【太宰治の謎】『人間失格』の主人公は大庭葉蔵ではない!客観的理由. BŒ´e‚É‚ ‚Á‚½ƒGƒsƒOƒ‰ƒt‚́Aq‚Ë‚±r‚ª—‚Å‚ ‚邱‚Æ‚Ì–TØ‚É‚È‚éBq‚Ë‚±r‚à—‚àqƒ_ƒ}ƒcƒe‹ƒŒƒo–¼ƒ’ŒÄƒuƒV^‹ßŠñƒcƒesƒPƒp“¦ƒQ‹Žƒ‹ƒmƒ_rB, ŽO“ú‚Ù‚Ç‚Ü‚Ö‚©‚çA‰©¨‚Ç‚«‚É‚È‚é‚ƈꑩ‚Ì‰Ô‚ðŽ‚Â‚Ä‚±‚±‚Ö“dŽÔ‚Å‚â‚‚ėˆ‚āA“Œ‹žŽs‚ÌŠÛ‚¢–äÍ‚É‚¶‚â‚ê‚‚¢‚Ä‚î‚éÂ“º‚Ì“‚Ž‚Žq‚̉º‚ŁAŽOŽlŽžŠÔ‚­‚ç‚î–ق‚ė§‚‚Ăî‚é‚Ì‚Å‚ ‚éB. 葉 太宰治. 撰 ( えら ) ... 「こんな樹の名を知っている? その葉は散るまで青いのだ。葉の裏だけがじりじり枯れて虫に食われているのだが、それをこっそりかくして置いて、散るまで青いふりをする。あの樹の名さえ判ったらねえ」 「死ぬ? 死ぬのか君は?」 ほんとうに死ぬかも知れない 現代の評価・再録 “家霊”探索者の運命―太宰治再考 / 磯田光一/p158~166, 現代の評価・再録 「道化」と「仮面」の双曲線―『人間失格』と『仮面の告白』をめぐって(抄) / 野口武彦/p175~183, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/7951503, https://dl.ndl.go.jp/titleThumb/info:ndljp/pid/7951503, 余白の削除などで一部分だけ印刷したい場合、または画像が薄すぎる、暗すぎる場合は、下の「詳細設定」をお試しください。.

All Rights Reserved.

Amazonで治, 太宰の晩年 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。治, 太宰作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また晩年 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。   Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。. 皆さんは、太宰治という作家にどのようなイメージを持つでしょうか?『人間失格』や自殺のインパクトが強いため、なんとなく暗いと考える人が多い... https://jun-bungaku.jp/wp-content/uploads/2020/06/png_file-2-e1593522396847.png, 「軒(のき)もる月」というのは聞きなれない単語ですが、「軒からもれる月明かり」という意味で、和歌によく詠み込まれたものです。 今回は、 …, 『杜子春』は、中国の唐~宋時代に書かれた小説がベースとなっています。ストーリーはほぼ同じですが、結末が童話風にアレンジされています。  …, 『トリプル』では、2人で付き合う「カップル」と3人で付き合う「トリプル」の間で揺れる主人公が描かれています。 今回は、村田沙耶香『トリ …, 『やまなし』は、教科書シェア50%を誇る光村図書の小学6年生の教科書で長年採用されている定番教材です。小学生の頃、「クラムボン」という謎すぎ …, 強気な姿勢に賛否両論あるものの、政治家として活躍した石原慎太郎の代表作です。彼を知らない人はいませんが、その作品を読んだことがあるという人は …, 『博士の愛した数式』は、第1回本屋大賞を受賞して映画化もされた作品です。英語版が出版され、海外でも愛されている作品です。 今回は、『博 …. 『葉』は太宰治の初期作品で、『晩年』という短編集に収められています。 作品はあまり知られていませんが、その冒頭は有名です。 実はこの作品、エッセイや短編小説のようなものの断片を、ただつなぎ合わせたもので、一つの物語ではありません。 ですので、読んでみて、「なんだこれ?」と思った方も多いかもしれませんね。 ここでは、この断片集の注目ポイントや読み方、作中の小篇『哀蚊(あわれが)』などに着目して、作品の解説をしていきます。それでは見ていきましょう。 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, こういうスタイルの文章はすきでないのはわかってたんですが、確認の意味で買ってみました、太宰やはり好きではないです。, 内容的には未だ未熟。新しい小説技術を意識しすぎていて、太宰の持ち味が活かされていない。, 「猿面冠者」を私は好きだ。