラリを使用していたので、 GNU diff の代わりにこのライブラリを使用するのは自然なことでした。, Subversion 1.7 でパッチファイルを適用する svn patch コマンドが追加されました。TortoiseMerge は Subversion と動作を一致させるため、 Subversion のコマンドを利用します。, 2つのファイルの差分を表示し、変更点をマージしたり、不要な変更を削除したりすることができます。, ローカルな変更と、更新で取得した Subversion のリポジトリにある変更との競合の編集を行うことができます。, このモードでは、2つのファイルを比較できます。左画面のファイルはオリジナルファイル(Theirs とも呼ばれる)として扱われ、右画面のファイルは変更後のファイル(Mine とも呼ばれる)として扱います。, 右画面にあるファイルに対しては、単なる行単位の変更に加え、次のような操作を行うことができます。, Mine の前に Theirs を配置したり、 Theirs の前に Mine を配置したりして、両方のブロックを結合する。, また、右画面のファイルはテキストエディターのように編集することもできます。その行は鉛筆アイコンで印がつけられます。なお、前述の行単位やブロック単位の変更を行うつもりなら、編集する前に行っておく方がよいでしょう。編集してしまうと、 TortoiseMerge が オリジナルファイルとの関連を追跡できなくなります。, これは3方向マージと呼ばれ、3画面表示になります。しかし、実際には4つのファイルが関係しています。現在競合している2つのファイルの共通の祖先である、共通のベースファイルは表示されません。3つのファイルの関係は、以下の図で説明します。, ベースファイル(Base)は、 自分 と 他人 がそのファイルに対して変更を始めた、最も古いバージョンを表します。 Mine は Base ファイルに対して自分が変更した結果を表します。また、 Theirs は 他人 が変更した結果を表します。左画面には、ベースファイルに対する Theirs の変更が表示されます。また、右画面には、ベースファイルに対する Mine の変更を表示します。下画面には、競合を解決した結果を出力するファイルが表示されます。, 競合の解決画面では、 Mine や Theirs もしくは両方から、採用するブロックを選択できます。この場合、変更結果は下の画面に表示されます。, パッチファイルは Subversion の Unified 差分ファイルで、変更を適用するファイルの一覧が含まれています。パッチは、あなたが変更点を確認してからコミットできるように、他の開発者によって作成されたかもしれません。また、 TortoiseSVN が2つのフォルダーを比較する際に、内部的に作成したかもしれません。これは、リポジトリのリビジョンと作業コピーのフォルダーを比較したり、リポジトリ内の2つのリビジョンを比較したり、2つの異なるリポジトリパスを比較したりすると発生します。, いずれの場合も、パッチに含まれるファイルの一覧が、小さいウィンドウで表示されます。その中のファイルをダブルクリックすると、関連するファイルが取得され、変更が適用されます。左画面にはパッチ適用前の、右画面にはパッチ適用後のファイルの内容が表示されます。, TortoiseMerge は、1画面表示、2画面表示、3画面表示の3つの表示モードを持っています。1・2画面表示は変更を表示するために、3画面表示は競合を解決するために使用します。, 変更のあった行内の変更点が、違う色で表示されます。文字列が追加された部分は明るい色になりますが、もちろんここで使用する色は設定できます。削除された部分は暗い茶色表示され、文字列に取り消し線が入ります。どのように動作するかは、上のスクリーンショットで確認してください。, コードを再編成すると、ホワイトスペース(空白、タブ、改行)を大量に変更しても、コードには実質的に変更がないことがあります。例えば、非常に長い行を数行に分割したり、短い複数の行をひとつにまとめたりした場合です。, このような変更は、画面の左端に白い円が表示されます。このような白い円がある場合には、実質的にはその部分のコードに変更がなく、変更箇所のチェックを行う必要がないことがすぐにわかります。, 2画面表示では、右画面のファイルを手作業で編集できます。変更した場所には鉛筆マークが表示されます。左画面がアクティブな時に編集を有効化を押した場合のみ、左画面も手作業で編集できます。