チュートリアル、サンプルやドキュメントのリファレンスを使って Kubernetes の利用方法を学んでください。あなたはドキュメントへコントリビュートをすることもできます!

Podは必ずNode上で実行されます。 NodeはKubernetesのワーカーマシンで、仮想マシンか物理マシンです。 それぞれのNodeはMasterに管理されます。 ひとつのNodeは複数のPodを持てます。 Masterはクラスタ内のノード全体でPod …

共有するリソースは以下です。, Podはアプリケーション特有の"論理ホスト"を形成しており、密結合された異なるアプリケーションコンテナを含むことができます。 All rights reserved. 同様の方法で、Anti-Affinityを用いて高可用性を実現したStatefulSetの使用例はZooKeeper tutorialを参照してください。, nodeNameはNodeの選択を制限する最も簡単な方法ですが、制約があることからあまり使用されません。 ローカルマシンからアクセスするためにはローカルマシンとKubernetesクラスタ間のプロキシを作成する必要があります。, proxyコマンドはフォアグラウンドで起動します。 (#17693), NodeRestrictionを使用するため、Kubernetesのバージョンがv1.11以上であること。, 必須条件ではなく優先条件を指定でき、条件を満たさない場合でもPodをスケジュールさせることができる, Node自体のラベルではなく、Node(または他のトポロジカルドメイン)上で稼働している他のPodのラベルに対して条件を指定することができ、そのPodと同じ、または異なるドメインで稼働させることができる, その名前のNodeが存在しない場合、Podは起動されす、自動的に削除される場合があります。, その名前のNodeにPodを稼働させるためのリソースがない場合、Podの起動は失敗し、理由はOutOfmemoryやOutOfcpuになります。. Podは1個または2個以上のアプリケーションコンテナのグループを表す概念で、Pod内のコンテナ群はいくつかのリソースを共有しています。 Configuring your kubernetes cluster to self-host the control plane, kubesprayを使ったオンプレミス/クラウドプロバイダへのKubernetesのインストール, IBM Cloud Privateを使ってマルチクラウドでKubernetesを動かす, Guide for adding Windows Nodes in Kubernetes, 終了したリソースのためのTTLコントローラー(TTL Controller for Finished Resources), HostAliasesを使用してPodの/etc/hostsにエントリーを追加する, ボリュームの動的プロビジョニング(Dynamic Volume Provisioning), Organizing Cluster Access Using kubeconfig Files, Resource Bin Packing for Extended Resources, Compute, Storage, and Networking Extensions, Configure GMSA for Windows Pods and containers, Configure RunAsUserName for Windows pods and containers, Configure a Pod to Use a PersistentVolume for Storage, Configure a Security Context for a Pod or Container, Liveness Probe、Readiness ProbeおよびStartup Probeを使用する, Translate a Docker Compose File to Kubernetes Resources, Configure Default Memory Requests and Limits for a Namespace, Configure Default CPU Requests and Limits for a Namespace, Configure Minimum and Maximum Memory Constraints for a Namespace, Configure Minimum and Maximum CPU Constraints for a Namespace, Configure Memory and CPU Quotas for a Namespace, Change the Reclaim Policy of a PersistentVolume, Control CPU Management Policies on the Node, Control Topology Management Policies on a node, Guaranteed Scheduling For Critical Add-On Pods, Reconfigure a Node's Kubelet in a Live Cluster, Reserve Compute Resources for System Daemons, Safely Drain a Node while Respecting the PodDisruptionBudget, Set up High-Availability Kubernetes Masters, Declarative Management of Kubernetes Objects Using Configuration Files, Declarative Management of Kubernetes Objects Using Kustomize, Managing Kubernetes Objects Using Imperative Commands, Imperative Management of Kubernetes Objects Using Configuration Files, Update API Objects in Place Using kubectl patch, Define a Command and Arguments for a Container, Expose Pod Information to Containers Through Files, Distribute Credentials Securely Using Secrets, Inject Information into Pods Using a PodPreset, Specifying a Disruption Budget for your Application, Coarse Parallel Processing Using a Work Queue, Fine Parallel Processing Using a Work Queue, Use Port Forwarding to Access Applications in a Cluster, Minikube上でNGINX Ingressコントローラーを使用してIngressをセットアップする, Developing and debugging services locally, Extend the Kubernetes API with CustomResourceDefinitions, Use an HTTP Proxy to Access the Kubernetes API, Externalizing config using MicroProfile, ConfigMaps and Secrets, Interactive Tutorial - Configuring a Java Microservice, 例: PHP / Redisを使用したゲストブックの例にロギングとメトリクスを追加する, 例: Persistent Volumeを使用したWordpressとMySQLをデプロイする, Running ZooKeeper, A Distributed System Coordinator, Restrict a Container's Access to Resources with AppArmor, Restrict a Container's Syscalls with Seccomp, Kubernetes Security and Disclosure Information, Well-Known Labels, Annotations and Taints, Contributing to the Upstream Kubernetes Code, Generating Reference Documentation for the Kubernetes API, Generating Reference Documentation for kubectl Commands, Generating Reference Pages for Kubernetes Components and Tools, Update content/ja/docs/tasks/configure-pod-container/assign-pods-nodes.md (0de2cecac).

