・最大10社の買取額を比較できる!(あとは1番高いところを選ぶだけ!), 本気で高く売りたい方には超オススメです。 繰り返しになりますが、すべて無料です。, (function(){ 動力性能が悪い. } ハイブリッド車は燃費が悪い?低燃費車を比較してランキング形式で紹介! 急激に加速しなければ燃料消費量の増加は最低限に抑えられるので、燃費重視のハイブリッド車ほど加速性能は控えめとなっている場合が多いです。 自動ブレーキや安全装置と聞けば、その車は安全と考えるのは間違っている、それにお気付きですか?, 自動ブレーキでも時速30キロまでしか対象物を感知できない&作動しないレーザーレーダー(赤外線)。, さらに逆光や悪天候に性能を大きく左右されやすい単眼カメラなど、アナタが購入しようとする車に装備される安全システム、安全装置次第で危険と安全の線引きがされてしまいます。, そんな各車メーカーが採用している安全システム名と機能を理解すれば、アナタと同乗者をより確実に守ることにつながるでしょう。, ここでは事故を未然に防ぐ「アクティブセイフティ―」のシステム名称と危険検知方式、そして代表車種名を書かせて頂きます。 ※月間自家用車資料より, 各社でシステム名も検知システムも違うので、どれがどうだか分からないのはアナタだけではありません。, メーカ毎に違う基本検知システムを採用&研究し、そこにオリジナル安全プログラムを設定することで大きな性能差が出る、そうお考え下さい。, 基本検知システムごとの特性を理解すれば、買って良い車と悪い車がこの段階で分かります。, 車購入で最初に気になるのは衝突安全性ボディかどうか、エアバッグはいくつあるのか、そんな事故にあった時の安全性ではありませんか?, 事故に合う前に必要な予防安全装置の良い悪いは意外と知らない、気にしていない、どれも同じだと考えるのはここで止めて下さい!, 予防安全装置の基本検知システム特徴さえ理解すれば、あとは各社採用の予防安全プログラム組合わせを見るだけで飛躍的にアップした安全性能(事故に合わない検知システム)が判明します。, コストが一番安く小さいシステムなので軽自動車に多く採用された方式ですが、同システムは5キロ〜30キロのスピードでしか作動しません。, ベンツが昔から採用し、2種類の周波数77GHZ(前方)と24GHZ(左右&後方)ミリ波を照射し跳ね返ってきた電波で障害物との距離を認識しています。, どんな天候でも左右されない、遠くの対象物でも使える素晴らしいシステムですが、ミリ波レーダーは人を感知しないのでカメラと併せて使うしかありません。, 24GHZ周波数は車の側面から照射され、横や後ろからぶつかってくる車や対象物であっても検知できる、そんな素晴らしいシステムなんです。, 77GHZは日本車に採用されていますが、2008年頃のベンツには既に採用していました。, ミリ波レーダーはシステム本体が大きく中型車にしか使われてきませんでしたが、ホンダ新型N-BOXシリーズ標準でミリ波レーダーと単眼カメラ採用したのには驚きました。 ※関連記事「新型N-BOXカスタム」参照, このスーパーな安全装置が全車標準となったN-BOXシリーズは、その安全性から値段が高いとは言えなくなってしまいました。, スバルのアイサイトで有名ですが、カメラは人やモノ両方を認識&検知する機能が素晴らしく、日本を代表する技術として進化してきました。, しかしカメラは人間の目と同様に強い光の太陽光、対向車ヘッドライト、夜間や悪天候などでは危険物検知能力がとても下がってしまいます。, それを補うために、スバルやダイハツでは複眼となるステレオカメラを採用することで、単眼カメラの不得意部分を克服していますが、それだけではまだ不十分です。, そんなカメラ検知システムだけでも優れているのに、使えているのに、もしこれら検知システムを組合わせればもっと高い安全性能を発揮します。, それらを組合わせながら、関連する多くの安全装置が連動して働くオリジナルプログラムを各社必死になって開発しています。, 2017年末にCX-8を発売したマツダ先進安全装備「i-ACTIVESENSE」がスゴイ!, ※前方&後方誤発進抑制、これはアクセルとブレーキ踏み間違い、D(前進)とR(バック)ギヤ入れ間違い事故に一番有効な安全装置です。, このマツダの最新安全装備は関連記事「新型N-BOXカスタム」でお伝えした装備内容と同じです。, マツダ、ホンダとも万が一の前方&後方への誤発進防止を重視していることが分かります。, それは年齢が若くても高齢でも、前後ギヤの入れ間違いが多いから、それによる事故が後を絶たないからです。