書き出しが、まず、印象的だ。書き出しの数行で、その作品のよしあしを判断する傲岸不遜な男がいた。この作品の書き出しは、確か、そんなはずだった。, 太宰作品は暗いと勝手に決めつけていた。しかし、本書を読んでいる間、「フッ」と鼻から抜けるような笑いを何度かもらしてしまった。, 津軽の素封家に生まれた太宰はその事を誇りにしていたが、同時に長兄に頭が上がらない事でコンプレックスに悩んでいた。太宰が見つけた解法は"道化"であり、それは「人間失格」に詳しい。本作でも太宰自身が書いているように、何重もの仮面を被って慎重に書いている事が分かる。自らの悩みや恥を八割方晒して(本心は秘匿)、他人の評価を臆病な程気にし、その癖自分が作家として大成する事に掛けては自信満々なのである。この屈折した心理が、十代の青年の鬱々とした気分と共鳴し、信者とも呼べるファンを産む。私も十代の頃には太宰にハマッタものだが、太宰がこのデビュー作を遺作として書いた等と言うポーズに魅せられるのはせいぜい十代までであろう。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 太宰治『人間失格』における「幸福」 目次 序章 第一節 初めに 3 第二節 問題提起 4 第一章 女達との関わりから『人間失格』を論じた先行研究 7 第二章 葉蔵と女達① 第一節 葉蔵とツネ子 14 Copyright © 2011- National Diet Library.

太宰治(日語: 太宰 治 ,1909年6月19日-1948年6月13日),本名津島修治( 津島 修治 / つしま しゅうじ Tsushima Shūji ),生於日本青森縣、無賴派 小說家。. では、我らが、太宰治さんはどうでしょう。 「バカノ果。コヨヒ、七夕祭。 治。」 この句は、昭和11年7月7日に太宰治が書いた手紙の冒頭である。この歌は、よほど気に入ったらしく、同じ文面で小館善四郎と大鹿卓宛に書いている。 太宰治は、1939(昭和14)年9月から1948(昭和23)年6月まで三鷹で暮らし、「走れメロス」「斜陽」や「人間失格」など、珠玉の名作を数多く世に送り出しました。三鷹市は「太宰が生きたまち・三鷹」と銘打ち、太宰治顕彰事業を行っています。 太宰治『人間失格』における「幸福」 目次 序章 第一節 初めに 3 第二節 問題提起 4 第一章 女達との関わりから『人間失格』を論じた先行研究 7 第二章 葉蔵と女達① 第一節 葉蔵とツネ子 14 【太宰治】『人間失格』のあらすじ・内容解説・感想|名言付き yuka 2019年10月3日 / 2020年7月21日 夏目漱石の『こころ』と発行部数を競うほど、長年愛されている作品です。

後の巻号→, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/7951503/1, この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。>デジタル化資料のインターネット提供について「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。>遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く), *アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。

太宰 治(だざい おさむ、1909年〈明治42年〉6月19日 - 1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。. ←前の巻号

太宰治と風土―太宰治文学散歩 / 渡部芳紀 / p184~196 (0094.jp2) 太宰治・実生活の謎 / 長篠康一郎 / p198~206 (0101.jp2) 太宰治研究史 / 山内祥史 / p207~214 (0105.jp2) 『人間失格』の主人公 私はこのブログをまだ『人間失格』を読んだことのない人のことを思いながら書いています。 小説は内容は主人公の性格で決まります。

