「俺にばっか頼ってないでてめえも働けよ!」ってことですか?, 1話と最終話は、同じ人の脚本。ウルトラマンの物語が終わると同時に、ウルトラマンがいない世界にリセットするために、ハヤタの記憶が邪魔だったから。平凡な日常→異常な出来事→平凡な日常の形に倣った。 と当てられないのは【仮面ライダー】シリーズだけではないのか?」

自分は平成世代なのでジャックの方がしっくりきますが、帰マンや新マンはウルトラマン個人の名前として相応しいのかなぁ…? 他のウルトラマンに...続きを読む, その世代の者でーす コメントをお書きください.

  初代の復帰が決まるとともに死亡退場となる。   別の仕事を入れたため番組を一時的に離れることになり、急遽代役として加入、

こんな質問ですが、回答よろしくお願いします

  今では、出演をきっちり決めて、事故や病気でない限り最後まで(打ち切りはあっても

それとも、実は違いなど出てはいないのでしょうか?, 長きに渡るシリーズとなっている特撮作品の中で、仮面ライダーが最もデザイン面での変化が大きいのは何故ですか? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00000002-spnannex-ent, 関西では大問題になるかも。



また、それを突っ込む人もどうかしていたのでは?, 大伴昌司さんは、昔から円谷プロの企画に参加して、いくつかの怪獣・宇宙人の設定を考えて

それら観てふと思ったのが、

が挙げられますが、昨年はその全てに新作が登場しました。 いました。 その中には、後に円谷一との仲違いの原因となった「怪獣の解剖図」もありましたが、

逆に「ウルトラマンの地球上での活動時間が3分」という公式設定になった物もあります。

ただ、シリーズ3作目くらいしか見ていない人、というのは、その後、結局、たいして興味も趣味も持たなかった人、と言えると思うので、ライダーだけでなく、その後のキャラクターをしらなくて当たりまえ?ではないかと思います。

つまり、(一般的に今ほど著作権にうるさくなかった事もあって)円谷プロもある程度の自由を ④どうして昭和の特撮やアニメはゲストの怪人や怪獣の名前がサブタイトルになるんですか? ↑のどちらなのでしょか?

長きに渡るシリーズとなっている特撮作品として、 戦隊は、チープ...続きを読む, 初代ウルトラマンの最終回についての疑問です初代マンの最終回といえば、ゼットンのインパクトやウルトラマンの敗北などばかり注目されていますが・・・ 難しい問題ですね。なぜ名称を付けなかったのかと言われても真相を知るのは円谷プロだけですね。 「シリーズ第1作から3作までだけを観た人が、今年の最新作のキャラクター画像を見て、 (求められてない答えだとわかっていても。) お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B0%E3%81%A3 …, 皆さんはウルトラマンの中でどのウルトラマンが好きですか?

