瞬発力を鍛えると様々なスポーツで役に立つのを知っていますか? だいたいのスポーツで共通して必要になるのが瞬発力です。 ここでは瞬発力を鍛えるトレーニングについての解説と9つの方法を紹介します。 ぜひ記事を読んで、スポーツやトレーニングに活かしてください。 また、スポーツごとに鍛える筋肉、行うべき瞬発力トレーニングは異なります。 危険から身を守るのにも必要になります。, 瞬発力はスポーツや日常生活でも欠かせない筋力ですので、ぜひトレーニングして鍛えてみてください。, 瞬発力をトレーニングする前に、まず知っていてもらいたいのが瞬発力は走る時だけの筋肉だけではないということです。

またこのジャンピングスクワットはバスケで非常に大切であるジャンプ力を強化するメニューとして取り上げら得ています。バスケにおいてジャンプ力はシュート時やジャンプボール、パスを受け取るときなど、バスケでは非常に大切力となります。是非、このトレーニングでバスケに必要な瞬発力とジャンプ力を手に入れてくださいね, 陸上競技において瞬発力は試合の結果を左右するので、どの陸上選手でも瞬発力のトレーニングは欠かさず行っているほど重要です。特に短距離走や走り幅跳び、ハードルなどの陸上競技では一瞬の瞬発力の違いからスタートで出遅れてしまったり、本来の力が十分だせないことは多くあります。陸上競技ではどれだけ瞬発力があり、どれだけ自分自身の持っているポテンシャルを速く発揮できる状態にするかが鍵となります。 先ずは50㎝程の間隔に並べたハードルを使用し、腿上げを行いましょう。 瞬発力を高めることによって早くボールに追いつき、プレーの質が向上する。守備範囲が広くなる。など様々なメリットが生まれてきます。 テニスやラグビーなどスポーツを行う上で、いかに最大限の力を発揮できるが大切になってくるため瞬発力トレーニングは欠かせません。今回はテニスやラグビーを始め、バトミントン、野球、バスケ、陸上、サッカーの瞬発力トレーニングを種目ごとにまとめました。, 効果的な筋トレというと、どんなものを想像するでしょうか。ジムにある器具でのトレーニングが効率的だと思いますか?確かにジムの器具は効果的に筋トレを行えますが、自宅でも充分に効果的なトレーニングは可能です。そこで今回は自宅で器具を使わず行える筋トレを紹介します。, Copyright (C) First Style, All Rights Reserved, 瞬発力を鍛えることで、様々なスポーツのパフォーマンスを上げることが出来ます。 ●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。. 自分がボールになって様なイメージで行いましょう。, ボックスジャンプも野球の瞬発力トレーニングにはかかせません。 テニスにおいて必要なトレーニングを紹介します。この動画で紹介しているトレーニングを行うことで、3つテニスコート上で役立つ事があります。1. 速筋は「太もも前」と「ふくらはぎ」、「二の腕」に多く付いており、この部分のおおよそ6割が速筋となっています。 着地は足音がならないくらい、つま先から静かに着地しましょう。 バトミントンに必要な瞬発力とボディーコントロールを高めてくれるトレーニングメニューですので、バトミントンを行うひとは是非基礎トレーニングとして取り入れた方がよいでしょう。, バトミントンのコートは他の種目と比べて少し狭いコートになっているので、コート内でどれだけ走れるかが非常に大切になってきます。そんなバトミントンに必要なステップやコーナリングを身に着けるのに有効なのがサークルという練習方です。 片足立ちになり、左右にジャンプし障害物を飛び越えます。着地したらすぐ反対側にジャンプするようにし、なるべく早く、リズミカルにジャンプを繰り返すように心掛けましょう。