kubectl get pods -o wideで表示される”NODE”の列から、PodがデプロイされているNodeを確認することができます。, 明示的に付与するラベルの他に、事前にNodeへ付与されているものもあります。 Node Nがキーfailure-domain.beta.kubernetes.io/zone、値Vのラベルを持つ場合に、PodはNode Nで稼働させることができます)。 この記事は Kubernetes道場 Advent Calendar 2018 17日目の記事です。, 今回はLabel / NodeSelector / Annotationについて。, Labelはkey/valueの組み合わせKubernetesオブジェクトに指定することができる。, システムに直結する意味合いを持つ設定ではなく、 LabelSelectorなどで使ってきたが、オブジェクトの選択やサブセットの指定などで使用される。, LabelのKeyは/ を使って2つのセグメントに分割して表現することができる。/ より前をPrefix、後をNameと呼ぶ。, PrefixはDNS_LABELに従った253文字以下の文字列である。Prefixを省略すると、ユーザー固有のものとして扱われる。, 要は最初と最後はアルファベットか数字、間の文字ではそれらに加えて - / _ / . 概念的に、XはNodeや、ラック、クラウドプロバイダゾーン、クラウドプロバイダのリージョン等を表すトポロジードメインです。

あるノードでPodを稼働させるためには、そのノードがラベルとして指定されたkey-valueペアを保持している必要があります(複数のラベルを保持することも可能です)。 そのため、PodSpecにnodeNameが指定されると、上述のNodeの選択方法よりも優先されます。, Node Affinityと 以下のいずれかのKubernetesプレイグラウンドも使用できます: 上の出力を見ると、worker0にdisktype=ssdというラベルがあることがわかります。, 以下のPodの構成ファイルには、nodeSelectorにdisktype: ssdを持つPodが書かれています。これにより、Podはdisktype: ssdというラベルを持っているノードにスケジューリングされるようになります。, 構成ファイルを使用して、選択したノードにスケジューリングされるPodを作成します。, nodeNameという設定を使用して、Podを特定のノードにスケジューリングすることもできます。, 構成ファイルを使用して、foo-nodeにだけスケジューリングされるPodを作成します。. NotInとDoesNotExistはNode Anti-Affinity、またはPodを特定のNodeにスケジュールさせない場合に使われるTaintsに使用します。, nodeSelectorとnodeAffinityの両方を指定した場合、Podは両方の条件を満たすNodeにスケジュールされます。, nodeAffinity内で複数のnodeSelectorTermsを指定した場合、PodはいずれかのnodeSelectorTermsを満たしたNodeへスケジュールされます。, nodeSelectorTerms内で複数のmatchExpressionsを指定した場合にはPodは全てのmatchExpressionsを満たしたNodeへスケジュールされます。, PodがスケジュールされたNodeのラベルを削除したり変更しても、Podは削除されません。