, スバルのアイサイトも素晴らしいのですが、やはりカメラ性能に頼よる部分が大きいので、雪や豪雨などの悪天候では問題ありです。, マツダ、ホンダ、ベンツなどはカメラ+どんな悪天候でも影響を受けないミリ波レーダー(高コスト)を採用していることに着目してください。, 感心するのはどんな高コストになってもベストな安全装置を標準(部分的オプションあり)採用すること、顧客の安全を最優先事項としていることです。 ※ベンツは基本安全装置以外はオプションです。, 変更点は新型CX-5に採用されている「SKYACTIVE-G 2.5 直列4気筒2.5L直噴ガソリンエンジン」がCX-8に搭載されることです。, 我々が購入できる範囲でベストな安全装置の組合せは「ミリ波レーダー」+「ステレオカメラや単眼カメラ」です。, 2つとも高度な安全装置であると同時、お互い苦手な役目をカバーし合っているベストコンビを言えます。, 理由は毎日のように!?報道される高齢者事故ほとんどがアクセルとブレーキの踏み間違いによるものだからです。, アクセルとブレーキ踏み間違いは高齢者だけでなく、若い人達に取っても有効なのはご存知ですか?, 人間は疲れていたり、急いでいたり、焦っている場合には、何気なく行っている普段の動作でも間違いを犯してしまうことがあります。, トヨタでも若い女性が急いで車を発進する際にアクセルとブレーキを間違える、そんなCMがありました, アナタがこれから購入するであろう車でも、それら安全装置があるかどうか意識してみてください。, 新車は最高でも3年後には下取り半額以下になり、5年後には購入価格の30%までダウンするのも珍しくありません。, 中古車(3年落ち)なら、4年目以降の値下がりは毎年約15%小さいので安心な部分があります。, 是非、アナタの車用途や状況を考えなら最良の検知システム、安全装置プログラムを選んで下さい。, 優秀な検知システムもプログラム内容次第とはお伝えしましたが、お金を気にしなければ最強はこれらしかありません。, これら2種類の安全装置のどちらかが世界1番と2番であるのは間違いありません、高額てもです。, 続いて安全なのはホンダやマツダが採用している「ミリ波レーダー」+「単眼カメラ」です。, ウレシイのは両社とも標準装備としている、特にホンダは軽自動車標準なので「ホンダはやるな」、そんな個人的感想もあります。, このシステムに自動運転3が加わったら、手離しハンドルでカニを両手でムキながら、ぶつからずにどこへでも連れて行ってくれるでしょう。, ちなみにですが、私は自動ブレーキも何も無しの車を運転しながら、膝に新聞紙を広げカニを食べ続けた経験があります、、カラをムキながら。, 車の安全運転の目標とされていた自動運転3が使えなくなっ、そのたニュースは存知ですか?, アウディA8に搭載された自動運転3はダメになりました、日本でA8発売直前に不認可となりました。, 不認可理由は明確にされていませんが、日本では使えないシステム、もっとプログラム改良しなくては使えないなど色々あるのでしょう。, 個人的には日本の道が複雑すぎる、道路が狭すぎる、交通標識を設置する基本ルールさえ決まっていない、不完全で人間の感覚に頼る運転が多すぎる、だからだと考えています。, どうして上記コメントかと言えば、私はアメリカとヨーロッパでの生活が長かった、多くの道を運転してきた経験がある、それが理由です。, もちろん、日本よりもっと複雑で問題ありそうなアジアや東南アジア国々も知っていますが、日本やそれら国々で自動運転が可能になるのはまだまだ先である、そう感じる&考える自分があります。, 車安全装置の究極が自動運転だっただけに唖然とするニュースでしたが、本当の自動運転までには上記1~4はまだまだ開発段階となります。, あるAI学者曰く、自動運転は10年以上は実現できない、20年は必要かもしれない、そう新刊発表会で話していたのを思い出します。, それが2018年の現実ならば、現在ある安全システムでベストなモノを選ぶしかありません。, 私なら車種と安全システムに惹かれてマツダCX-8、それが中古になったら買いでしょうか!?, ⇒ 2017年末に新発売され3年落ちになったcCX-8価格を確認してみる【検索&利用無料】, 車各社が採用している基本検知システム&プログラム違いを比較するだけでも、買って良い車&悪い車の判断可能です。, あとはどんな危険回避判断、安全確保判断がプログラムされているかによって、さらに買って良い車と悪い車が出てくるでしょう。, どんな悪天候や逆光、夜の暗さであっても正常に働く検知システム&センサーがあっても、状況を瞬時&正確に判断できるICチップ&プログラムが入っていなければ役立ちません。