このトレーニングを行うことでバトミントンを行う時の瞬時の移動スピード、そして身体の反応を早くしてくれます。 また、体力をつけることにより、疲れからの判断力の低下やパフォーマンスの低下を 今回はスポーツごとに分け、瞬発力トレーニングをご紹介します。, 引用: https://i.pinimg.com/564x/0c/ba/a9/0cbaa9a9dd78a69affaef169f80868fe.jpg, 瞬発力トレーニングと筋トレの違いは何か知っていますか? 比較的簡単に実践できるので、気軽にトレーニングすることができます。 するのがおすすめです。, そしてバウンティングは「歩幅」がポイントです。 瞬発力と瞬間的に発揮できる力のこと。 またパワーとは力×速度と定義され、 パワーとは瞬間的に発揮される力のことを指すため、 今回説明する瞬発力とパワーは同じことだと思ってください。 情報を瞬時に判断して素早く反応することも瞬発力と言われますが今回は別の話です。 今回の瞬発力とは爆発的に力を発揮する能力のことです。 注意しておくことは、スタートの状態から中腰の状態まで、ジャンプして立ち上がった時に両足でかかとから着地することを心がけましょう。 野球の瞬発力を高めるためにはプライオメトリクスというトレーニングで鍛えることが出来ます。 散歩する時や少しウォーキングしに行く時などに簡単にできるので、少し試すだけでも、やってみると良いですよ。, 瞬発力のメイン、ダッシュ系の次に重要なのが、「ウエイトトレーニング系」です。 ①両手両足をそろえて床に付きお尻を上げて山のポーズをとります。この時、腹筋と背筋にしっかり力が入っているのを意識してください。 セカンドプルでは、ウェイトを先に股関節まであげて、股関節から肩へとあげます。 近所の階段やちょっとした台があればできるトレーニングなので、簡単にお金もかからずにトレーニングすることができます。 瞬発力を上げるためには『速筋』と呼ばれる筋肉を鍛える必要があります。

台にのぼった状態からスタートして、台から降りて着地した直後にジャンプするトレーニングです。 そこで、バネの力を意識したダッシュ系瞬発力トレーニングをご紹介します。 すぐにダッシュをする練習ができるところ。, テニスは方向チェンジのスポーツですので、こういった練習は非常に大切です。 次に、ウェイトを肩まであげる「セカンドプル」を行います。 デプスジャンプをすることで、ジャンプして着地した後、次の動作にうつる速さを鍛えることができます。 今回は、瞬発力を高めるトレーニングについて解説していきたいと思います。, 瞬発力を鍛えるには体のどの場所を鍛えると良いのでしょうか? 長さ調節可能 高くて「速く」跳ぶことができたら、周りの人より差をつけることができます。, 紹介するトレーニングは瞬発力と同時にジャンプ力も鍛えることができるので、ぜひ試してみてください。, ボックスジャンプについて、解説していきます。 体のバランスを鍛えることにより、安定したスイングができるようになり、 今回ご紹介する陸上競技に適した瞬発力トレーニングはラダートレーニング・スキップです。 なるべく高く、リズミカルに飛ぶことを意識し、地面との接触時間を短くしましょう。 注意しないといけないことは、繰り返しジャンプしていると疲れてきてジャンプ力が低下していきます。ジャンプしきれず、台から落下してしまいケガをしてしまうので、疲れてきたなと思ったら、無理をせず休憩しましょう。 テニスにおいて必要な筋力とは何でしょうか?打たれたボールに瞬時に追いつくための瞬発力と長時間の試合でも走り続けるための持久力の両方が必要とされます。とりわけ瞬発力を高めると守備範囲が広がったり、ボールに早く追いつくことでストロークが打ちやす 3つテニスコート上で役立つ事があります。, 1.