Amazonで太宰 治の葉。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。左翼活動での挫折後、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表。 芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。, 大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には、正賞として懐中時計、副賞として100万円が授与され、受賞作は『文藝春秋』に掲載される[1]。, 選考委員は、小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・平野啓一郎・堀江敏幸・松浦寿輝・山田詠美・吉田修一の9名(2020年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見と、その翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えに伴い、現在は帝国ホテルで行われている。, 1934年、菊池寛は『文藝春秋』4月号(直木三十五追悼号)に掲載された連載コラム「話の屑籠」にてこの年の2月に死去した直木三十五、1927年に死去した芥川龍之介の名を冠した新人賞の構想を「まだ定まってはいない」としつつ明らかにした。1924年に菊池が『文藝春秋』を創刊して以来、芥川は毎号巻頭に「侏儒の言葉」を掲載し直木もまた文壇ゴシップを寄せるなどして『文藝春秋』の発展に大きく寄与しており両賞の設立は菊池のこれらの友人に対する思いに端を発している。また『文学界』の編集者であった川崎竹一の回想によれば、1934年に文藝春秋社が発行していた『文藝通信』において川崎がゴンクール賞やノーベル賞など海外の文学賞を紹介したついでに日本でも権威のある文学賞を設立するべきだと書いた文章を菊池が読んだことも動機となっている[2]。このとき菊池は川崎に文藝春秋社内ですぐに準備委員会および選考委員会を作るよう要請し、川崎や永井龍男らによって準備が進められた。同年中、『文藝春秋』1935年1月号において「芥川・直木賞宣言」が発表され正式に両賞が設立された。設立当時から賞牌として懐中時計が贈られるとされており、当時の副賞は500円であった。芥川賞選考委員は芥川と親交があり、また文藝春秋とも関わりの深い作家として川端康成、佐藤春夫、山本有三、瀧井孝作ら11名があたることになった。, 芥川賞・直木賞は今でこそジャーナリズムに大きく取り上げられる賞となっているが設立当初は菊池が考えたほどには耳目を集めず、1935年の「話の屑籠」で菊池は「新聞などは、もっと大きく扱ってくれてもいいと思う」と不平をこぼしている[3]。1954年に受賞した吉行淳之介は、自身の受賞当時の芥川賞について「社会的話題にはならず、受賞者がにわかに忙しくなることはなかった」と述べており[4]、1955年に受賞した遠藤周作も、当時は「ショウではなくてほんとに賞だった」と話題性の低さを言い表している[5]。遠藤によれば、授賞式も新聞関係と文藝春秋社内の人間が10人ほど集まるだけのごく小規模なものだったという。転機となったのは1956年の石原慎太郎「太陽の季節」の受賞である[6]。作品のセンセーショナルな内容や学生作家であったことなどから大きな話題を呼び、受賞作がベストセラーとなっただけでなく「太陽族」という新語が生まれ石原の髪型を真似た「慎太郎カット」が流行するなど「慎太郎ブーム」と呼ばれる社会現象を巻き起こした[4]。これ以降芥川賞・直木賞はジャーナリズムに大きく取り上げられる賞となり1957年下半期に開高健、1958年上半期に大江健三郎が受賞した頃には新聞社だけでなくテレビ、ラジオ局からも取材が押し寄せ、また新作の掲載権をめぐって雑誌社が争うほどになっていた[7]。今日においても話題性の高さは変わらず特に受賞者が学生作家であるような場合にはジャーナリズムに大きく取り上げられ、受賞作はしばしばベストセラーとなっている。, (以下は『ダカーポ』2006年7月19日号掲載の「芥川賞・直木賞はこうして決定する」による。これは日本文学振興会スタッフ菊池夏樹への取材に基づくもの), 上半期には前年の12月からその年の5月、下半期には6月から11月の間に発表された作品を対象とする。候補作の絞込みは日本文学振興会から委託される形で、文藝春秋社員20名で構成される選考スタッフによって行なわれる。選考スタッフは5人ずつ4つの班に別れ各班に10日に1回ほどのペースで毎回3、4作ずつ作品が割り当てられる。スタッフは作品を読み、班会議でその班が推薦する作品を選ぶ。それから各班の推薦作品が持ち寄られて本会議を行いさらに作品を絞り込む。この班会議→本会議が6~7回ずつ計12~14回繰り返され、最終的に候補作5、6作を決定する。班会議、本会議ともにメンバーは各作品に○、△、×による採点をあらかじめ行い会議に臨む。, 最終候補作が決定した時点で候補者に受賞の意志があるか確認を行い、最終候補作を発表する。