自分はアグルと恋愛してみたいです. 怪獣の特徴はくらげに似ていて触覚が赤色 空を飛ぶ 夜に登場した

『帰ってきたウルトラマン』(かえってきたウルトラマン)は、1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日にTBS系で、毎週金曜19:00 - 19:30に全51話が放送された特撮テレビ番組。, 怪獣と戦う防衛チーム・MAT(マット)や、巨大変身ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描く。, なお、本作品の主役であるウルトラマンは、後年にウルトラマンジャックという正式名称が設定されたが(詳細は#名称を参照)、本項では放送当時の名称に基づき、基本的に本作品の主役ウルトラマン(ジャック)を「ウルトラマン」と表記し、「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」に出てきた「ウルトラマン[注釈 1]」を「初代ウルトラマン(初代マン)」と表記する。, 本作品が製作された背景には、1970年に再放送された前3作品『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』が高視聴率を得たこと[1]、フジテレビ出版(後に株式会社 万創へ継承)の「飛び出す絵本」をはじめとした関連書籍、ブルマァクのソフビ人形などの関連商品が好調だったこと[2]や、『ウルトラファイト』(1970年)の好反響などがあった[3]。, 本作品の企画は、1969年4月28日に印刷された企画書[4]『続ウルトラマン』から始まり、ウルトラマンとMATが復活した怪獣と戦う基本線はこの時点で確立している[5]。同企画書は『ウルトラマン』から約30年後の地球にウルトラマンが帰ってくるという設定で[6][5]、現存する第3話までの企画書には科学特捜隊から引退して久しいムラマツやハヤタが登場し、ウルトラマンと一体化したバン・ヒデキ(晩日出輝)がベーターカプセルで変身するなど、初代ウルトラマンを強く意識したものであった[3][5]。, 当初は初代ウルトラマンが帰ってくるという設定であったためにタイトルが『帰ってきたウルトラマン』となったが、商品化展開を踏まえると別人にすべきだというスポンサーの都合でこの設定は没となり、最終的に別人となった[6]。『帰ってきたウルトラマン』は生前の円谷英二によって命名されたと言われる[7][6][5]。, 続く企画書『帰って来たウルトラマン』では、バンを慕う姉弟や特訓による必殺技の獲得などの要素が盛り込まれたが、バンはウルトラマンの仮の姿という扱いであった[5]。企画書としてはこれが最終稿であるが、最終的なストーリーはプロデューサーの橋本洋二と脚本家・上原正三との間で詰められた[5]。そして、橋本と上原、熊谷健と円谷一の間で討議が重ねられ、『ウルトラマン』の続編の色が強かった企画案とは違い、ウルトラマンの力を得た未熟な青年がMAT内の摩擦の中で成長していく橋本が得意とする人間ドラマを主体とした物語となった[8]。, 『ウルトラマン』の主人公・ハヤタが人間的な隙のないヒーローとして描かれ、『ウルトラセブン』の主人公・モロボシ・ダンも私生活まで踏み込んだ演出は行われなかった。しかし、本作品の主人公・郷秀樹は、レーサー志望の平凡な一市民として設定され、私生活面では彼の家族的な立場である坂田兄弟がレギュラーとして登場する[6]。また、主人公がウルトラマンとしての能力に慢心したり、超能力を持つゆえにMAT隊員と軋轢を生むなど、日常的な困難を乗り越えるための努力が強調された。変身後のウルトラマンもしばしば怪獣に対して苦戦したり敗北したりしている。こうした作劇が、後年の評論で「人間ウルトラマン」と呼ばれている[9]。これについてメインライターの上原正三は、『ウルトラマン』と同じようなことをやろうとしても模倣にしかなりえないため、差別化として崇高さのある初代ウルトラマンに対し子供と同じ目線にし、『柔道一直線』のような未熟な若者が組織や戦いの中で鍛えられ成長していく様を描いたと述べている[10]。, 第1期ウルトラシリーズを放送していたタケダアワーがSF路線や怪奇路線から転換して『柔道一直線』となるなど、当時の子供たちの流行がスポ根ものに移行していったことから、本作品でもその要素が意識されている[6][11]。, 当初は前述のような郷の苦悩と成長などシリアスなドラマ性が強く打ち出された。その中で、, など新たなタイプの秀作が生まれ、新たな試みがなされた。しかし、人気番組『ウルトラマン』の後継作として本作品に期待される視聴率の水準は高いものがあり(TBS側では30%台を期待していた)、1クール目の視聴率はその期待に沿うものではなかった。その原因としては、シリアスなドラマが子供たちに充分受け入れられなかったこと、予算的な問題で舞台が山中や造成地になる場合が多く、都市破壊の爽快さを欠いたことなどが挙げられている。, この状況で円谷プロは、アンケート調査や主な連載誌である学年誌での読者調査などのマーケティングを行い、ウルトラマンの強化や宇宙怪獣の登場などが求められているとの結果を得、第18話のベムスターをはじめとし、宇宙怪獣を数多く登場させた。