, 車の誤発進抑制機能では前方向だけに使えるシステムも多い様ですが、DとRギヤ位置と車体の前後を監視するカメラ&センサーと連動したプログラムであれば、前後両方向に誤発進しません、、TV宣伝の様に。, 下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!, 実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件), もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。, 残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…, しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!, ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。, 当サイト「車の買い方【119番】」では、車の買い方について主に損得情報を掲載しています。, 車は住宅の次にお金を使うもので、住宅ほどではなりませんが選び方で人生が変わることもあります。, 記事の筆者は海外生活の経験があり、日本にとっては輸入車になる車を使っている現地人の心情を理解して記事を書いています。, スペックで判断することは重要ですが、現地の人間がどのような思いで車を選んでいるかなどは、現地人と交流が無ければできません。, そのため、外車について経験からお伝え出来る知識が多くありますので、参考にしていただければと思います。. })(); 無料一括査定の登録は45秒で終わります。 モーターをパワートレインに使うハイブリッド車といえば燃費性能、環境性能を向上するために導入された技術だ。今や多くのモデルに導入されているが、中には乗ってもハイブリッドのうま味があまり感じられないクルマもある。今回はそんな現行国産車3台を紹介しよう。 document.write('ナビクル車査定'); ⇒よく走る軽自動車は?最強エンジン性能ランキング document.write(''); 世界でも屈指の自動車メーカーになった日本国産自動車メーカー。その各社国産自動車メーカーの特徴や方向性、独自に開発したエンジンの性能や燃費性能などをメーカー別に徹底解説します。, トヨタ自動車は誰もが認める日本のトップ自動車メーカーです。そのトップであり続ける最大の理由はトヨタ車の安定感・安心感ではないでしょうか。 アメリカや欧州で認められた大きな要因となっているのが故障や不具合などがが少ない信頼性です。世界的にみても日本車は海外の自動車メーカーと比べ故障や不具合は少ないといえるのですが、なかでもトヨタ車が一番群を抜き安定感・安心感があるといえます。, またトヨタ自動車の強みはハイブリッドカーの技術が世界的にトップレベルにあることも強みの一つです。4代目プリウスのプリウスPHEVを例に挙げてみれば、その外観については賛否ががあるものの、燃費に関してはついに40.8Km/Lと40Kmを突破してしまいました。これは驚異的と言っていいでしょう。, ガソリンエンジンに関しても「ダイナミック・フォース・エンジン2.0」の開発で従来のエンジンより燃費が18%向上し、最新の排ガス規制もクリアしています。低速から高回転までのトルクも向上してハイブリッド車への供給や主力車のノア・ヴォクシーなどに搭載されます。, トヨタの車は、「性能や使い勝手の良さを重視しているので斬新なデザインが少ない」と言う特徴もあります。いい意味では万人受け、悪い意味では無個性ともいえますね。 ただその多くの人にスポットを当てたことで世界的な車メーカーにのし上がることができたのかもしれません。, 日本では中堅どこののイメージがあるスズキですが、インドや周辺地域ではナンバー1のシェアを誇っています。 スズキの社長が「スズキは中小企業なのでコツコツやるだけです」といった発言をしたことが有りましたが、言うだけあって他メーカーに惑わされずに独自の開発を進めています。, 最近ではスペーシアやハスラー、普通車ではクロスビーやイグニスなどヒット商品も多く販売されています。燃費性能に関してもスペーシアのハイブリッドモデルだとJC08モード28.2Km/Lを達成しトップクラスの燃費性能です。S-エネチャージも開発が進み更に燃費が向上し発進時の加速がスムーズになっています。, 軽自動車を購入される際には、ぜひ「スズキの軽」はしっかりチェックしておきたいですね。, 本田技研工業株式会社の創業者と言えば有名な本田宗一郎です。 