選考会は上半期は7月中旬、下半期は1月中旬に築地の料亭・新喜楽1階の座敷で行なわれる。選考会の司会は『文藝春秋』編集長が務める。選考委員はやはりあらかじめ候補作を○、△、×による採点で評価しておき、各委員が評価を披露した上で審議が行なわれる。, 芥川賞は対象となる作家を「無名あるいは新人作家」としており、特に初期には「その作家が新人と言えるかどうか」が選考委員の間でしばしば議論となった。戦中から戦後にかけて芥川賞が4年間中断していた時期に野間宏、中村真一郎、椎名麟三、梅崎春生、武田泰淳 、三島由紀夫ら「戦後派」と呼ばれる作家たちが登場して注目を浴びたが1949年の芥川賞復活後、彼らは新人ではないと見なされて候補に挙がることさえなかった。また島木健作や田宮虎彦、後述する井上光晴のように候補に挙がっても「無名とはいえない」という理由で選考からはずされることもしばしばあった。第23回(1950年上半期)に田宮が候補となったとき、坂口安吾は「芥川賞復活の時に、三島君まではすでに既成作家と認めて授賞しない、というのが既定の方針であったが、田宮君が授賞するとなると、三島君はむろんのこと、梅崎君でも武田君でも(中略)かく云う私も、候補に入れてもらわなければならない」と述べて反対している。他方、第5回(1937年上半期)に受賞した尾崎一雄は受賞時すでに新人とは言えないキャリアを持っていたが、「一般的には埋もれている」(瀧井孝作)と見なされて受賞に至っている[8]。第38回(1957年下半期)に開高健と競って僅差で落選した大江健三郎はその後の半年間にも次々と話題作を発表し、続く第39回(1958年上半期)でも候補となったが作品のレベルでは群を抜いていたにも関わらず新人といえるかどうかが議論の的となった[9]。大江の受賞が決定した時には、選考委員の佐藤春夫は「芥川賞は今日以後新人の登竜門ではなく、新進の地位を安定させる底荷のような賞と合点した」と皮肉を述べている。, 現在ではデビューして数年経ち、他の文学賞を複数受賞しているような作家が芥川賞を受賞することも珍しくなくなっている。近年ではデビューして10年たち伊藤整文学賞、毎日出版文化賞と権威ある賞を受けていた阿部和重が作家的地位も確立していた2004年下半期に芥川賞を受賞し「複雑な心境。新人に与えられる賞なので、手放しで喜んでいられない」とコメントした。, 芥川賞は短編・中編作品を対象としており長さに明確な規定があるわけではないが、概ね原稿用紙100枚から200枚程度の作品が候補に選ばれている。第1回の受賞者でありその後選考委員も務めた石川達三は対象となる作品の長さについて「せいぜい百五十枚までの短編」であるという見解を示したことがあるが、第51回(1964年上半期)受賞の柴田翔「されどわれらが日々―」は150枚を大幅に超える280枚の作品であった[10]。第50回(1963年下半期)芥川賞で井上光晴が「地の群れ」で候補に上がったときは、すでに無名作家でない上、作品が長すぎるという理由で選考からはずされたが、選考委員の石川淳は「いずれの理由も納得できない」と怒りを表明している[7]。また国際的にも評価の高い村上春樹は芥川賞を受賞していないが村上の場合は中篇作品で2度候補となった後、すぐに長編に移行したことが理由の一つに挙げられる[11]。, なお「作品の短さ」は本になったときに読みやすくまた値段も安くなることから、直木賞に比べて作品の売り上げが伸びやすい理由となっている[12]。300枚未満で連作ではないもの、何らかの雑誌で掲載済みのものならノミネートの対象になる[注釈 1]。, 純文学の新人賞として設けられている芥川賞であるが、大衆文学の賞として設けられている直木三十五賞(直木賞)との境界があいまいになることがしばしばある。第6回(1937年下半期)直木賞には純文学の作家として名をなしていた井伏鱒二が受賞しており、直木賞選考委員の久米正雄は「純文学として書かれたものだが、このくらいの名文は当然大衆文学の世界に持ち込まれなくてはならぬ」と述べている[13]。のちに社会派推理作家として一般に認知された松本清張は、「或る『小倉日記』伝」で1952年下半期に芥川賞を取っており、これはもともと直木賞の候補となっていたものだったが候補作の下読みをしていた永井龍男のアドヴァイスによって芥川賞に回されたものであった[14]。第46回(1961年下半期)の両賞では宇能鴻一郎が芥川賞を、伊藤桂一が直木賞をとり、このとき文芸評論家の平野謙は「芥川賞と直木賞が逆になったのではないかと錯覚する」と述べている[15]。