また、ウルトラマンを救うべく、前作の主人公ウルトラセブンを登場させ、万能武器ウルトラブレスレットを与えさせる。このことにより、ウルトラマンのキャラクター強化に成功している。また、第13・14話では大津波と竜巻による東京破壊を映像化し、その高い特撮技術をアピールしたり、当時人気絶頂のキックボクサーで、本作品の前番組『キックの鬼』のモデルでもある沢村忠を本人役でゲスト出演させた第27話や、ファンの高校生[注釈 2]から投稿された原案を採用した第34話など対外的な話題作りも、番組の知名度アップに貢献した。, など、評価の高い作品が送り出された。特に第31話から第34話は、ちょうど放送月が一致したことで後に一部で「11月の傑作群」と呼ばれたほどで[12]、この時期の視聴率も20%台を順調に維持した。さらに、坂田アキ役の榊原るみが別のドラマへの出演[注釈 3]のためにスケジュール確保が困難になり、第37・38話で坂田健と坂田アキはナックル星人に虐殺されて物語から姿を消し、初代ウルトラマンとウルトラセブンの登場というイベントと相まって、ここで内容的にも視聴率的にも一つの頂点を迎えた。榊原るみの降板後のヒロインは村野ルミ子役の岩崎和子に引き継がれた。, ドラマ部分として郷の私生活は、坂田家で1人生き残った次郎と、隣人で次郎の姉代わりとなったルミ子を中心に描かれる。特撮部分の強化策として怪獣とそれを操る宇宙人の2体セットでの登場を増やし、娯楽性が強調された。この時期の視聴率(#放映リストを参照)は常に25%以上で推移しており、第2期ウルトラシリーズでは最高視聴率を記録した時期である[1]。, 第51話では、バット星人が地球侵略に出ると同時に、その同族たちがウルトラの国に全面戦争を仕掛ける。MAT基地を破壊され、次郎とルミ子を拉致されるなど、郷=ウルトラマンとMATは最大の危機に陥る。自ら操るマットアローが撃墜される寸前にウルトラマンに変身した郷に対し、バット星人は自ら育て上げたゼットン(二代目)とともに襲い掛かる。2体がかりの攻撃でウルトラマンを苦しめるが、ブレスレットの能力と自身が編み出した新必殺技「ウルトラハリケーン」でバット星人とゼットンは倒され、ウルトラマンは勝利する。そして、郷はバット星の艦隊からウルトラの星を守るために次郎とルミ子に別れを告げ、2人にはウルトラマンとしての正体を明かしつつ地球を去る[注釈 4]ことで、物語は幕を閉じる。, 本作品での歴代ウルトラマンの客演は好評を博し、『ウルトラマン』の最終回(第39話)に登場したゾフィーが長兄に当たる「ウルトラ兄弟」という、雑誌上で設定された捉え方がテレビ作品に導入される一種の「逆流現象」につながった。第51話でのバット星人のセリフにはウルトラ兄弟が明確なものとして用いられており、次作『ウルトラマンA』から本格的にその設定が多用されていく。, 本作品の具体的な年代は劇中では明示されていない。非日常的な場所でのロケを多用し、「近未来」や「無国籍」を演出していた前2作品と比べると生活感のある場所での映像が多く、放映年代と同じ1970年代初頭の日本が意識されている。これは、前2作は海外販売が前提に制作されていたが、本作品は純粋な日本国内向けに制作されているためである。劇中で映る日付や、語られる第二次世界大戦の体験[注釈 5]など、現実の日本と重ねた演出が散見される。また、国外の描写はほとんどなく、MATの他国支部の活動もわずかに語られるのみである。, ウルトラ兄弟などの設定により、作品世界は他のウルトラシリーズ作品と繋がっているとされているが、劇中では前2作の作品世界との関係は明示されておらず、バルタン星人Jr.やゼットンの登場、第38話でのハヤタとモロボシ・ダンの登場で暗示されているのみである。第51話では、郷秀樹の夢の中に回想シーンとして『ウルトラマン』第39話での初代ウルトラマンとゼットンの戦闘シーンが流用されており、郷秀樹や伊吹隊長もそれについて言及しているが、前2作の防衛チームからの継承や発展を示す具体的な演出はなかった。, 一方、後述のように次作『ウルトラマンA』第10話で本作品の後日談、第12話では本作品の第26話での出来事が語られた他、『ウルトラマンタロウ』や『ウルトラマンレオ』では郷が登場することから、第2期ウルトラシリーズはすべて同一世界であることが明示されている。, 第51話で郷秀樹が地球を去る時に次郎に伝えた誓いで、次郎はこれを叫びながら郷を見送った。『ウルトラマンA』や『ウルトラマンメビウス』でも使用されている。, 監督は円谷英二と縁の深い東宝の本多猪四郎を第1・2話で起用し、作品のオープニングを飾った[注釈 6][13]。本多は第7・9・51話(最終回)でも監督を務めた。, 東宝からは他に、筧正典と松林宗恵が参加[13]。また、東映から冨田義治、佐伯孚治、日活から鍛冶昇、新東宝から山際永三、TBSから真船禎と、他の映画会社出身の監督招聘にも積極的であった。冨田は東映との関わりも深かったTBSプロデューサーの橋本洋二の要請により、佐伯は監督した『江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎』第25話「白昼夢 殺人金魚」を円谷プロプロデューサーの熊谷健が気に入ったことによりそれぞれ起用された[14]。