意外に知られていませんがトヨタとも関わりがあり、創業した当時は自動車の部品を製造する会社でその会社をトヨタに売却した資金で作ったのが本田技研工業㈱なのです。, ホンダは世界でも稀な自動車メーカーで、どこのメーカーとも提携せず独自の自動車メーカーであること。 本田宗一郎の物造りへのこだわりが浸透しているからでしょう。車作りも独創的で、他メーカーがこぞってターボ車を投入するとV-TEHCエンジンを開発したり職人気質なメーカーと言えます。 その点は現在も同じで軽自動車で一番売れているN-BOXは、今までの軽自動車に無かったコンパクトカー以上の室内空間をつくりだしました。また軽自動車で本格的スポーツオープンカークーペのS660を発売するなど他メーカーではやらないこともやってしまいます。, しかし、燃費性能の分野では他メーカーから出遅れているのは否めません。ヴェゼルでハイブリッドは成功しましたが後が続かないのも現実です。他にもアコードやフリード、フィットにもハイブリッドモデルはありますが他メーカーに押されている状況です。 しかし最近新型ステップワゴンが投入されてハイブリッドは燃費25.0Km/Lと優秀で、更にパワーもモーターで184ps、エンジンで145psなのでとてもパワフルです。これから燃費性能の分野で巻き返しを図れるか注目。, トヨタの子会社になっているダイハツですが、軽自動車の分野ではスズキと二分するシェアを誇る自動車メーカーです。 ムーブやタントを始め、車種が豊富で多くのニーズに対応できるラインナップが魅力です。 ファミリー向けハイトワゴンならタント、女性から若者、ご年配の方まで支持を受けるムーブ、スポーティーな走りに追求したコペンなど多様な軽自動車が製造されています。, 燃費性能でもミライースに代表されるようにJC08モードで35.2Km/Lと最高レベルの燃費性能を実現。 安全面にも力を入れていてスマートアシスト機能や車線逸脱警報機能、誤発進抑制制御機能なども搭載されます。, 松だといえば一昔前は、3番煎じ4番煎じ的な自動車メーカーでしたが近頃はデザインが一新されどのラインナップもシャープで格好良いスタイルが多くなりました!どこかヨーロッパ風で、統一されたフロントグリルは国産車にはない斬新なデザインではないでしょうか。, もう一つ、マツダといえばとしてクリーンディーゼルエンジンの存在です。長らく敬遠されていたディーゼルエンジンをガソリンエンジンよりもCO2の発生を抑えて投入してきました。 他メーカーが違う方法で燃費性能を競う中、そもそも安い燃料を使う発想はマツダらしいものでしょう。, 若干、他メーカーからハイブリッドの開発は遅れていると言われていますが、アクセラを例に挙げると、クリーンディーゼルでJC08モード18.0~21.6Km/L、ガソリンエンジンで20.4~20.6Km/L、ハイブリッドで28.0~30.8Km/Lと他メーカーと比べても遜色ないレベルの燃費性能です。ただ、巷で言われている、買取金額が安いと言う難点はありますが。, トヨタに次ぐ日本の自動車メーカーである日産は、「技術の日産」をコンセプトに掲げています。, かつて、トヨタより早くV型エンジンやターボ車を市場に投入したり、なにかにつけてトヨタより先に開発し販売してきました。 それが原因の一つで一時期は経営破たん寸前までいき、カルロスゴーンが社長を務めルノーと業務提携することで現在はV字回復しています。失敗することもありますが、日産はトヨタに無いものを市場に投入することが社風のような面白いメーカーです。 今はスマートキーと言われる鍵も当初は日産が先に出したインテリジュントキーが先でした。, 昔はスカイラインを筆頭にスポーツカが強かったメーカーですが、現在はセレナを中心としたミニバン、ファミリーカーが主要ライナップになっています。 最近ではe-POWER搭載の新型セレナが発表され話題になっています。これもトヨタのノア・ヴォクシーに対抗した車でトヨタのハイブリッドではなく、独自に開発したe-POWERエンジンです。 これは、搭載しているエンジンを使って発電し、その電力を使ってモーターを駆動させる構造です。これで燃費をJC08モード26.2Km/Lを実現しています。 まだまだ目が離せない「やっちゃえ日産」です。, 昔は戦闘機を作っていたメーカーのスバル。そんなスバルの特徴は、独自路線の発想とラインナップにあると思います。, まず、水平対向エンジン。 このエンジンはスバルとポルシェしか製造していませんし、大衆車に搭載しているのはスバルのみです。モタースポーツのラリーに深く精通していたこともあり代表的な車は、レガシーやインプレッサでラリーで培った4WDの技術が市販車にもフィードバックされている点もスバルの特徴でしょう。