あんみつ 「先生、源平の起こりと、院政の開始・・・これで保元の乱の対立軸というか、時代背景が整理できました。これらの要素がクロスして、乱に発展するんですね」       ・竹内理三 「日本の歴史6 武士の登場」  ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.  ぜんざい 「これで源氏はほぼ壊滅・・・そののち平 清盛を棟梁とする平家が、朝廷に入り込んで政治面でも主役に躍り出るのは知ってのとおりだ。今までみてきたように、摂関政治が終焉し、院政に移行したことで、受領・中小貴族層が中央権力と直結したのがひとつ」  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。. しかし、元々この両家の棟梁(とうりょう:一族を支える重要人物のこと)である源義朝と平清盛は協力して乱を鎮圧していました。, 今回はそんな協力した『保元(ほうげん)の乱』について簡単にわかりやすく解説していきます。, 保元の乱とは、平安時代の末期の1156年に起きた崇徳上皇と後白河天皇と藤原摂関家の間で起こった内乱のことです。, この内乱によって武士の地位が上昇し、のちに武家社会となる下地が作られていくようになっていきました。, 保元の乱が起こる前、日本では院政という治天の君と呼ばれた上皇や法皇などが天皇に変わって政治を動かしていくような政治を行なっていました。, ちなみに当時の治天の君は鳥羽法皇という人で、この人は崇徳天皇・近衛天皇・後白河天皇の代で院政を行なっていました。, この崇徳上皇という人は鳥羽法皇にかなり冷遇されていたそうで鳥羽法皇が崩御した時にはさぞルンルン気分だったことでしょう。, 「これで自分も鳥羽法皇や白河法皇みたいに院政をすることができる!」こうして崇徳上皇も院政を行なっていく...とは残念ながらありませんでした、この崇徳上皇の野望は当時即位していた後白河天皇の立場によってあっけなく崩されていくようになります。, つまり崇徳上皇が院政を行うにはまず後白河天皇をどうにかして退位に追い込まなければならず、これがのちの対立につながっていくようになります。, 崇徳上皇と後白河天皇が対立している中、その下にいる有力貴族である藤原摂関家でも揉め事が起こり始めます。, この頃藤原家はとんでもなく落ち目の時代であり、後三条天皇の代から始まり、白河法皇の院政が始まると政治の実権が失われ始めていました。, 当時白河法皇の皇后だったのは藤原忠実の娘ということがあり、どんどん藤原摂関家が巻き返していきます。, 当時関白であった藤原忠通は息子がいないという理由で関白の位を弟であり、左大臣であった藤原頼長に譲ることにします。, しかし、日本史お決まりのパターンがここで発動。なんと関白を譲ると決めた瞬間に忠通に息子が誕生してしまったのです。, こうなると事情が変わってしまうのが頼長。このままではせっかく掴みかけた関白が息子に渡ってしまってどうにもならなくなってしまう。父である忠実としても気持ちは一緒です。, 保元の乱における崇徳上皇側の要人は藤原頼長を始め源為義、源頼賢、源為朝、平忠正など戦自慢の人ばかり。, 特に源為朝は人が引けないような弓をいとも簡単に引けてしまう弓の使い手としても知られており、この人がつくことは崇徳上皇側としては大きなアドバンテージとなります。, 一方の後白河天皇側の要人は藤原忠通を始め、藤原信西、平清盛、源義朝など当時の源氏と平氏のリーダーばかり。, 特に平清盛はこの当時日の出を見るぐらいのスピード出世を果たしており、有望株となっています。, こうして始まることになった保元の乱。しかし、この戦は最初から勝敗は決まっているようなものでした。, そもそも当時の天皇は後白河天皇。さらに院政も行われていないので政治の実権も天皇側にあります。, さらに源氏と平氏の差も酷いものでいくら崇徳上皇の方に戦自慢の人が集まっても後白河天皇の方に武士の棟梁2人がいればお話になりません。こうなると崇徳上皇が一発逆転する方法はただ一つしかありません。, もちろん戦自慢の人である源為朝はこのことを十分理解していたため、藤原頼長に対してこの奇襲案を提案しますが、頼長は「皇族間の戦いで奇襲攻撃という卑怯な手段を取るべきではない」とこの提案を拒否。, 源為朝は「あっちは武士の棟梁の義朝と平清盛がいるのだぞ!絶対に奇襲を仕掛けてくる!」と懸命に説得しますが、頼長の気持ちは変わらず為朝は激怒して会議の場から離れたと言われています。, 源為朝は絶対に後白河天皇側から奇襲が来ると予測していましたが、この予測は大当たり。, こうして保元の乱は盛大な背景があったにもかかわらず、わずか1日で終結するなんとも悲しい結果で後白河天皇の勝利で終わりました。, 負けてしまった崇徳上皇は仁和寺に逃亡して身を潜めますが、あっさりバレてしまい即逮捕。, 崇徳上皇側についた藤原頼長はなんとか京都を脱出して父の忠実がいる奈良へと向かいますが、さすがの忠実も戦に負けてしまった人を受け入れるわけにもいかず、最愛の息子にもかかわらず忠実は頼長を受け入れることはありませんでした。, こうして頼りの綱をなくした頼長はその後保元の乱の傷が元で死亡。藤原摂関家はその後再び没落していきます。