筧・山際・真船の3名はその後の第2期ウルトラシリーズでも主力を務めた[13]。, 本作品での円谷プロ出身の監督は東條昭平と本作品第32話で本編監督としてデビューした大木淳のみである。しかし、東條は参加第1作となる第33話「怪獣使いと少年」がTBS上層部で問題視されたことから助監督に降格し、本作品での監督作品はこれ1本のみであった。, 本作品の脚本陣は、メインライターの上原正三が全51話中20本を担当。前後編の話などを中心に東京が危機に陥る作品が目立つ。しかし、坂田兄妹死亡後のシナリオは第51話を除いて担当していない[注釈 7]。後の『ウルトラマンA』でメインライターを務めることになる市川森一は、本作品では6本と少ないものの、セブンや新隊長が登場するターニングポイントとなる話を書いている。上原と市川は同時期の『仮面ライダー』の企画にも携わっていたが、本作品のために離脱した[13][10]。, また、円谷プロ出身の田口成光は本作品でデビューし、6本のシナリオを執筆。田口は後に『タロウ』や『レオ』でメインライターを務めることになる。宇宙人や宇宙に絡む話は主に石堂淑朗が担当。侵略手段が横暴で性格的にも柄の悪い宇宙人を登場させるなど、一種独特な話を好んで執筆した一方、地方色や土着性の強い民話風のストーリーも得意としており、本作品では9本のシナリオを担当。『レオ』に至るまで、第2期ウルトラシリーズに積極的に関わった。, 第1期ウルトラシリーズで監督を務めた実相寺昭雄や飯島敏宏(ペンネームの千束北男を使用)も、1本ずつ担当[13]。また、プロデューサー補の熊谷健と親交のあった小山内美江子も熊谷からの依頼で1本担当している[注釈 8]。第1期ウルトラシリーズのメインライターであった金城哲夫も1本担当した[13][注釈 9]。, 他社で活躍していた脚本家としては、『隠密剣士』(1962年)や『仮面の忍者 赤影』(1967年)、本作品の放映当時も『仮面ライダー』を担当するなど、宣弘社や東映作品を多数手掛けた伊上勝が第9・49話の2本を担当[13]。また、石堂の紹介で松竹から斉藤正夫が招かれて2本のシナリオ(第45・50話)を担当。, 坂田健役の岸田森は、朱川審のペンネームで第35話を執筆したということで大きな話題を呼んだ[注釈 10]。また、第34話の原案は当時高校生だった小林晋一郎によるもの(シナリオは石堂)で、小林は映画『ゴジラvsビオランテ』でも同じく人間が作り出した植物の怪獣という原案が採用されている。小林によれば、第1期ウルトラシリーズとの作風の違いに違和感を覚えて1971年6月ごろに作品への要望とともに13本分の怪獣デザインとストーリーを円谷プロに送ったところ、「いろいろあった末」に採用されたという[16]。, 上原は郷秀樹と坂田アキが最後は結ばれるというエンディングを想定していた旨を特撮情報誌『宇宙船』[要文献特定詳細情報]上で述べている。, 特撮美術は『ウルトラセブン』に引き続き池谷仙克が担当したが、映画などで多忙になり1クールで降板した[17]。後年のインタビューで池谷は本作品への参加には積極的でなかった旨を語っている[17]。降板後、旧知の特技監督である大木淳が本編を初担当した第32話で大木からの依頼により怪獣キングマイマイのデザインを手掛けた[17]。, オープニングにはクレジットされていないが、着ぐるみ造形は主に開米プロが、一部を高山良策(グドン、ツインテール、ステゴン)、東宝特殊美術部(タッコング、ザザーン、アーストロン)、円谷プロ社内の造形スタッフ(キングザウルス三世)が担当[17]。東宝特美による3体は見た目はしっかりしていたが硬くて動けず、開米プロが改修を行い、そのまま同プロが造形の中心となった[17]。高山は『ウルトラセブン』から引き続いての参加であったが、同時期に『スペクトルマン』も担当していたため3体のみに留まった[17]。, オープニングには未クレジットだが本作品の怪獣(宇宙人)デザインは、特撮班美術の池谷仙克や高橋昭彦のほかに、プロデューサー補佐の熊谷健(シーゴラス、ベムスターほか)や、米谷佳晃(グロンケン、バリケーン、ヤドカリンほか)、利光貞三(サータン)、末安正博(ゴキネズラ)などが担当。最終話に登場したバット星人は、当時の小学館編集部スタッフによる作とされている[18]。, 既述通り、第22話でMAT隊長の途中交代がある。隊長役交代はウルトラシリーズ初の出来事だった。これは2クールから4クールへの番組延長にあたり、加藤勝一郎隊長役の塚本信夫が舞台公演のために出演不能となったと憶測が流れ、過去に発売された関連書籍でも舞台公演に関することを理由とした言及がなされ[19]、それ以外にもさまざまな憶測を生んだ。また、番組の延長に伴うものではないということが、後に団時朗(郷秀樹役)・池田駿介(南猛役)・西田健(岸田文夫役)の三者会談同窓会の記事で明かされているが、真相は語られていない[20]。, 劇中設定としては、加藤隊長が宇宙ステーションに転任し、加藤隊長のかつて上官・伊吹隊長がニューヨーク本部から転任してくるというドラマで交代の事情が説明され、その交代劇がシリーズの1つのイベントとなっていた。