, スバルの独自性は現在のラインナップでも分かりますが他メーカーが燃費性能を追求する中、安全性能に特化したラインナップになっています。 レヴォーグであればJC08モードで16.0Km/Lで特出して優れているわけではありませんが、安定性を重視した新世代アクティブトルクスプリットAWDや2017年JNCAP予防安全性能評価で最高ランクを獲得したアイサイトなどを搭載しています。 エンジンもスバルらしく1.6Lのダウンサイジングターボでスポーツモードの切り替え可能で小排気量ながら170馬力はスバルならではです。, かつてのリコール隠しや燃費不正問題で今だイメージが払拭できないミツビシですが、eKワゴンやデリカD-5など人気の高いラインナップも揃っています。, 中でも根強く人気があるのはeKワゴンで燃費性能もJC08モードで25.8Km/Lで、安全性能も横滑り安全機能ASCや走行安定性を高めるフロントスタビライザー、坂道発進でのヒルスタートアシスト、ブレーキアシスト機能などが全車標準装備で充実しています。 またデリカD-5ではクリーンディーゼルエンジンを搭載しているグレードもあり様々なニーズに対応した車種構成になっています。, 筆者の「たかまさ」です。車好きなら誰もがご存知の車雑誌での執筆や某経済新聞のコラムを担当。「やばい認識」「物流と経済」「車選びのコツ」等のウンチクを語るのが得意なFP。筋が通らない話、人情味のない行為に出くわすと黙って見過ごすことができない性分。. すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。, 【概要】

逆に視界の悪い車として印象深いのは、僕が2台目の車として購入した1995年式 ホンダ・プレリュードです。この車はダッシュボード上端が低く前方の視界はそれなりに広いのですが、ゆるく傾斜したフロントノーズによってボディの端がまったく見えません。 乗り心地が良い車があれば当然乗り心地が悪いと感じる車も出てきてしまいます(>_<) <車の選び方は乗り心地だけではない!> 車には様々な性能や見方があります♪ } document.write(''); ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。, そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。この方法を知らない方、多いんじゃないでしょうか。 }else if(_UA.indexOf('Android') > -1){ トヨタ自動車は誰もが認める日本のトップ自動車メーカーです。そのトップであり続ける最大の理由はトヨタ車の安定感・安心感ではないでしょうか。 アメリカや欧州で認められた大きな要因となっているのが故障や不具合などがが少ない信頼性です。世界的にみても日本車は海外の自動車メーカーと比べ故障や不具合は少ないといえるのですが、なかでもトヨタ車が一番群を抜き安定感・安心感があるといえます。 またトヨタ自動車の強みはハイブリッドカーの技術が世界的にトップレベルにあることも強 … ハイブリッド車は燃費が悪い?低燃費車を比較してランキング形式で紹介! 急激に加速しなければ燃料消費量の増加は最低限に抑えられるので、燃費重視のハイブリッド車ほど加速性能は控えめとなっている場合が多いです。 ・愛車の相場がすぐわかる!(コレは使える!) 以上のことを踏まえて、軽自動車のエンジン性能を比較します。 document.write('ナビクル車査定'); もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!, ここでは事故を未然に防ぐ「アクティブセイフティ―」のシステム名称と危険検知方式、そして代表車種名を書かせて頂きます。, 24GHZ周波数は車の側面から照射され、横や後ろからぶつかってくる車や対象物であっても検知できる, ミリ波レーダーはシステム本体が大きく中型車にしか使われてきませんでしたが、ホンダ新型N-BOXシリーズ標準でミリ波レーダーと単眼カメラ採用したのには驚きました。, カメラは人間の目と同様に強い光の太陽光、対向車ヘッドライト、夜間や悪天候などでは危険物検知能力がとても下がってしまいます。, 感心するのはどんな高コストになってもベストな安全装置を標準(部分的オプションあり)採用すること、顧客の安全を最優先事項としていることです。, AI判断システムを正とするなら、道路交通法改正が必要になる(交通裁判でも採用できる内容で), N-BOXは視界が悪いのか?【ターボ試乗で分かった走りとスタビライザー搭載の影響】.