, 3つのファイルを比較・マージする場合、 TortoiseMerge は3画面表示で差分を表示します。ファイルの競合を解決する必要があるときにも便利です。, 左画面には Their ファイルと Base ファイルの差異が表示され、右画面には Mine ファイルと Base ファイルの差異が表示されます。下画面には、 Base、 Mine、 Theirs をマージした結果が発生しうる競合と共に表示されます。, 画面のタイトル部分にマウスを置くと、どちらの画面でも差分を取っているファイル名がツールチップに表示されます。, 左画面と右画面は、アクティブな時に編集を有効化を押した場合のみ、手作業で編集できます。, TortoiseMerge がパッチファイルを解釈すると、そのパッチファイルで変更されるファイルを表示する、小さなウィンドウが表示されます。, ファイル名が黒で表示されている場合、問題なくパッチを当てることができます。これはパッチがそのファイルに対して古くなっているわけではないということを表します。しかし、ファイル名が赤で表示されている場合、既にファイルが変更されているため、直接パッチを当てることができません。, パッチファイルウィンドウにはコンテキストメニューがあり、現在のファイルにパッチを適用した結果をプレビュー(保存せず適用)したり、選択したファイルのみ適用して保存したり、一覧にあるファイルすべてに適用・保存を行うといった操作ができます。ダブルクリックするとプレビューします。, 設定によっては、多くのボタンが表示されたツールバーやリボンが表示されます。各ボタン上でマウスポインターを停止すると、機能を説明するツールチップが表示されます。, ウィンドウの左側にはロケーターバーがあります。これによって、ファイル中のどこに変更があるのかを概観することができます。ロケーターバーは3列あります。左の列は左画面を、右の列は右画面を、中央の列は(表示されている場合)下画面を表しています。1画面表示時は左の列のみ表示されます。ロケーターバーは、各画面を同時にスクロールさせるスクロールバーとしても使用できます。, 単語をダブルクリックすると、文書中の単語の出現位置が、メイン画面とロケーターバーの両方で強調表示されます。強調表示を解除するには、もう一度単語をダブルクリックします。, 左マージンをクリックしたり、行をトリプルクリックしたりすると、行全体を選択することができます。, ウィンドウの下部にあるのはステータスバーです。ここには Theirs と Mine の間で追加された行の数、削除された行の数、未解決の衝突の数が表示されます。.

Subversionによる構成管理の運用基本方針 Updated: 2017-12-05 / Reading time: 11 minutes 目次. ‚éê‡AƒRƒ~ƒbƒg‘Ώۃtƒ@ƒCƒ‹‚ð‡ŽŸƒRƒ~ƒbƒg‚µ‚Ä‚¢‚­B, ƒRƒ~ƒbƒg‚͈ꌳ“IiƒAƒgƒ~ƒbƒNj‚ɍs‚í‚ê‚éB, ƒŠƒ|ƒWƒgƒŠ[‚̉º‚ɃvƒƒWƒFƒNƒgiƒ‚ƒWƒ…[ƒ‹jˆê——‚ª•À‚ԁB, ƒŠƒ|ƒWƒgƒŠ[‚̉º‚Í‘å‚«‚È1‚‚̃cƒŠ[\‘¢‚ð‚µ‚Ä‚¨‚èA‚»‚Ì’†‚É‹æ•Ê‚Í–³‚¢B, ƒcƒŠ[“à‚Ì‚Ç‚Ì•”•ª‚̃fƒBƒŒƒNƒgƒŠ[‚Å‚àŽ©—R‚Ƀ`ƒFƒbƒNƒAƒEƒg‚Å‚«‚éB, ƒŠƒ|ƒWƒgƒŠ[‚ÌŽÀ‘̂́Aƒ‚ƒWƒ…[ƒ‹–ˆ‚̃fƒBƒŒƒNƒgƒŠ[‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB, ‚ ‚鎞“_‚̃tƒ@ƒCƒ‹ŒQ‚ðƒuƒ‰ƒ“ƒ`‚Æ‚¢‚¤–¼‘O‚ŃRƒs[‚µ‚Ä‚¨‚­ƒCƒ[ƒWB, ƒgƒ‰ƒ“ƒNiŠ²j‚ƃuƒ‰ƒ“ƒ`iŽ}j‚ð•ÊX‚ɕύX‚µ‚Ä‚¢‚­‚±‚Æ‚ªo—ˆ‚éB, ƒgƒ‰ƒ“ƒNiŽåŒnj‚ƃuƒ‰ƒ“ƒ`‚ð•ÊX‚ɕύX‚µ‚Ä‚¢‚­‚±‚Æ‚ªo—ˆ‚éB, ‚ ‚鎞“_‚̃tƒ@ƒCƒ‹ŒQ‚ɑ΂µAƒ^ƒO–¼‚ð•t‚¯‚邱‚Æ‚ªo—ˆ‚éB, ‚ ‚鎞“_‚̃tƒ@ƒCƒ‹ŒQ‚ðƒ^ƒO–¼‚̃fƒBƒŒƒNƒgƒŠ[‚É‘SƒRƒs[‚µ‚Ä‚¨‚­ƒCƒ[ƒWB, ƒtƒ@ƒCƒ‹EƒfƒBƒŒƒNƒgƒŠ[EƒŠƒrƒWƒ‡ƒ“‚ɑ΂µ‚āAƒvƒƒpƒeƒB[i‘®«j‚Æ‚µ‚Ä’l‚ðŽ‚½‚¹‚邱‚Æ‚ªo—ˆ‚éB. 複数の眼がソースコードを検査してくれるオープンソースプロジェクトや、ソースコードをコンポーネントと共に販売する商用プロジェクトのどちらでも、プロジェクトで作業する際には、バグを発見したり、プロジェクトの改良をしたい人、顧客がいることでしょう。