, 新隊長・伊吹竜役としては、東宝特撮映画の常連で知られ、『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』への出演歴もある土屋嘉男などが候補に挙がったが[12]、最終的には大映映画を中心に活躍していたベテランの根上淳に決定された。大映の二枚目スターとして一般の視聴者にも知名度の高い根上の起用は、子供番組として一般のテレビドラマよりは一段低い扱われ方だった特撮テレビドラマの中での1つのイベントであり、ウルトラシリーズの存在を保護者層にもアピールするものだった。これは、橋本プロデューサーからの「塚本より格下の俳優は起用しないこと」との指示を受けてのことである。, 当初予定された人物がボディビル体型だったが、スマートな団とのイメージが違いすぎるため、『ウルトラセブン』第14・15話でのみウルトラセブンを演じた経緯から菊池英一が演じることとなる。, 企画当初の名残で一貫して「ウルトラマン」としか呼ばれていない[注釈 14]。そのため、後年の客演時や書籍などでは、初代ウルトラマン[注釈 1]と区別するために様々な名称を設定されていた。, 『ウルトラマンA』第14話のナレーション、および劇中での北斗星司とヤプールからはウルトラマンII世(ウルトラマンにせい)、『ウルトラマンタロウ』や『レオ』のナレーションでは新ウルトラマンを略した新マン(しんマン)と呼ばれている。他にも作品名のまま「帰ってきたウルトラマン」[25][注釈 15]、または略して帰マン・帰りマン(きマン、かえマン、かえりマン)と呼ばれることもあった。, しかし、1984年に公開された映画『ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団』の公開に先立ち、ウルトラファミリー紹介時に各々に固有名詞の必要が生じた際、円谷プロ社長・円谷皐(当時)によってウルトラマンジャックという正式名称が設定された。以降の書籍・関連グッズなどではほぼこの名称で統一され、「ウルトラマンII世」や「新マン」は別名という扱いになっている[26]。中国で放送された際には『杰克・奥特曼』(杰克はジャックと読む)のタイトルとなる。, その後、映画『ウルトラマン物語』や『ウルトラマンメビウス』でも「ジャック」と呼ばれている[注釈 16]。地球人は「ジャック」の名を知らないため、「ウルトラマン」としか呼んでいない。映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では、こうした呼称の変遷をセルフパロディ化したギャグ[注釈 17]がある。, 「ウルトラマンジャック」という名前は『ウルトラマンタロウ』の企画段階における名前でもあった[27]。他にもかたおか徹治の漫画『ウルトラ兄弟物語』の「ウルトラ一族の大反乱編」(第1巻収録)に登場したウルトラの父の兄の名前も「ウルトラマンジャック」であるが、直接の関連性はない。, 歴代ウルトラヒーローの中でも例外的に変身アイテムを用いない[28]。郷が生命の危機に陥ったときに自然に変身することが多い。郷の頭上に十字状の光が降ってくると、それに呼応するように郷が右手または両手を斜め上に挙げ、変身するというパターンが基本であった。意識的に変身する場合は右手を高く掲げることが多い。中盤以降は郷の意思による変身も多く見られるようになる。, 第51話では郷とウルトラマンが分離することなく地球を去り、以降のウルトラシリーズ客演の際には完全に郷の意思で変身している。, 第18話でベムスターに苦戦するウルトラマンが、ウルトラセブンから授かった万能武器。普段は腕輪としてウルトラマンの左手首に装着されているが、ウルトラマンの脳波に反応して様々なアイテムに変形する[57]。スティック状[58]のナイフ・ウルトラスパークをはじめ、ブーメランや槍などの様々な形態に変化させて使用する(個々の説明は後述)。使用時は左肘を曲げてブレスレットを示し、右手でこれを掴んで外す動作が続き、変形させたり直接投げ付ける。一度に複数の用途には使用できず、第20話ではウルトラマンがそのジレンマに苦しむ様子も描かれた。時には武器としてだけでなく、湖を丸ごと蒸発させたり、惑星を丸ごと爆破したり、バラバラにされたウルトラマンの体を復元させるなどの能力も見せている。どの機能であれ、役目を果たすとウルトラマンの意思に呼応するかのように手元に戻る。第31話ではゼラン星人にコントロールされてウルトラマンに襲いかかったが、ゼラン星人が倒されてその制御が解けると再びウルトラマンの左手に収まった。, 第24話のキングストロン戦でウルトラブレスレットを外した直後に攻撃を受け地面に落としてしまう描写がある(後に拾い上げキングストロンに投げつける)。内山まもるの漫画版では、ベムスターにウルトラブレスレットを弾かれて地面に落とした際に必死に探す様子が見られた。, ウルトラマンが持つ最大最強の武器[59]であり、『A』第1話、第13話、第26話で他の兄弟が光線のポーズを取るのに対してウルトラブレスレットを外すポーズを取ったり、第14話でウルトラ4兄弟がエースキラーに各々の必殺技を奪われた際にも奪われたのはブレスレットだった。これらのシーンはブレスレットがウルトラマンの代表的な技であることを示している。