“IgnoredDuringExecution”の意味するところは、nodeSelectorの機能と同様であり、Nodeのラベルが変更され、Podがその条件を満たさなくなった場合でも また、preferredDuringSchedulingIgnoredDuringExecutionを指定するAnti-Affinityの使用例は、”ゾーンをまたいでPodのサービスを稼働させる場合”(Podの数はゾーンの数よりも多いため、必須条件を指定すると合理的ではありません)です。, Inter-Pod Affinityは、PodSpecのaffinityフィールド内にpodAffinityで指定し、Inter-Pod Anti-Affinityは、podAntiAffinityで指定します。, このPodのAffifnityは、Pod AffinityとPod Anti-Affinityを1つずつ定義しています。

最も一般的な使用方法は、1つのkey-valueペアを付与する方法です。, この例では、KubernetesのPodに関して基本的な知識を有していることと、Kubernetesクラスターのセットアップがされていることが前提となっています。, kubectl get nodesで、クラスターのノードの名前を取得してください。 Nodeと異なり、Podはnamespaceで区切られているため(それゆえPodのラベルも暗黙的にnamespaceで区切られます)、Podのラベルを指定するlabel selectorは、どのnamespaceにselectorを適用するかを指定する必要があります。 requiredDuringSchedulingIgnoredDuringExecutionを指定するAffinityの使用例は、”Service AのPodとService BのPodが密に通信する際、それらを同じゾーンで稼働させる場合”です。

モジュール2でDeploymentを作成したときに、KubernetesはアプリケーションインスタンスをホストするためのPodを作成しました。 Podは、1つ以上のアプリケーションコンテナ(Dockerやrktなど)のグループとそれらのコンテナの共有リソースを表すKubernetesの抽象概念です。

また、それぞれのウェブサーバーは1つのノードで稼働されないことも保証されます。, 上記2つのDeploymentが生成されると、3つのノードは以下のようになります。, このように、3つのweb-serverは期待通り自動的にキャッシュと共存しています。, 上記の例では PodAntiAffinityをtopologyKey: "kubernetes.io/hostname"と合わせて指定することで、redisクラスター内の2つのインスタンスが同じホストにデプロイされない場合を扱いました。 全てのレプリカがapp=storeのラベルが付与されたPodと同じゾーンで稼働するよう、スケジューラーに設定されます。 execコマンドを使います。 Pod Affinityは、「キーが”security”、値が”S1”のラベルが付与されたPodが少なくとも1つは稼働しているNodeが同じゾーンにあれば、PodはそのNodeにスケジュールされる」という条件を指定しています(より正確には、キーが”security”、値が”S1”のラベルが付与されたPodが稼働しており、キーがfailure-domain.beta.kubernetes.io/zone、値がVであるNodeが少なくとも1つはある状態で、 Pod.



Au 5g Cm 松田 翔太 衣装 7, 八神太一 なんj デジモン 8, 鬼から電話 ゾンビ 宇宙人 14, Pso2 アニメ 感想 あにこ 6, けんけん コスプレ プロフィール 35, マリメッコ ワンピース 洗濯 10, 部下 かわいい 好き 26, 制限解除 英語 Ff14 12, 雲 に関する 言い伝え 4, 有吉の壁 沖縄 放送 6, Deep Well 翻訳 8, 東武 アーバン パーク ライン 時刻表 17, 麒麟 ドレミ の 歌 10, 余命1ヶ月の花嫁 実話 その後 32, 長崎 高校野球 メンバー 15, Onenote テンプレート 作成 8, 味の素 社宅 東京 4, テレワーク 背景 カーテン 29, デリカ D:2 パドルシフト 4, Nhk 逆転人生 東大 6, ガッキー 逃げ 恥 可愛い 9, 嵐が丘 ヒースクリフ 死因 37, Variation 契約書 意味 44, 桑田佳祐 バラード 名曲 9,