彼らはパッチを送ってくれるので、そのパッチを検査し、適用するかどうか判断しなければなりません。, また TortoiseMerge は、ソース管理システムやその他で、同じファイルに対して作業したことにより発生する、競合したファイルを整理する助けにもなります。, TortoiseMerge はフリーです。お金を払う必要はありませんし、どんな用途にも使用できます。 GNU Public License(GPL)のもとで開発されています。. ステータスバーにはどのようにファイルを取り扱うかを指定するコンボボックスがあります: エンコーディングでビューの文字列をどのように読込・保存・表示するかを設定します。英語では普通 ASCII です(つまり OS のローカルエンコーディング)。 UTF8 、 UTF16LE 、 UTF16BE 、 UTF32LE 、 UTF32BE (それぞれバイトオーダーマークありなし) に変更することもできます。, Windows では 一般に改行コードには CRLF が使われますが、任意の改行コードを指定することもできます。改行コードを変更すると、たとえ読み込んだファイル内の改行コードが揃っていなくても、ファイル内のすべての改行コードが変更されることに注意してください。, コンボボックスの一番上の項目は TAB キーを押した際にタブとスペースのどちらを挿入するかを指定します。スマートタブ文字 を有効にすると、タブとスペースのどちらが適切かを自動的に判定します。, タブ幅はタブキーを押した際にスペースをいくつ挿入するか、もしくはタブがあった際にタブの次の単語をどれだけインデントするかを指定します。, この行は空白しか変更されていません。マークが連続している箇所では、段落の折り返し位置が変更されて、単語が隣の行に移動しているかもしれません。, TortoiseMerge をテキストエディターとして使用して、手作業で編集された行です。, TortoiseMerge はファイルの差分を 表示 するだけでなく、競合を解決したり変更を適用したりすることができます。, 2画面表示の場合、右画面(Mine)のみ編集できます。左のファイル(Theirs)に変更を加えるには、変更する行で右クリックし、コンテキストメニュー → 「theirs」のテキストブロックを使用を選択してください。そうすれば、左のファイルからの変更が右のファイルに加えられます。, 時には、両方のテキストブロックが必要になる場合があります。その場合は、 コンテキストメニュー → 両方のテキストブロックを使用(こちらを前にする) や コンテキストメニュー → 両方のテキストブロックを使用(こちらを後にする) を使用してください。, また、テキストエディターのように出力ファイルを編集することもできます。その行は鉛筆アイコンで印がつけられます。なお、前述の行/ブロックベースの変更を行うつもりなら、編集する前に行っておいた方がよいでしょう。編集してしまうと、TortoiseMerge が オリジナルファイルとの関連を追跡できなくなります。, 3画面表示( マージビュー とも呼ばれる)の場合、下画面にあるファイル(マージ後)のみ編集できます。2画面表示と同様に、競合した行で 右クリック し、 コンテキストメニュー → 「theirs」のテキストブロックを使用 と コンテキストメニュー → 「mine」のテキストブロックを使用 のどちらかを選択してください。さらに両方のブロックを使用したい場合は、 コンテキストメニュー → 「theirs」の前に「mine」のテキストブロックを使用 と コンテキストメニュー → 「mine」の前に「theirs」のテキストブロックを使用 のどちらかを選択してください。選択したコマンドの結果が、マージ後ファイルに反映されます。, 時には、TortoiseMerge では競合していないのに、Subversion で競合が発生したと印がつけられることがあります。これは、選択した空白の扱いによるものかもしれません。行末や空白の変更を無視するようにした場合、その行は 競合無視 アイコンを用いて印がつけられます。競合を解決するために、どのバージョンを採用するか選択する必要があります。, 同じファイルで再度 TortoiseMerge を使用すると、 TortoiseMerge で変更したか手作業で編集したかにかかわらず、作業コピーに行った変更が 取り消され 、競合の編集を行い始めた状態のファイルになるので注意してください。