その後の第2期ウルトラシリーズ客演時には『A』第26話で地球に降り立ったシーンではブレスレットを装着しておらず[注釈 24]、『レオ』第34話でタロウブレスレットを装着していたなど装着の状況が一定していないが、これは本作品の撮影終了時にスーツアクターの菊池に撮影用の小道具が記念に贈られ[60][注釈 25]、以降の撮影には使用されなくなったためで、ウルトラブレスレットを武器にするという設定自体は変わっていない。『ウルトラマンメビウス』の劇場版でも使用され、それ以降の劇場版で毎回使っている。また、PlayStation Portable専用ソフト『ウルトラマン Fighting Evolution 0』のストーリーモードのジャック編のプロローグにて「警備隊1のブレスレットの使い手」と解説されている。『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』では他の光の国の宇宙警備隊隊員も標準装備していることが描写された。, 美術スタッフの高橋昭彦によるものとされるが、高橋本人は否定している[66][注釈 27]。最初期のデザインは当時の円谷プロ営業課長だった末安正博が、初代ウルトラマンの商品化用三面図の模様にラインを描き加えたものだという[67]。最初のスーツはこのデザインに基づいて制作され、撮影も進行していた[注釈 28]。しかし、マーチャンダイジング的に弱いという判断から本作品の商品化権を取得したブルマァクの要望によりキャラクターを初代マンと明確に差別化する必要に迫られて末安によってラインどりを変更したデザインが描かれ、すでに撮影済みだった第1話の登場シーンも再撮影された[69][8]。, 基本的に初代ウルトラマンに準じた形状だが、身体の赤い模様を二重線で縁取っており、首から胸元[注釈 29]と腰から膝[注釈 30]までの模様が異なるのが大きな特徴である。また、銀色の質感も光沢のあるものであった[68]。中盤以降は、後頭部から背中にかけてのヒレが存在する[68]。, マスクは初代マンのCタイプから原型を取り[68][70][注釈 31]、開米プロダクションとヒルマモデルクラフトが制作した。商品化登録用の撮影の際に目の取り付け角などが変更され、初代マンやそれに準じた最初のスーツよりわずかに吊り目となっている[71]。目の裏側に透明エポキシ樹脂によって凹凸を作っている[60]。後頭部は番組開始当初では赤色で塗装されているが、番組後半では銀色で塗装されていることもあった。そのほか、スーツの個体差に由来する模様や形状の差異は多い。特に、『ウルトラマンタロウ』第52話へ客演した際には本作品で銀一色だった手袋が赤一色に変更されたため、後頭部と併せてオリジナルとは異質な姿となっていた。, 手足の継ぎ目を隠していた初代マンと異なり、手袋とブーツのすそが明確に露出している。これは撮影時のスーツの着脱の容易さを考慮したもので、『ウルトラセブン』撮影時の経験を生かしたものである。ブーツと手袋のファスナーの部分は、デザイン画の時点から赤いラインが入っている。中期から、左腕にウルトラブレスレットを装着する。, 『ウルトラマンタロウ』第52話客演時のみ手袋やブーツが赤色[注釈 32]になっており、これは仮面ライダー新2号を意識したものである[72]。また、『ウルトラマンタロウ』第33・34話や第52話では、胸の模様が本作品の第1話撮影時のNGに近い形状になっていた。, 1987年春から同年夏にかけ、明星食品のカップ麺『チャルメラ』のCMにサラリーマン姿のウルトラマンが登場した。設定上は初代ウルトラマンであるが、赤い首回りにワイシャツ姿は似合わないため、首回りが銀色である帰マンのスーツが使用されている。, 客演回数はセブンの次に多い[73]。『メビウス』以降の作品では、ウルトラ兄弟のなかでも伝説的存在である「ウルトラ6兄弟」の1人にカウントされている。, 郷の姿で登場した作品は◎、郷の姿で登場していないが団時朗が声を担当した作品は●を付記。, MAT(マット)とは Monster Attack Team すなわち「怪獣攻撃部隊」であり、対怪獣戦や怪事件捜査を主任務とする。国際平和機構の地球防衛庁に属し、本部はニューヨークに置かれ、世界各国に支部がある。また、宇宙ステーションも保有している。コールサインは「マットJ」。, 一般市民が町で隊員服を見かけてMATの活動を察知したり、子供たちが街中でマットビハイクルに群がったり、隊員と直接面識のない人物(第27話の沢村忠)からもMAT隊員として声をかけられたりするなど、MATの活動内容はかなりオープンになっている。, しかし、その一方で軍内部では組織的に弱い立場であるらしく、常にMATのことを快く思わない上層部や世論から解散の圧力をかけられることもたびたびあった。, 略称の「MAT」は英語表記としては意味をなさないが、その点について特に注釈はない。こうした略称の使用は以後のウルトラシリーズに登場する防衛チームに継承されている。, 実動部隊と後方支援部隊(通信・整備)からなり、少数精鋭主義を取っているため、隊員数は少ない。また実動部隊のヘルメットには額部分に番号が書かれている(1番が隊長)。