同様の事態は第111回(1998年上半期)にも起こり、このときには私小説の作家であった車谷長吉が直木賞を、大衆文学の作家とみなされていた花村萬月、ハードボイルド調の作品を書いていた藤沢周が芥川賞を取ったことで話題となった。, 芥川賞に比べて直木賞のほうはある程度キャリアのある作家を対象としていることもあり、檀一雄、柴田錬三郎、山田詠美、角田光代、島本理生などのように芥川賞の候補になりながらその後直木賞を受賞した作家もいる。1950年代までは柴田錬三郎「デスマスク」(第25回・1951年上半期)、北川荘平「水の壁」(第39回・1958年上半期)など芥川賞と直木賞の両方で候補に挙がった作品もあった。, 賞のジャーナリスティックな性格はしばしば批判の的となるが、設立者の菊池自身は「むろん芥川賞・直木賞などは、半分は雑誌の宣伝にやっているのだ。そのことは最初から明言してある」(「話の屑籠」『文藝春秋』1935年10月号)とはっきりと商業的な性格があることを認めている。菊池は賞に公的な性格を与えるため1937年に財団法人日本文学振興会を創設し両賞をまかなわせるようになったが同会の財源は文藝春秋の寄付に拠っており、役員も主に文藝春秋の関係者が就任している(事務所も文藝春秋社内)[16]。また設立当初には選考委員に選ばれている作家の偏りが批判されたが、これに対し菊池は「芥川賞の委員が偏しているという非難をした人があるが、あれはあれでいいと思う。芥川賞はある意味では、芥川の遺風をどことなくほのめかすような、少なくとも純芸術風な作品に与えられるのが当然である(中略)プロレタリア文学の傑作のためには、小林多喜二賞といったものが創設されてよいのである」(「話の屑籠」『文藝春秋』1935年2月号)という見方を示している。, 文学賞に対する批判本『文学賞メッタ斬り!』を著した大森望、豊崎由美は現在の芥川賞の問題点として選考委員が「終身制」で顔ぶれがほとんど変わらないこと、選考委員が必ずしも現在の文学に通じている人物ではないこと、選考委員の数が多すぎて無難な作品が受賞しがちなこと、受賞作が文藝春秋の雑誌である『文学界』掲載作品に偏りがちであることなどを挙げている。また豊崎は改善策として選考委員の任期を4年程度に定め、選考委員の3分の1は文芸評論家にするなどの案を示している[17]。, 特に若年での受賞や学生作家の受賞は大きな話題となる。最年少記録は、1967年の丸山健二の記録が37年近く破られていなかったが、2004年の綿矢りさ、金原ひとみの同時受賞で大幅に更新された。, 第1回芥川賞では、デビューしたばかりの太宰治も候補となった。太宰は当時パビナール中毒症に悩んでおり薬品代の借金もあったため賞金500円を熱望していたが、結局受賞はしなかった。この時選考委員の一人だった川端康成は太宰について、「例へば、佐藤春夫氏は『逆行』よりも『道化の華』によつて作者太宰氏を代表したき意見であつた。(中略)そこに才華も見られ、なるほど『道化の華』の方が作者の生活や文学観を一杯に盛つてゐるが、私見によれば、作者目下の生活に嫌な雲ありて、才能の素直に発せざる憾みがあつた」と言ったことに対し[22]、太宰は『文藝通信』において以下のように反論した[注釈 3]。, この批判に対し川端も翌月に、「太宰氏は委員会の様子など知らぬというかも知れない。知らないならば尚更根も葉もない妄想や邪推はせぬがよい」と反駁して、石川達三の『蒼氓』と太宰の作の票が接近していたわけではなく、太宰を強く推す者もなかったとし[25]、「さう分れば、私が〈世間〉や〈金銭関係〉のために、選評で故意と太宰氏の悪口を書いたといふ、太宰氏の邪推も晴れざるを得ないだらう」と述べている[25]が、プライベートに関して人格攻撃をしたこと自体は後に謝罪した。その後、太宰は第3回の選考の前に、川端宛てに、「何卒私に与へて下さい」という書簡を出したり[26]、選考委員のなかで太宰の理解者であった佐藤春夫に何度も嘆願の手紙を送り第2回、第3回の候補になるべく『文藝春秋』に新作を送り続けたが、前回候補に挙がった作家や投票2票以下の作家は候補としないという当時の条件のために太宰は候補とならなかった[23]。川端はこの規定決定時に欠席しており、「この二つの条件には、多少問題がある」としている[27][23]。佐藤はこれらの経緯を『小説 芥川賞』と題して詳しく描いている。また、このとき太宰は『新潮』の誌面で、あたかも佐藤との間で受賞の密約を交わしていたかのようなアピールをしているが、佐藤には即座に否定されている。, 作品名は単行本タイトル。原則として発行部数は『ダカーポ』2006年7月19日号に基づくもので、単行本と文庫との総計。