, コマンドラインスイッチを指定せずに TortoiseMerge を起動した場合は、 ファイル → 開く を使用して手作業でファイルを開いてください。, まず始めにあなたがすることは、ファイルの比較・マージをしたいのか、パッチを適用したいのかを決めることです。その選択により、該当するエディットボックスやブラウズボタンが有効になります。, ファイルの比較・マージを行う際には、Base, Mine, Theirs の3つのうち、少なくとも2つのパスを設定しなければなりません。2つのファイルだけを指定すると、その2つのファイルの差分が2画面か1画面のどちらかで表示されます。, 3つのファイルをマージする場合、3画面表示で差分が表示されます。この表示は通常、ファイルの競合を解決する必要があるときに使用されます。この場合、出力ファイルには名前が付かないので、結果を保存するには ファイル → 名前を付けて保存... を使う必要があります。, パッチファイルを適用する場合、パッチファイルそのもののパスと、パッチファイルを適用するフォルダーのパスの両方を、設定しなければなりません。, オリジナルファイルをバックアップする 変更したバージョンを保存する前に、作業コピーにあるファイルが filename.bak に名前が変更されます。, UTF-8エンコーディングをデフォルトにする をセットすると、 ANSI のファイルでも UTF-8 エンコードとして開くようになり、編集すると UTF-8 エンコードとして保存されるようになります。, 行内差分を取る行の最大長 TortoiseMerge で非常に長い行の行内差分を表示すると、遅くなってしまいます。そのため、3000文字未満の行のみ行内差分が表示されるようになっています。ここでその長さを変えることができます。, 大文字/小文字の変更は無視する テキストファイル中、大文字/小文字しか違わない変更を隠します。 Visual Basic のような、警告なしで変数の大文字/小文字を変更してしまうようなアプリでは便利です。, TortoiseMerge は、コマンドラインパラメーターを指定すると、ファイルを選択する開くダイアログを表示せずに起動できます。TortoiseMerge を他のアプリケーションから使用する際に便利です。, ほとんどのスイッチには、パスやその他の文字列などの追加情報が必要です。この場合、スイッチの後に「:」に続けて文字列やパスを指定してください。例えば、次のように指定します。, マージ済みファイルの出力先を指定します。これはマージしたりや競合を解決したりした後のファイルが保存されるファイルパスです。, 3方向差分でこれが指定されなかった場合、TortoiseMergeは結果をどこに保存するかをユーザーに尋ねます。, 2方向差分でこれが指定されなかった場合、TortoiseMergeは自動的に右ビューに指定されたファイルを保存先として使用します。, 他の差分プログラムとの互換のため、コマンドラインにはファイル名だけを渡すこともできるようになっています。略式のコマンドラインは、, という書式です。2つのファイルを与えると、互いに比較します。3つのファイルを与えると、最初のファイルをベースファイルとして、他の2つと比較する3方向差分になります。, ファイルやディレクトリをリポジトリに追加する Subversion コマンドです。新しい項目は、コミットした際にリポジトリに追加されます。, 作業コピー にあるファイルやフォルダーの現在のベースリビジョンで、最後にチェックアウト、更新、コミットを実行したときの、ファイルやフォルダーのリビジョンです。 BASE リビジョンは、通常は HEAD リビジョンと同じではありません。, このコマンドはテキストファイル専用で、それぞれの行が最後に変更された時の、リポジトリのリビジョンと作者を注釈表示します。私たちの GUI の実装は TortoiseBlame と呼ばれ、リビジョン番号の上にマウスを置くと、コミット日時やログメッセージも表示します。, バージョン管理システムでよく使用される用語で、ある時点で開発が2つの独立したパスに分岐したことをと表します。メインの開発ラインからブランチを作成すれば、メインラインを不安定にせずに新機能の開発を行うことができます。また、今後バグフィックスのみを行うための安定版リリースのブランチを作成すれば、新機能の開発は不安定なトランクで行うことができます。 Subversion のブランチは、「簡易コピー」 として実装されています。