テニスにおいて必要なトレーニングを紹介します。この動画で紹介しているトレーニングを行うことで、3つテニスコート上で役立つ事があります。1. まずは、ウェイトを膝まであげる「ファーストプル」から行います。 ・クイックラン( 2インor 1イン) この動画で紹介しているトレーニングを行うことで、 そのため体幹を意識した瞬発力トレーニングもご紹介します。 瞬発力を鍛えるためのトレーニングを行って、陸上やサッカーなどスポーツに活かしたい人へ。本記事では、瞬発力を高めるために鍛えるべき筋肉や、家とジムや外でできる瞬発力トレーニングを大公開します!瞬発力を鍛えて、ぜひスポーツ能力を向上させていきましょう。 テニスのサーブは他のスポーツとは違った独特の体の使い方をしています。 腕だけでボールを打つのではなく、下半身から上半身に力を伝え、体のひねりから全身を使ってボールを前に押し出します。試合でパワーを発揮するために鍛えておきたい筋肉を把握し、効果的なサーブを打てるようになりましょう。 サッカーの瞬発力トレーニングにはミニハードルを使用したトレーニングがおすすめです。 バスケで解説すると、相手より速く行動できると相手からボールを奪うことができたり、相手にボールを奪われる前に、シュートを打てたりします。 そして、最後にスクワットの状態で受け止める「キャッチ」を行います。, スクワットについて解説していきます。 サークル方ではハードルの周囲を細かいステップを意識しながら素早く回ります。この時、上半身は正面を向いたまま、ぶれない様に素早いステップを心がけると良いでしょう。 ラインを踏んだら再度ダッシュして戻ってきます。(全体の流れを4セット行います。), このドリルの良いところは、実際にボールを打った後に 瞬発力が使われる場面は多様。バレー、テニス、サッカー、バスケなど大半の種目で必要な動作です。瞬発力を発揮する筋肉は速筋と呼ばれる部位でトレーニングで鍛えればスポーツのパフォーマンスが上がります。こちらでは家でできる自重トレーニングやジムでの筋トレを紹介します。 最初に床に膝をつけて、身体は起こした状態でスタートします。

前向きに両足でジャンプして、進んでいきます。, 他にも、トレーニングの種類があるので、名前だけ紹介しておきます。 テニスのオフトレーニングの基本は、アジリティやクイックネスを鍛えるトレーニングです。 テニスのゲームではいち早くボールに追いついて、より良い体勢でボールを打ち返すのが基本なので、鍛えれば鍛えるほどレベルアップが見込めるでしょう。 腰幅程に足を広げ、膝が内側に入らない様にしゃがみ、しゃがんだ後に反動を使用し軽くジャンプします。 そのため瞬発力トレーニングをすることで筋力のパフォーマンスの向上を目指します。, 引用: https://i.pinimg.com/564x/1e/48/8d/1e488d0a5cc6d429919ffe8f4062beab.jpg, 引用: https://i.pinimg.com/564x/19/35/04/1935044fdba5c35ef05d48029ac61492.jpg, 横方向へ両足をそろえた状態で障害物をジャンプで飛び越えて行くトレーニングです。身体の重心がぶれない様、空中では前後左右を意識し姿勢を保つようにしましょう。このトレーニングを繰り返すことで横方向への瞬発力を鍛えることが出来ます。リズミカルに早く行うようにしましょう。, テニスは体幹を鍛えつつそれに関連する筋肉トレーニングをし瞬発力を高めることが必要です。 瞬発力トレーニングは今ある筋肉や身体の作りで最大限の力を瞬時に発揮するようにトレーニンングすることで、筋トレは筋肉を肥大させることでさらに高い能力を発揮するようにトレーニングすることです。 スタートの状態から中腰の状態まで、ジャンプして立ち上がります。このトレーニングを繰り返し行います。 デプスジャンプはボックスジャンプの逆になります。 防ぐことも可能です。, トレーニングを行うことにより、ラケットをもってコートに戻る頃には、 とりわけ瞬発力を高めると守備範囲が広がったり、ボールに早く追いつくことでストロークが打ちやすくなったりと良いこと尽くめです。 スポーツごとに鍛えるべき筋肉は異なりますが、ほとんどの瞬発力トレーニングはどのスポーツにも共通して大切なトレーニングになっています。 ③リズムよく30秒を1セットとし、4セット行いましょう。, 引用: https://i.pinimg.com/564x/90/18/ba/9018bafb4e261190841f56f0ea85c434.jpg, ラグビーでは瞬時にダッシュする瞬発力が必要となります。 