『蹴りたい背中』『火花』は単行本のみ。古い時代のものは正確な売り上げデータが残っておらず売り上げに計上されていないものもある。, ただし、石原の述懐によると受賞直後は「家に記者たちが押しかけているなどということもなかった」といい(小説『弟』の記述より)、授賞式の記念写真も15人程度のスタッフと撮影する(『我が人生の時の人々』に授賞式やその際の会食の写真が掲載されている)など前述の吉行や遠藤と大差ない状況であった。, 「文学賞大国ニッポン―両賞の位置は?」『ダカーポ』2006年7月19日号、34-35頁, 川端康成「芥川龍之介賞選評第一回昭和十年上半期」(文藝春秋 1935年9月号に掲載), http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/, 又吉さん「火花」20万部増刷、累計229万部 : ライフ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE), https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/06/0011420314.shtml, https://www.asahi.com/articles/ASN344RL0N34UCVL007.html?iref=comtop_list_nat_n04, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=芥川龍之介賞&oldid=80421651, 『ダカーポ』2006年7月19日号「特集・芥川賞、直木賞を徹底的に楽しむ」マガジンハウス.

「世界で最も売れている日本の小説」とも言われている『人間失格』。夏目漱石の『こころ』と発行部数を競うほど、長年愛されている作品です。, 『人間失格』は、1948年に雑誌『展望』で発表された太宰治の中編小説です。太宰が自殺をする1か月前に書き終えた作品です。実話ではなく創作ですが、太宰の実人生をなぞったような小説です。Kindle版は無料¥0で読むことができます。, 2019年には小栗旬さん・宮沢りえさん・沢尻エリカさん・二階堂ふみさんの豪華なキャストで映画化もされていて、依然として人気のある作品です。, 『人間失格』は、文藝春秋からも出版されています。『ダス・ゲマイネ』『走れメロス』を含む計11作品が収録されていて、読みごたえがあります。他にも多くの出版社から本が出ています。, 太宰治は、坂口安吾(さかぐち あんご)、伊藤整(いとう せい)と同じ「無頼派」に属する作家です。前期・中期・後期で作風が異なり、特に中期の自由で明るい雰囲気は、前期・後期とは一線を画しています。, 実家がお金持ちだった太宰は、成長するにつれて地主の家の子であることに後ろめたさを感じるようになります。そして社会主義の運動をするも挫折し、その心の弱さから自殺未遂を繰り返しました。, 葉蔵は、幼い頃から人間の存在が理解できなかったり、人間に対して恐怖を覚えていました。そこで葉蔵は、おどけることで周りに上手く溶け込む術を身に付けます。上京した葉蔵は、友人からさまざまな遊びを教えられて堕落し、勘当されてしまいました。, その後、葉蔵はますます落ちぶれていき、酒やたばこにとどまらず薬物にも手を出すようになってしまいます。, 人の気持ちを理解することができない男。その得体のしれない恐怖と、誰にも相談できない孤独を感じながら生きている。, この先、太宰治『人間失格』の内容を冒頭から結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください。, 『人間失格』は、葉蔵を知らない第三者「私」が、葉蔵が残した手記を読むという構成です。「はしがき」と「あとがき」はこの「私」によるもので、「第1、第2、第3の手記」は葉蔵によるものです。, はしがきでは、第三者が葉蔵の写真を見た写真の印象が語られます。1枚目は幼少期のもので、かわいらしさのなかに薄気味悪いものが感じられる不思議な表情の写真です。2枚目は、恐ろしく美貌の学生時代の写真ですが、生きている感じのしない気味の悪い写真です。, そして最後の1枚は、頭に白髪が見えますが、何歳なのかさっぱりとわからない写真です。, 葉蔵は、幼い頃から他人が何を考えているのか理解できませんでした。顔色をうかがうことでしか相手の気持ちを理解する手段がありません。彼にとって、人間は理解しえない恐ろしい生き物でした。, 「なぜ皆、実は欺きあっているのに表面上は傷ついてないよう、明るく振舞っているのだろうか?」