, 空のディレクトリに、リポジトリからバージョン管理下のファイルをダウンロードし、ローカルの作業コピーを作成する Subversion のコマンドです。, Subversion book から引用します。「作業コピーの再帰的なクリーンアップ(ロックの解除、未完操作の回復)を行います。 作業コピーがロックされています というエラーが出続ける場合、このコマンドを実行し、古くなったロックを削除し、作業コピーをまた使えるようにします。」ここで言う ロック とは、ファイルシステムのロックを指しており、リポジトリのロックではないことに注意してください。, ローカルの作業コピーの変更点をリポジトリに渡し、リポジトリのリビジョンを新しく作成するのに使用する Subversion のコマンドです。, リポジトリの変更がローカルにマージされる際、時には同じ行に変更がある場合があります。この場合、 Subversion はどちらを使用するか自動的に決定できません。これを競合と呼びます。それ以降の変更をコミットする前には、ファイルを手作業で編集し競合を解決しなければなりません。, Subversion リポジトリでは、単一ファイルやツリー全体のコピーを作成できます。これは、領域を消費しないように、オリジナルへのリンクに少し似ている 「簡易コピー」 で実装されています。コピーの作成ではコピー内に履歴を保存します。そのためコピーされる前についても追跡できます。, バージョン管理下のファイルを削除(してコミット)すると、リポジトリ内のそのコミットを行ったバージョン以降、その項目はもう存在しなくなります。しかしもちろん、それ以前のリポジトリのリビジョンには、まだ存在していますから、まだそれにアクセスできます。必要なら削除した項目をコピーし、履歴を含め完全に「復活」できます。, このコマンドは、作業コピーのようにバージョン管理下のフォルダーをコピーしますが、 .svn は作成しません。, Subversion が持つリポジトリ用のファイルシステムバックエンドです。ネットワークフォルダー上で使用することができます。1.2以降のリポジトリのデフォルトです。, 単一のリビジョンで、フォルダー階層の内容をリポジトリにインポートする Subversion のコマンドです。, バージョン管理下の項目のロックを取得すると、その作業コピーを除いて、ロックが解除されるまでリポジトリにコミット不可の印が付きます。, リポジトリに追加された変更を、ローカルで行った変更を壊さないように、作業コピーに追加するプロセスです。時には自動的に調整できず、作業コピーが競合と呼ばれる状態になります。, 作業コピーを更新する際に、自動的にマージが行われます。また、 TortoiseSVN のマージコマンドを使用して、別のブランチにある変更を指定してマージすることもできます。, 作業コピーの変更がテキストファイルのみである場合、 Subversion の Diff コマンドを使用すると、変更内容を Unified 差分ファイルとして単一ファイルに出力することができます。この種のファイルはよく「パッチ」と呼ばれており、他の誰か(やメーリングリスト)にメールで送ったり、他の作業コピーに適用したりすることができます。コミットのアクセス権を持たない人は、変更を作成し、パッチファイルをコミット権限を持つ人に送ることができます。また、変更に自信がない場合、他の人にパッチを送ってレビューしてもらうこともできます。, ディレクトリやファイルのバージョン管理をするのに加えて、 Subversion はバージョン管理されたメタデータを追加できます。これは、バージョン管理下のディレクトリやファイルごとに「プロパティ」として参照されます。プロパティには、レジストリキーと同じように、それぞれ名前と値があります。 Subversion には、 svn:eol-style のような内部で使用する特殊なプロパティがいくつかあります。 TortoiseSVN にも tsvn:logminsize のような特殊なプロパティがあります。任意の名前と値を持つプロパティの追加もできます。, サーバー上の異なるディレクトリに移動したり、ドメイン名が変更されたりして、リポジトリが移動した場合、作業コピーを「再配置」すれば、作業コピーのリポジトリのURLが新しい場所を指すようになります。, 【注意】このコマンドは、作業コピーが指している同じリポジトリの同じ場所を指し、そのリポジトリが移動されてしまったときのみに使用してください。その他の場合には、代わりに「切り替え」コマンドを使用する必要があります。, データを集中して格納し保守する場所。