LICLIのラダーでトレーニングをして、素早いドリブル、緩急のついたターン、足の速さを周りと差を付けよう!, 一流の選手、コーチ、トレーナーは、総合的なスポーツパフォーマンスの向上を図るためにプライオメトリクスを積極的に取り入れている。この信頼できるプライオメトリクスのガイドブックは、最も効果的なドリルとエクササイズを数多く収録している。, 本書は、あらゆるレベルのアスリートを成功に導くために採用してきたトレーニングを公開し、94のプライオメトリックエクササイズに加え、難易度を上げて持続的な上達をねらう78のバリエーションを詳しく解説している。, いかがでしたか?瞬発力の正しい知識とトレーニング方法を身につけられたと思います。瞬発力は、様々なスポーツで生かされると思います。ぜひ実践してみてください!, スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。, 毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。, TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!, 立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。, また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。, copyright 2020 SPOSHIRU All Rights Reserved. 台から降りる時は、ジャンプせずにただ落下するだけで大丈夫です。ただし、両足で着地することを心がけてください。 テニスは筋力トレーニングだけでなく、ランニングも重要 テニスは有酸素運動なので心肺の持久力も必要だから インターバルランニングがテニスには向いている 走るときは必ずソールの厚いランニングシューズで! 以上になります。 ラダー トレーニングラダー 野球 サッカートレーニング 7メートル プレート13枚 収納袋付き スピードラダー 瞬発力 敏捷性 アップ フットサル テニス . また、呼吸を止めない様に意識し、しゃがんだ時に息を吸い、ジャンプしたさいに息を吐きましょう。 (乗せ終わったら30秒ぐらいおいた後、今度は一つずつ戻していきます。) 最初は低い台から挑戦していき、徐々に高く設定していきます。 慣れてきたら、片足でジャンプするとより負荷がかかり、効果的です。 注意点として、深く身体を沈めるのですが、踏み出した足とは逆の後ろにある足の膝を地面に着きそうになるくらいまで、身体を沈めます。 片足でする時も、低いところから徐々に高くしていくことをおすすめします。, デプスジャンプについてで解説していきます。 ウエイトトレーニング系はジャンプ力を鍛えたい方におすすめです。

②1の状態を保った状態で両足が離れないように意識しながら、左右にジャンプして足だけ動かしましょう。ジャンプは高く行う必要はありませんのでリズミカルに早く行うように意識しましょう。 なるべく早くリズミカルに行うようにしましょう。 例えば、身の潜む危険から回避する時です。 今までと違った感覚でプレーすることができるのではないでしょうか?, ■スパイダートレーニング 筋肉を伸ばした後にすぐに短縮することで反動を利用しさらに大きな力を出すトレーニングで、野球だけでなく、ほとんどのスポーツに共通するトレーニングです。 ウェイトを持ち上げる時に使う下半身の力が瞬発力の向上につながります。, ウェイトを握り、手幅は肩より広くして、足幅は腰ぐらいか、それより広くします。 ラケットスピードをアップし、パワーとスピンの量を増やす事ができる。, 3.普段の生活の質も良くなる。

距離は目安として、20〜30mを1セットとしてください。1セットを繰り返して往復 ・スキップラン テニスが上手くなるためには、トレーニングをして全身の筋肉を鍛える必要があります。今回は初心者の人におすすめの、自宅でできる簡単な筋トレメニューを部位別にご紹介します。テニスに必要な筋肉を鍛えて、サーブやストロークの強化に繋げていきましょう。, テニスが上手くなるためには、トレーニングをして全身の筋肉を鍛える必要があります。力強いサーブを打つためには腕や肩など上半身の筋肉を鍛える必要がありますし、ストロークをコントロールするためには体幹部を鍛える必要があります。