と感じ、自分がそう考えていることはおかしいことなのではないかと悩みます。そう考えてしまう葉蔵は、ますます自分を孤独と感じながら、やがて中学校へ上がります。, 彼はその恐怖を消し去って人に好かれるために、自分を偽って他人を笑わせるお調子者として生きてきました。彼はそれが演技だと皆に知られることを何よりも恐れて、誰にも理解されない孤独を感じながら成長します。, 高等学校に進んだ葉蔵は、酒や煙草、左翼思想にのめり込みます。そうしている間は、恐怖がおさまるからです。, しかし学校に行っていないことが故郷の親に知られて仕送りがなくなり、遊ぶお金も無くなったため、葉蔵は出会ったばかりのツネ子と入水自殺未遂をします。ツネ子は亡くなり、葉蔵は助かりました。, その後、葉蔵は父の知り合いのヒラメに引き取られます。その時、葉蔵は漫画を描いて生計を立て始めるのですが、出版社で働くシヅ子と出会い、2人は同棲し始めます。, しかし葉蔵は、シングルマザーのシヅ子とその娘のシゲ子のささやかな幸福に押しつぶされそうになり、逃げてしまいました。自分がその幸せを壊してしまうのではないかと思ったからです。, その後は、汚れを知らないタバコ屋のヨシ子の純粋さに惹かれ、彼女と一緒に住み始めます。酒を止めて幸福な生活を送っていた葉蔵ですが、ある事件をきっかけに一変してしまいます。, ヨシ子が、家を出入りしていた商人に犯されてしまったのです。葉蔵は、人を疑うことを知らない純粋無垢なヨシ子に惹かれていましてが、それが汚されてしまいました。, 「神に問う。無抵抗は罪なりや?」と、葉蔵は信じていたものが壊されて失望してしまいます。そのショックで、葉蔵はまた酒に逃げてしまいます。, 身体が不自由な薬屋の奥さんと知り合った葉蔵は、酒の代わりに薬物に溺れるようになっていきます。中毒になり、自分でもどうしようもなくなった葉蔵は再び自殺を考えます。, しかし、決行前にヒラメに精神病院へと連れていかれました。葉蔵は当初、療養所に行くのだと思っていました。, しかし、他人から精神病院に行くような狂人だと思われていたことに深く傷つき、自分は「人間失格」だと悟ります。(これには、実際に太宰が精神病院に送られた時のショックや絶望などの経験が深く関わっています), 死ぬに死ねず、夢も希望も、不幸も幸福も無い人生を振り返って、「毎年1歳年を取っている」という当たり前のことを悟り、葉蔵の物語は終わります。, 語り手は再び「私」に戻ります。そこで葉蔵の過去を知るマダムに話を聞くと、「私たちの知っている葉ちゃんは、とても素直で、よく気がきいて、あれでお酒さえ飲まなければ、いいえ、飲んでも、……神様みたいないい子でした」と言いました。, 葉蔵は、思考と行動に大きなギャップがあります。彼は至って冷静なのですが、酒や煙草、女遊びに薬物と、やっていることが常軌を逸しています。だからこそ、その行動を見た人は葉蔵を精神異常者だと思います。, ですが、葉蔵はそれが悪いことだと分かっています。分かっているのに、やってしまうという苦しさが、葉蔵を悩ませているのです。, また、孤独な葉蔵は誰かに気持ちを理解してもらうことを考えません。自分ひとりで抱え込んだ苦しさを誤魔化すために、快楽を求めて堕落するという悪循環に陥ってしまうのです。, だからこそ、誰かに相談していればこれほど堕ちることもなかったのではないのでしょうか。, 葉蔵はなるべくしてなった廃人というよりも、環境のせいもあってなってしまった廃人と言うことができます。, 葉蔵は、人の懐に入るのが実にうまい人です。特に小説に登場する女性は、おどける葉蔵が何か問題を抱えていることを見抜きます。そして心を許しているようで決して許さないミステリアスな葉蔵に、多くの女性は魅了されていきます。, それに加え「おそろしく美貌」な葉蔵は、近づきやすさと、それなのに決して他人が踏み込む事を許さない鋼の心と、弱さを武器に女性を惹きつけます。遊びに溺れるどうしようもない葉蔵に、彼女らはなぜか母性本能を掻き立てられるのです。, なぜかそういう人を放っておけなかったりする女性は、作中の女性たちがほいほい葉蔵のものになってしまう心理に強く同意できると思います。, ヨシ子が汚されたあとの葉蔵の言葉です。結局、薬屋の奥さんと関係を持ってしまうのでこの言葉はウソになりますが、追い詰められた葉蔵の切実な気持ちが伝わってくる文章です。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 本が大好きな女子大生です。 図書館にこもって貪るように絵本を読んだ幼稚園児時代、学校の図書室の本を全制覇することを目標にした小学生時代を過ごし、立派な本の虫になりました。.