, MAT日本支部は東京湾の海底に置かれている。内部には隊員たちが勤務する司令室を中心に、隊員たちのアパートや病院などの居住区、柔剣道場、ライドメカの格納庫や整備場が設けられ、アローやジャイロの発進ゲートは地上部に設置されており、エアシュートによって往来。, MATの作戦室は前期と後期に区別されており、前期は第1 - 36話までのモスグリーンの色で統一されたデザインで、後期は第37話から第51話のホワイトグレーの色で統一されたデザインに変更され、計器類・出入り口通路も同時に変更された。, 他に海岸沿いの地上発進口や地上オフィス(中央区神田錦二丁目・架空の場所)、レーダー基地がある。, 最終回で、隊員たちが出撃した隙を突かれ、バット星人に基地の原子炉を破壊され、ほとんどの施設の機能が麻痺してしまった。, 実動部隊の隊員服はオレンジ色が基調色で、胸に黒いV字型の模様が入るシンプルなデザイン。この部分は伊吹隊長のみ上部に細い線が入る[注釈 39]。高い耐熱、耐寒、耐久性を持つ。当初、池谷によって描かれたデザインは不使用となったが、後に『ファイヤーマン』のSAFの隊員服に流用され、高橋昭彦のデザインが採用された[85]。, 参考文献 - 『円谷プロ画報 (1)』(竹書房・2013年)p.212、213、『帰ってきたウルトラマン パーフェクトファイル』(講談社、2015年)p20-119, ※ムルチ[注釈 66]、ブラック星人、ストラ星人、グロテス星人、ケンタウルス星人、ズール星人については不明。, 本作品より主題歌とBGMを異なる作曲家が担当するという分業体制に入った。主題歌と挿入歌の作曲はすぎやまこういちが担当。「帰ってきたウルトラマン」と「MATチームの歌」をカップリングした団次郎の歌唱によるオリジナルバージョンは原盤権を持つ日本コロムビア(EP盤)と朝日ソノラマ(初版のソノシート)がリリース[注釈 70]。競作となる他のメーカーはカヴァー・ヴァージョンを収録した。, カヴァー・ヴァージョンには、子門真人・ヤング・フレッシュの共演とヤング・フレッシュ単独の2種(以上日本ビクター→ビクター音楽産業)、ボニー・ジャックス(キングレコード)、藤井健・ザ・ブレッスン・フォー(CBS・ソニー)、若子内悦郎(東芝音楽工業→東芝EMI)、外山浩爾(ゼール音楽事務所制作・朝日ソノラマ=再版のソノシートおよびソノラマレコード・東宝レコード他)、山形忠顕(テイチク)、三鷹淳(日本コロムビア)[注釈 71]によるものがある。なお、カヴァー・ヴァージョンにはカラオケ部分のみオリジナル音源を使用したもの(三鷹版、若子内版、山形版など)がある。, 『ウルトラマンレオ』第34話の劇中では、外山浩爾のカヴァー・バージョンが使われていた。, 「MATチームの歌」、「怪獣音頭」、コロムビアのオリジナル企画曲「怪獣ロック」など。いずれも作中では使用されていないが、放映当時の各種イベント会場で流された。「怪獣音頭」は『ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟』のラストで使用された他、歌詞を変更したものが『私が愛したウルトラセブン』で使用されたこともある。また、「MATチームの歌」には、朝日ソノラマ(EP盤)から発売された西田敏行 / 少年少女合唱団みずうみによるカヴァー・ヴァージョンが存在する。, 小学館が雑誌掲載の権利を持っており、小学館の各雑誌に漫画化作品が掲載されている。学習雑誌では巻頭カラー特集で、ウルトラマン、怪獣、MATに関する図解、画報が掲載された他、怪獣パノラマ、MATシュート(輪ゴム式)、MAT隊員手帳などの付録が付けられていた。また、読者向けにオリジナルバッジの有料頒布も行われている。, 『東宝チャンピオンまつり』にてテレビ版をベースにした作品が3シーズンにわたって公開された。, 筆箱、鞄、ズック靴、ハンカチ、水筒、弁当箱、茶碗、箸、スプーンなどの食器などに、ウルトラマンと怪獣、あるいはマットアローなどを配したイラストに番組ロゴを加えたデザインがあしらわれて商品化された。, Q OV - 初代マン(宇宙探検 - TVゲーム大冒険 - VS仮面ライダー - 怪獣伝説) - 平成セブン, ウルトラ作戦 - 初代マン(怪獣帝国の逆襲 - 出撃科特隊 - 91年版 - PS2版) - 倶楽部 - セブン - ウルトラ警備隊AC - ウルトラ警備隊MA - 闘魂伝説, コスモス(映画 - 映画2(新世紀伝説) - 映画3(新世紀03伝説)) - ネクスト 映画(ULTRAMAN) - メビウス 映画 - 超8兄弟, 列伝・新列伝(ゼロファイト - ギンガ - 大怪獣ラッシュ - ギンガS - ファイトビクトリー - X) - オーブ - ゼロ CHRONICLE(ファイトオーブ) - ジード - オーブ CHRONICLE - R/B - ニュージェネクロニクル - タイガ - クロニクル ZERO&GEED - Z, ゼロ THE MOVIE - サーガ - ギンガ(映画 - 映画2) - ギンガS 映画 - X 映画 - オーブ 映画 - ジード 映画 - R/B 映画 - タイガ 映画, ゼロ(OV1・OV2) - オーブ ORIGIN - ウルトラギャラクシーファイト.