, プロのテニスプレーヤーの体つきを見ると分かりますが、女子選手も男子選手も全身の筋肉が鍛えられていますよね。初心者の人がいきなりプロのような体を目指すのは難しいですが、少しずつ筋肉を強化することでサーブやストロークが上達していきます。, テニスに必要な筋肉を鍛えるためのトレーニングメニューは、自宅でも簡単に行うことができます。ダンベルなどの道具を使うトレーニングメニューもありますが、道具を使わずに簡単にできるメニューもあります。テニス初心者の人でも、無理なくトレーニングを始めることができます。, テニスの筋トレメニューは自宅でできるものもありますが、より本格的に鍛えたい場合はジムでトレーニングしましょう。ジムでは効率良く筋肉が鍛えられる道具が揃っているため、筋トレの効果を実感しやすくなります。ジムではトレーナーに相談することもできるので、初心者の人はジムを利用するのもおすすめです。, 近年は「筋トレ女子」という呼び方もあるように、ジムでトレーニングする女子が増えていますよね。テニスの上達のためにジムに通う場合、初心者の人はどんな服装で行けば良いか迷うと思います。以下の記事では、スポーツジムでの女子の服装について解説していますので、併せて参考にしてみてくださいね。, 広背筋・大胸筋を鍛えるトレーニングは、自宅でも簡単に行えます。広背筋や大胸筋を鍛えると、スピードとパワーのあるサーブが打てるようになります。サーブを打つ時は体をそらせたり、ねじったりする動作をしますが、広背筋や大胸筋を鍛えることでサーブ時の姿勢が安定します。, 強烈なサーブを打つためには上半身の筋肉の強化が必要で、初心者の人が上手くなるためにもトレーニングが欠かせません。以下の動画で紹介しているトレーニングは、道具にダンベルを使う簡単なトレーニングです。女子は3kgのダンベル、男子は4~5kgのダンベルを用意してください。, 背筋とお尻のトレーニングも、テニスが上手くなるのに必要な筋トレメニューです。前述のように、背筋は強烈なサーブを打つために鍛える必要があります。お尻の筋肉は、瞬発力のあるフットワークやスイングのパワーを生むために鍛える必要があります。, 以下の動画で紹介しているトレーニングは、上半身と下半身を同時に鍛えることができます。手足やお尻のアップ&ダウンを繰り返す動作が中心のトレーニングです。道具を使わず、自宅で簡単にできるトレーニングです。初心者の人にもおすすめのトレーニングメニューなので、ぜひ動画を参考にして行ってみてください。, 上腕三頭筋を鍛えるトレーニングは、自宅で簡単にできる初心者向けのトレーニングメニューです。上腕三頭筋を鍛えると、サーブの制度が上がるほか、ストロークのインパクトを安定させることができます。, 以下の動画で紹介されているトレーニングは、道具にダンベルを使用して上腕三頭筋を鍛える内容となっています。用意するダンベルは1kg程度のもので大丈夫です。, 上腕二頭筋を鍛えるトレーニングは、道具にダンベルを使用して自宅で簡単に行えます。上腕二頭筋は、フォアハンドやバックハンドのストロークで腕をたたむ瞬間に使う筋肉です。上腕二頭筋を鍛えることで、回転量の多いスピンボールを打てるようになります。, 上腕二頭筋はダンベルを使い、ダンベルカールというトレーニングメニューを行うと効率的に鍛えられます。以下の動画では、1分で上腕二頭筋がパンパンになるダンベルカールのやり方について解説しています。上腕二頭筋に負荷をかけるよう意識して、ダンベルカールのトレーニングを行ってください。, また、関連記事では女子向けのダンベルの使い方や筋トレ方法について解説しています。ダンベルは正しく使うことでしっかりと筋肉が鍛えられるので、記事の内容を参考にしてダンベルトレーニングを行ってみてくださいね。, 肩のインナーマッスルを鍛えるトレーニングは、テニス初心者が上手くなるために必要な筋トレメニューです。肩のインナーマッスルを鍛えることで、しっかり腕を振り抜いて正確なボールを打ち返せるようになります。, 肩のインナーマッスルの強化は、ダンベルを使って自宅で簡単にトレーニングすることができます。ダンベルは、女子も男子も1kg~1.5kg程度のものを用意してください。, トレーニングのやり方は以下の動画で紹介されていますが、ダンベルを持って背中側にゆっくりと腕を下ろして肩を鍛えていきます。簡単なトレーニングなので、初心者の人もぜひ挑戦してみてください。, 肩まわりの筋肉を鍛えるトレーニングは、サーブの強化に必要なトレーニングメニューです。パワーのあるサーブを打つためには、肩まわりの筋肉をトレーニングしてパワーアップさせることが大切です。