三菱、デリカd5の欠点、長所、メリット、デメリットを紹介します。買ってから後悔しないために、知っておいてほしいこと。燃費が悪い、乗り心地が悪い、高い、乗り降りがしづらい、かっこいい、走行性能が高い、など

}else if(_UA.indexOf('Android') > -1){ document.write(''); 一口に自動車メーカーと言ってもそのメーカーごとの特徴、特色は大きく違うのがわかってもらえたでしょうか?, 4代目プリウスのプリウスPHEVを例に挙げてみれば、その外観については賛否ががあるものの、燃費に関してはついに40.8Km/Lと40Kmを突破してしまいました。, 燃費性能に関してもスペーシアのハイブリッドモデルだとJC08モード28.2Km/Lを達成しトップクラスの燃費性能です。, 燃費性能でもミライースに代表されるようにJC08モードで35.2Km/Lと最高レベルの燃費性能を実現。, 失敗することもありますが、日産はトヨタに無いものを市場に投入することが社風のような面白いメーカーです。, このエンジンはスバルとポルシェしか製造していませんし、大衆車に搭載しているのはスバルのみです。, 安全性能も横滑り安全機能ASCや走行安定性を高めるフロントスタビライザー、坂道発進でのヒルスタートアシスト、ブレーキアシスト機能などが全車標準装備. © Copyright 2020 車一括査定ランキング7|おすすめ査定サイトを徹底紹介. })(); if (_UA.indexOf('iPhone') > -1 || _UA.indexOf('iPod') > -1) { }else{ 正直言うと、かなり損しちゃってます。, その中でも、今回ご紹介するのが「ナビクル車査定」。 }else if(_UA.indexOf('Android') > -1){ ※安全装備には作動条件や限界があります。機能を過信せず、安全運転を心がけましょう。, 一時期、コンパクトカーの予防安全装備は軽自動車より劣っていた。しかし、モデルチェンジやマイナーチェンジを期に、急速に充実している。現在では、ほとんどの車種に歩行者検知式自動ブレーキなどを含む予防安全装備が用意されている。ただ、相変わらず一部の車種のエントリーグレードには、こうした予防安全装備が標準装備化されていない。また、歩行者検知式自動ブレーキや踏み間違え防止装置などを標準装備していても、他の予防安全装備はオプション設定という安全を軽視したモデルもあるので注意が必要だ。, トヨタ ヤリスは、ヴィッツの後継車だ。国内では、ヴィッツと呼ばれていたが、欧州などではヤリスと呼ばれていた経緯があり、車名を統一した。, この新型ヤリスには、最新の予防安全装備「トヨタセーフティセンス」を用意。トヨタセーフティセンスは、単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせたシステムだ。ヤリスに用意されたトヨタセーフティセンスは、かなり高機能。実際に交通事故となることが多いケースに対応しており、より安全な走行ができる。一部機能はオプションだったりするが、コンパクトカーの枠を超えたレベルに達している。, 重要な歩行者検知式自動ブレーキは、昼間だけでなく夜間にも対応。日暮れから夜間にも歩行者との衝突事故は多い。さらに、昼間の自転車も検知できるようになっているため、より幅広く衝突リスクを軽減してくれる。また、実際にありがちな事故パターンである交差点右折時の対向直進車や右左折時の対向方向から来る横断歩行者も検知。衝突を回避、もしくは被害の軽減につながる。また、ブレーキとアクセルの踏み間違時にはエンジン出力を抑制、または弱いブレーキをかけることで衝突回避または被害軽減をサポートする。従来の踏み間違え防止アシスト機能は、壁やクルマといったモノに対してのみだったが、人や自転車にも対応し衝突リスクを軽減している。そして、セカンダリーコリジョンブレーキも標準装備。この機能は、エアバッグが展開するような衝突を起こしたときに、自動でクルマを停止させる機能。衝突後の勢いでクルマが動き次々と衝突するような二次被害を軽減するものだ。, このように、ヤリスに用意された予防安全装備は、非常に高いレベルにある。しかし、後側方車両接近警報のように、車線変更時に頼りになる頻度の高い安全装備はオプション設定。このあたりは、少々物足りない。インテリジェントクリアランスソナーなどと、セットオプションで価格は10万円程度。積極的に選択したいオプションだ。さらに残念なのが、エントリーグレードには、高機能のトヨタセーフティセンスが装備されておらず、オプションでも選択できない。エントリーグレードの価格を下げて安く見せたい、安いクルマを要望する顧客がいる、などが大きな理由だろう。