カローラ ツーリング モデリスタ 最低地上高 14, 自家製 生ハム 食中毒 4, 分かり次第 教えてください 英語 4, B'full マスク 口コミ 10, バスケットゴール 修理 費用 22, ミラブル 頭皮 におい 48, ティターン ハイランダー マグナ 7, 中日辞典 第3版 中古 5, 支払明細書 テンプレート 無料 13, セレナ セカンドシート 取り外し 5, 金券ショップ 切手 購入 4, Skype 飲み会 人数 5, フラッシュバック 夏 サンプリング 13, 西城秀樹 子供 画像 13, 柔和 温和 違い 15, スロット ファフナー 甘い 8, 前田 大 然 吉本 6, ドラクエ8 3ds 攻略 4, ペンカフェ Id 確認方法 4, ファミリア 刺繍 内職 32, ミスタ 声優 ひどい 14, ペットボトル 車 おもちゃ 5, G コーポ ゲッツ板谷 9, 失恋ソング 女 最新 21, 走り幅跳び ルール 順位 19, ポケモン チーター モチーフ 11, 高橋優斗 野球 ジャニーズ 4, ソウォン 事件 その後 14, 嵐山 コンビ Bl小説 激 ピンク 58, パラビ ミラーリング できない 31, 二階堂 ふみ 歌ってる 9, ポケモン 視聴率 新シリーズ 5, 遠距離恋愛 プロポーズ タイミング 11, キラ メイジャー Ed 振付師 27, 指 英語 それぞれ 22, ムコ殿 12話 動画 4, トレチノイン ハイドロキノン 治療期間 41, 早稲田野球 監督 無能 35, ミキ 実家 金持ち 7, レモン ダンス 名前 5, タランチュラ 販売 大阪 12, おげんさんといっしょ 動画 フル 10, Yg性格検査 E型 芸能人 36, Jクラ 2020 選手 9, 叫び声 効果音 男 22, ガジェット 速報 まとめ 5, ミスミ Meviy 価格 9, 二ノ国 映画 大コケ 12, トワイライト ジャスパー 死 31, レスリー チャン 母親 31, グラスマ 5ch 現行 29, Amd 株価 見通し 6, Sway With Me 意味 15, テレワーク 報告書 書き方 12, Outlook メール 赤いビックリマーク 20, ヒロアカ 峰田 面白い 6, ティラノビルダー ティラノスクリプト 互換性 4, ラブシャッフル あらすじ 10話 6, 中井りか Showroom Youtube 19, Ark ドア枠 トラップ 4, Lol セト 声優 13, 益若つばさ 実家 埼玉 11, Bdxl 対応 プレーヤー 6, Ark 投石器 乗れない 25, グランメリア Hey Say Jump 歌割り 6, 飴 太る 顔 4, Mt5 Ea無料 おすすめ 47, スカイリム オーク 二刀流 9, 沖縄 公務員 飲酒 14, 根本美緒 4 人目 妊娠 40, 殺人 推理 ドラマ 7, ウェブ 小説家 収入 30, ジャニーズ事務所 就職 ファンクラブ 23,