また、肩まわりの筋肉を鍛えると怪我がしにくくなるというメリットもあります。, 以下の動画では、2Lペットボトルを使ってできる肩まわりの筋トレメニューが紹介されています。初心者や女子は、500mlペットボトルからスタートするのでも大丈夫です。ペットボトルを両手に持ち、前傾姿勢で肩より高く腕を上げていくトレーニングになります。自宅で簡単にできるので、ぜひ行ってみてください。, ストロークをパワーアップさせる体幹トレーニングは、自宅で簡単に行うことができます。体幹部を鍛えることで、上半身をひねる動きのパワーアップに効果を発揮します。ストロークの強化に繋がり、初心者の人でも効率良くレベルアップすることができますよ。, 以下の動画で紹介されている体幹トレーニングは、体幹を固めながら上半身と下半身を動かすトレーニングです。道具にバランスボールを用いるトレーニングと、タオルを用いるトレーニングが紹介されています。自宅で簡単にでき、上半身と下半身をバランス良く鍛えることができるメニューとなっています。, 体幹トレーニングは、道具を使わなくても自宅で簡単に行うことができます。以下の動画で紹介されているのは、自宅やコート外でできる簡単な体幹トレーニングです。仰向けになり、肘と膝を合わせて腹筋を鍛えるトレーニングメニューです。, 上半身をねじる動きを加えて腹筋することで、テニスに近い動きになり、テニスに必要な体幹部が鍛えられます。初心者の人でも簡単にできるトレーニングメニューなので、動画を参考にして行ってみてくださいね。, 下半身・股関節まわりを鍛えるトレーニングは、道具を使わずに自宅で簡単に行えます。テニスでは上半身の筋肉だけでなく、下半身の筋肉も鍛える必要があります。下半身の、股関節まわりの筋肉を鍛えることで、体の軸が安定して良いスイングを打てるようになります。, 下半身の筋肉が鍛えられると、どんな姿勢でも安定した姿勢でボールを打ち返すことができます。以下の動画では、自宅でできる股関節のトレーニングメニューが紹介されています。特別な道具は必要ありませんが、足の位置の目印となるペットボトルなどを用意してください。, 上半身をねじるようにして足を斜めに出し、重心を低くしてペットボトルなどの目印をタッチするトレーニングメニューとなっています。股関節まわりの筋肉はもちろん、全身を動かすので体幹部も鍛えられます。ぜひ、動画を参考にして行ってみてください。, 下半身の筋肉を鍛えるのに効果的なトレーニングが、スクワットです。スクワットでは太ももの筋肉やお尻の筋肉を鍛えることができ、前後左右に振り回されても精度の高いボールを打ち返せるようになります。, スクワットは下半身だけでなく、体幹部など全身の筋肉を使う全身運動になります。テニスが上手くなるのに必要な筋トレですが、全身が鍛えられダイエットの効果もあるトレーニングです。スクワットは筋トレ女子にもおすすめなトレーニングで、効率良く全身の筋肉が鍛えられます。, スクワットは正しい方法でやらなければ効果が得らず、間違った方法でトレーニングしても筋肉が鍛えられません。以下の動画では、スクワットの正しいやり方について分かりやすく解説しています。初心者や筋トレ女子の皆さんは、動画を参考にして正しいスクワットをマスターしてみてください。, テニスが上手くなるのに必要な筋肉は、自宅でできる簡単なトレーニングで鍛えることができます。背筋や体幹、下半身など、全身の筋肉を鍛えることでサーブやストロークが上達していきますよ。初心者や筋トレ女子の皆さんも、ぜひ自宅でできるトレーニングでテニスに必要な筋肉を鍛えてみてくださいね。.

テリワン メルトア 育成 9, 田丸麻紀 夫 ジャパン ゲートウェイ 4, カーキ 略 2文字 23, ゆり ゆり ロス 意味 4, シアリス 通販 安全 13, ルーシー 映画 考察 5, ジョジョ ラストサバイバー つまらない 44, 乳がん 切除 女優 6, スピッツ P 意味 13, 平愛梨 ダンス 曲名 19, ハバネロ コピペ 嘘 8, 興南 比屋根 ドラフト 21, 踊る大捜査線 恩田すみれ 死亡 4, 龍が如く 強 さ ランキング 春日 4, 二ノ国2 亡霊王のラビリンス トロフィー 23, ロシア人 名前 苗字 11, ゲオ スイッチライト 買取 5, Csm ガイアメモリ 違い 14, プルモア 年間 占い 13, 岡山県 遊 漁船 釣果 4, オセロ 最善手 ソフト 19, ピ K 支部 4, サマーハ 産 駒 4, マジック 小学生 高学年 4, ウィッチャー3 武器 作成 4,