テクノロジーの進化で、交通事故を減らす努力をするのは、自動車メーカーの社会的責任でもある。ヤリスだけでなく、こうした設定をしている自動車メーカーはその責任を果たすべきだ。, 2位以下は、一長一短で僅差といったところ。ホンダ フィットの予防安全装備「ホンダセンシング」は、従来の単眼カメラ+ミリ波の組み合わせだったが、フィットから広角カメラとソナーの組み合わせに変更されている。ホンダセンシングは、全11個もの多彩な機能をもつ。歩行者検知式自動ブレーキは、夜間の歩行者や昼間の自転車も検知可能となった。その他、誤発進抑制機能や歩行者との衝突回避を支援する歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能などあり充実している。これらが全車標準装備されており、どのグレードを買っても安心だ。, ただ、若干足りない機能もある。後側方・後退時車両接近警報など、ベーシックな機能が用意されていない。こうした装備は、日常的に使うのでぜひとも用意してほしい。高齢者や運転が苦手な人にとっては、とても頼りになる装備だ。, ノートの歩行者検知式自動ブレーキである「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」は、夜間の歩行者にも対応し全車標準装備されている。自転車などには対応していない。また、この機能にはクリープ走行を含む低速走行時、進行方向に壁や歩行者などの障害物があった場合に、アクセルとブレーキの踏み間違えが発生すると、ドライバーにメーター内の警告灯とブザーで警告。さらに、エンジン出力やブレーキを制御し衝突回避・被害軽減をアシストする。従来、踏み間違えによる誤操作は壁などの障害物に限られていたが、前方の歩行者に対しても対応する自動ブレーキは、まだ数少ない。これは、高く評価できる機能だ。, その他、車線逸脱警報や車線逸脱防止支援、フロント&バックソナーなども用意されている。予防安全装備のなどの機能は一定レベルに達しているものの、車線変更などで日常的に使う後側方車両接近警報などは用意されていない。, 便利で安全な機能が「インテリジェントアラウンドビューモニター」だ。カメラ映像を加工し、クルマを俯瞰から見たように表示される。こうした機能は数多くあるが、インテリジェントアラウンドビューモニターは、移動物検知機能が付いている点がユニークな部分。歩行者や自転車などがいる場合、画面表示やブザーなどで警報を発してくれる。この機能も、日常的に使う機能なので、ぜひとも選択したい安全装備といえる。また、後方視界を確保してくれる機能として「インテリジェントルームミラー」が用意されている。後席に乗員いる場合や、夜間や雨などで後方視界が悪い場合に、クリアな後方視界を確保してくれる。, ノートについている予防安全装備の機能数や性能などは十分なレベルに達している。ただ、多くの装備がオプション設定になっていたり、グレードによって装備できなかったりする状況だ。また、今時サイドエアバックの設定は無く、カーテンエアバッグもオプション設定。ユーザーが自ら積極的にオプションを選択する必要があるところが物足りない。どのグレードを買っても、安心できる予防安全装備を標準装備化すべきだ。ノートは、2020年度にフルモデルチェンジを予定している。さらに、進化した予防安全装備に期待したい。, マツダ2は、どのグレードでも一定の予防安全装備を標準装備化している。一部の運転支援システムなどがオプションとなるものの、どのグレードでも安心して購入できるのは、マツダ2の美点といえる。マツダ2の歩行者検知式自動ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」は、全車に標準装備。さらに、後側方車両接近警報であるブラインド・スポット・モニタリング、駐車場からの後退時に接近する車両を検知し警報を発するリア・クロス・トラフィック・アラートも標準装備化されている。, これらの装備は、車線変更時やバック時など頻繁に使うことが多い機能。うっかりミスを軽減してくれるだけでなく、視野が狭くなった高齢者や運手に不慣れな初心者などには、とても頼りになる装備だ。技術的には、もはやベーシックなもので、それほどコストもかからない。しかし、まだまだコンパクトカーで、こうした装備を標準装備したモデルは、マツダ2しかないのが現状だ。, 残念なのは、もはやコンパクトカークラスでも当たり前になりつつある運転支援機能全車速追従式クルーズコントロールが、ほぼオプションであること。そして、歩行者検知式自動ブレーキは、自転車などに対応していないことが、やや物足りない部分だ。, スズキ クロスビーの歩行者検知式自動ブレーキである「デュアルセンサーブレーキサポート」を用意。