複数のデータベースやファイルをネットワーク上に分散して置くこともでき、ネットワークに出ずに直接アクセスできる場所に置くこともできます。, 作業コピーのファイルが、マージ後に競合状態になったままになった場合、人間がエディター(または TortoiseMerge)で競合を整理しなければなりません。このプロセスは「競合の解決」と言われています。競合したファイルを解決済みにすると、コミットできるようになります。, 作業コピーを最後に更新したとき、 Subversion はそれぞれのファイルの「当時の」 コピーをローカルに保持しています。変更を行った後で、その変更を取り消したい場合は、「変更の取り消し」 コマンドを使用して当時のコピーに戻せます。, 変更セットをコミットするたびに、新しい「リビジョン」がリポジトリに作成されます。各リビジョンは、履歴の決まった時点のリポジトリツリーの状態を表します。過去にさかのぼる場合は、リビジョン N のような形でリポジトリを調べられます。, ファイルがプロパティを持てるように、リポジトリの各リビジョンもプロパティを持つことができます。リビジョンが作成されるときに、 svn:date svn:author svn:log といった特殊なリビジョンプロパティが自動的に作成され、それぞれコミット日時、コミットした人、ログメッセージを表しています。これらのプロパティは編集できますが、バージョン管理できません。そのため変更は永続的で元に戻せません。, 「svnserve」リポジトリサーバーで使われる、 Subversion カスタムプロトコルの名前。, ちょうど「特定リビジョンへ更新」が履歴上の別の位置へ、作業コピーの時間ウィンドウを変更するように、「切り替え」はリポジトリの別の位置へ、作業コピーの場所ウィンドウを変更します。トランクとブランチの違いが少ない時、それぞれの作業する際に役に立ちます。その2つの間で作業コピーを切り替えると、差異のあるファイルのみが転送されます。, リポジトリから作業コピーへ最新の変更点を取得するコマンド。作業コピーの変更点に、他の人が行った変更をマージします。, ローカルの「サンドボックス」で、バージョン管理ファイルに対して作業を行う場所です。また通常ローカルのハードディスクに記録されています。リポジトリからの「チェックアウト」で作業コピーを作成し、「コミット」で変更点をリポジトリに反映します。, base ファイルの名前です。ファイルパスの代わりに、画面のタイトルに表示されます。3方向差分では、画面のタイトル部のツールチップに表示されます。, theirs ファイルの名前です。ファイルパスの代わりに、画面のタイトルに表示されます。, mine ファイルの名前です。ファイルパスの代わりに、画面のタイトルに表示されます。, merged ファイルの名前です。ファイルパスの代わりに、画面のタイトルに表示されます。, 適用するパッチファイルのパスです。このパスを設定しない場合、 TortoiseMerge はパッチファイルのあるパスと一致するパスから探そうとしますが、これには, これを指定すると、 TortoiseMerge はファイルを編集しているかどうかにかかわらず、ファイルの上書き時に確認を行います。, これを指定すると、 TortoiseMerge はファイルを編集しているかどうかにかかわらず、衝突が見つかった際にはファイルの上書き時に確認を行います。, ユーザーの設定に関わらず、 TortoiseMerge を強制的に1画面表示で起動します。, ファイルが編集されるのを防止します。つまり、 TortoiseMerge の編集機能が無効になります。, TortoiseMerge でファイルを保存した後、 SVN 上で解決済みにするかどうかを尋ねることを抑制します。.



ポーカースターズ Zoom アンティ 10, 絵本 公募 2020 11, ましゅるむ ジョンソン パワナンバー 43, 末っ子 性格 男 24, ベイスターズ ユニフォーム 買うなら 8, 弱虫ペダル 巻島 その後 36, 地縛少年花子くん アニメ化 いつ 放送 8, 未読無視 心理 友達 27, イ ジュビン 整形 5, Slime Chunk Finder 9, 機動戦士ガンダムseed Battle Destiny 攻略 40, ドライブレコーダー Sdカード フォーマット形式 20, 家事ヤロウ 和田明日香 ちくわ 4, Aiko バンドスコア あたしの向こう 4, のど自慢 Ng 曲 4, 銀 狼 映画 5, 高校 サッカー 卒団 38, 馬 鞍 ゼルダ 5, 四柱 推命 楽天占い 無料 5, チャレンジダンジョン ドロップ 率 10,