パワプロアプリ 彼女 なんj 28, ザバス ソイプロテイン 女性 効果 4, 日本 貧乏 なんj 15, スズメガ 蛹 土 23, Jis Q 27002 脅威 5, ガラスの仮面 二次小説 真澄 マヤ 7, Life シソンヌ ムロ 待ち 16, Anaクラウンプラザホテル大阪 プレミアムクラブフロア ブ� 14, 市原隼人 愛用 ブランド 18, Pso2 エトワール ユニット 58, 金サワ 489系 編成表 8, 最適化 アルゴリズム Python 9, Going To 否定文 7, 香水 女性キー カラオケ 17, テレワーク セキュリティガイドライン 雛形 11, エルト ライト 剣盾 6, ど 漢字 名前 12, カルテット 最終回 ネタバレ 12, Atem Mini Pro 違い 4, 弘中 綾香 プリ 画像 7, ソコ ライム トニック 4, Youtube 邦画 時代劇 24, スクーター スマホ ホルダー 自作 5, 成瀬 なんj オリックス 4, 三浦春馬 キンキーブーツ Fns歌謡祭 25, 女子ボクシング 階級 身長 15, 国家試験 カット ヘムライン 19, ヤッターマン 映画 動画 4, 初恋 結婚 離婚 5, スポーツ選手 セカンドキャリア 論文 23, 伊藤蘭 身長 体重 8, 私の幸せな結婚 漫画 ネタバレ 19, 講義 要旨 書き方 9, 愛していると言ってくれ 最終回 その後 7, 中級 英語 カタカナ 9, 弱虫ペダル 巻島 その後 36, Twice ダヒョン 画像 39, タバコ 未成年 警察 10, 書斎 夏 暑い 9, Pubgモバイル 海外版 違い 11, ウルトラマン ジャスティス 女 7, 虎よ 虎よ 英語 6, マーク ギルダー クロスレイズ 6, プロミス Cm 監督役 田中健 21, ドラフト 選択 順 8, Tern Verge P10 中古 36, Angel Beats(ゲーム 打ち切り) 5, Jd Dr360 取り付け方法 21, コール オブ デューティ ウォーゾーン 攻略 16, ビリギャル 本 あらすじ 58, 想像力 創造力 違い 5, Pso2 キャンペーン まとめ 4, 北堀江 パン屋 オープン 6, 深澤辰哉 ピアス リング 7, やりすぎ 都市伝説2019 年末 動画 26, 永作博美 白髪 おしゃれイズム 52, 伯備線 やくも 停車駅 4, 犬 ベッド ニトリ 15, セブンティーン 表紙 最多 15, 加藤純一 世界 記録 5, プリティーリズム レインボーライブ 恋愛 5, 太田 松之丞 ラジオ 18, ヤクルト 投手コーチ 無能 4, にんにく 保存方法 新聞紙 7, くじら 結婚 何と 13, 斎藤一 薄桜鬼 スチル 11, ヴィーガンスイーツ 東京 手土産 8, 除湿 英語 略 4, ディストーション 粒 細かい 16, モンスターズインク ロゴ 作成 49, ピタゴラスイッチ 仕掛け 作り方 29, シャーロック シーズン5 Nhk 5, Wish 韓国 服 42, 桜井和寿 兄 終わりなき旅 16, エフェクター オーバードライブ おすすめ 6, 足が小さい 男 性格 58, Katze ドイツ語 複数形 39, クレー射撃 体験 東京 26, 救世主 日本人 名前 8, 雲霧仁左衛門 動画 パンドラ 17, サガン鳥栖 ドリパス 返金 44, メギド スコルベノト 声優 4, こんな夜更けにバナナかよ ロケ地 病院 8, 勝野 雅 奈恵 痩せ た 10, ビーチボーイズ Forever 歌詞 5, 東川口駅 ロータリー 停車 14, ドラゴンボール カカロット 必殺技 おすすめ 7,