昼間の歩行者検知が可能なタイプだ。最近では、夜間での歩行者検知ができるタイプが平均的になっていることもあり、やや古さを感じさせる。最新モデルであるハスラーには、夜間の歩行者が検知できる自動ブレーキが用意されているので、クロスビーもアップデートが必要だ。やや古いタイプの自動ブレーキなのに、非装着モデルがあるのは、非常に物足りない。クロスビーを購入する場合、デュアルセンサーブレーキサポート装着車を選ぶ必要がある。, スズキは、予防安全装備パッケージを「スズキセーフティサポート」と呼ぶ。このパッケージ装着車には、歩行者検知式自動ブレーキの他に、誤発進抑制機能に車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーが装備される。その中でも、後退時ブレーキサポート機能は、バック時にも衝突の危険がある場合、自動ブレーキが作動する高性能タイプだ。バック時に自動ブレーキ作動させる機能をもつモデルは、まだ数少ない。夜間の歩行者検知ができないことはマイナス要因だが、その他の機能は十分なものだ。, また、オプション設定だが全方位モニター用カメラもおすすめだ。各部に取り付けられたカメラの映像を加工し、クルマを俯瞰から見た映像にして表示する。周囲の安全をモニターで確認できるだけでなく、人や物が近づくとドライバーに知らせる「左右確認サポート機能」も搭載しており、駐車時などの安全運転を支援する。, コンパクトカーカテゴリーで、圧倒的な予防安全性能を誇るのが、トヨタ ヤリスだ。トヨタは今まで、安全装備面で大幅に遅れていたが、ヤリスで一気にトップへ躍り出た。オプションを含むことが前提だが、もはや高級車並みといったレベル。ほぼ同時に出たホンダ フィットは、大きく遅れをとった状態。安全装備ではしばらくの間、ヤリスに差を付けられたままになるだろう。, フィット、ノート、マツダ2に関しては、オプションなどを選択することが前提だが、各車一長一短といったところで、それほど大きな差はない。ただ、ノートにはオプション設定が多く、自ら積極的にオプションを選択していく必要がある。また、ノートとマツダ2は、すでにモデル末期。そのため、近いうちにフルモデルチェンする予定だ。当然、フルモデルチェンすれば、現状の安全装備より性能を向上した安全装備が用意されるはず。安全装備を重視するのであれば、フルモデルチェンジするまで待つという選択もありだ。クロスビーは、昼間だけの歩行者検知式自動ブレーキでは、やや不安がある。すでにスズキは、夜間対応の歩行者検知式自動ブレーキをハスラーなどに用意している。恐らく、ハスラーもマイナーチェンジのタイミングでアップデートする可能性が高い。ただ、クロスビーは、出たばかりの新型車なので、マイナーチェンジまで待つには少々時間がかかる。, CORISM編集長。自動車専門誌の編集長を経験後、ウェブの世界へ。新車&中古車購入テクニックから、試乗レポートが得意技。さらに、ドレスアップ関連まで幅広くこなす。最近では、ゴルフにハマルがスコアより道具。中古ゴルフショップ巡りが趣味。日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員, ガリバーの過去買取実績からお客様のクルマの買取金額相場を

Fラン 就職 どこ 5, 宅間守 死刑執行 様子 10, Qoo10 Event とは 4, 東出 杏 復縁 8, 電動ガン スプリング 効果 4, 有村架純 鹿児島 川辺 13, 将来 絶望 なんj 16, 2020 ドラマ Dvdラベル 29, 手越 柏木 Mステ 26, アヒル 肉 販売 28, Non Reliance Letter 意味 45, 銀魂 将軍 影武者 4, 地縛少年花子くん 67話 ネタバレ 16, 西城秀樹 子供 画像 13, 2pm ブログ 刑事 6, アテックス シェイプ アップ ボード 口コミ 19, 幸せになる おまじない 言葉 7, シャーロックホームズ シャドウゲーム 呼吸装置 7, ティラノビルダー Mac 開けない 41, 恋愛 ドラマ 3 人 家族 雄一 と 敬子 後編 12, パンサー尾形 入院 病院 6, 宇野昌磨 インスタ 弟 4, 流星の絆 動画 パンドラ 2話 39, Jcom オンデマンド 止まる 32, 中国ドラマ えい らく レンタル 9, Jリーグ 資金力 ランキング 6, シグナル 子役 韓国 8, 倖田來未 実家 住所 10, 日産 カラーコード Qx1 6, ディアフレンズ ようすけ 最低 7, ユベントス フォーメーション ウイイレ 8, 平塚らいてう 朝ドラ 花子とアン 16, ポケモン 金銀 アニメ Bgm 9, 三菱 重工 清和寮 11,