, この結果一番権力を握ったのは源氏でもなく、平氏でもなく、さらには後白河天皇でもなく、藤原信西という人でした。, この藤原信西という人は藤原氏とは言っても奈良時代に没落した藤原南家出身の人でかねてより藤原摂関家のことを嫌っていました。, しかしその度がかなり過ぎており、信西は自分の親族でもあった平氏をどんどん出世していくのに対して、同じ働きを見せた源氏を冷遇していきます。, この差がのちに源氏と平氏の対立に繋がっていき、そして保元の乱以上の内乱である平治の乱が起きることになるのです。, ✔ 崇徳上皇には源為朝などの戦が得意な武士がいて、その一方で後白河天皇には源義朝や平清盛などの武家の棟梁がついた。, ✔ 戦後は藤原信西が権力を握り、戦後処理で源氏と平氏のとの差が生まれこれが平治の乱につながっていった。. 保元の乱を終えて 〜 暗躍する美福門院 〜 平治の乱は、1156年に起きた保元の乱 と密接に関連しています。というわけで、まずは保元の乱について簡単に説明しておきます。詳しくは以下の記事を合わせて読んでみてくださいね。          平 清盛    平家    平 忠正  あんみつ 「学者であり、政治的な寝技も巧みな信西には、敵も多かったことでしょう」  今回もゼミの担任・ぜんざい教授の教えを受けて、武士 と呼ばれる存在がいかにして歴史に登場し、中世・近世の主役になっていったのか、を探ります。

 あんみつ 「子どもだけどホントは叔父、というわけで、鳥羽は崇徳を 叔父子 と呼んで嫌ってたとか」, ぜんざい 「だから、崇徳が自身の後継者になるのが許せなかった鳥羽は、崇徳を退位させると 得子 という愛妃の子を立てて(近衛天皇)、崇徳が院を開設できないようにした」 平治の乱、保元の乱、平将門の乱、藤原純友の乱、東北地方の争乱、源平の争乱は、そいれぞれ何年に起きて、 どんなものかを簡単に教えてください。 あと源平の争乱はなんて読むんですか?  あんみつ 「そういえば、将門のように戦闘途中で討死したケースを除くと、投降のあと死罪になったのは・・・あ、薬子の乱(弘仁元年〔810〕) までさかのぼらないと、ないんだ」  ぜんざい 「もともと天皇家に近い平家と、摂関家に近い源氏という立場の違いだったせいだ。摂関家の荘園を没収した張本人は信西で、彼の狙いは摂関家の武力を奪うため、源氏を潰すことだったのさ」  あんみつ 「その抗争・・・保元の乱は七月十日未明に起こります。源平が二分したように思われてますけど、よくみると後白河側が圧倒的に優位ですよね」 :*・゚ ゚・:,。゚・:,。★  あんみつ 「久寿二年(1155)、近衛天皇が早世すると、皇位をついだのは崇徳の弟・後白河天皇。院開設の見込みがなくなったことで、崇徳の失意は相当なものだったでしょう」 へヴィーメタル、日本史、WWE、NBA、フォーク&ニューミュージック・・・。大好きなもろもろを、楽しく語ります。, *10月11日付記事 の続きです。  ぜんざい 「あ、その前に・・・この時期の基本史料としては、関白 藤原忠通の家司・平 信範の日記 『兵範記』 や、鎌倉前期に書かれた慈円の 『愚管抄』、藤原頼長の日記 『台記』 が第一級だから、それらに沿って話をするよ。鳥羽法皇の后であった 璋子(待賢門院)という女性は実は白河法皇の愛人であり、崇徳天皇は形式上、鳥羽の皇子であったが実父は白河だった」

へヴィーメタル、日本史、WWE、NBA、フォーク&ニューミュージック・・・。大好きなもろもろを、楽しく語ります。, *10月6日付記事 の続きです。  R大学文学部史学科のあんみつ君は、今月の教育実習を控え、指導範囲の平安時代後期をおさらいしています。 !戦いが起こった背景や経過・その後など2019.4.10 一般に「源平合戦」と呼ばれる一連の戦いは正確には「治承・寿永の乱」といい、長年しのぎを削ってきた桓武平氏と清和源氏とが決着をつけることになった戦いことです。   一連の戦いは40ほどに及びますが、以仁王の令旨に最初に呼応したのが源頼朝であり、その頼朝が挙兵したのが石橋山の戦いです。 また、最後... こののち頼朝は房総半島の豪族や反平氏勢力を味方にして関東で大勢力をつくりあげ、同年10月に平氏の追討軍と駿河国富士川で対峙します。. 保元の乱と平治の乱の違いは? 保元の乱と平治の乱。 それぞれほとんど同じ時期に起こり、そして同じく武士階級の台頭を許してしまうことになる重要な内乱であったため、この二つの内乱はごっちゃにしてしまう人も多くいると思います。  あんみつ 「そして、直接的な戦闘力を持つ武士団が貴人の権力争いの切札になったことで、朝廷と同等以上の実力があることを彼らが自覚しました」  ぜんざい 「そう。だが源平とも、氏族を挙げてどちらかについたわけでは決してなく、それぞれ仕えていた貴人の人間関係に引っ張られた面が大きい。源氏は義朝だけが父・為義と距離を置き、鳥羽院と接点を持っていたため、後白河に召しだされたんだ」  あんみつ 「当年19歳の、義平の奮戦は有名ですね。近年はそうでもないかも知れないけど(笑)。戦い敗れた義朝は東国に落ち延びる途中、尾張の野間で家人に裏切られて討たれます。義平は京都に潜んで清盛を狙っていたところ、捕縛されて斬られたと言われますね」       ・高橋昌明 「武士の成立 武士像の創出」  本日はいよいよ最後の 平治の乱 のおはなし。 【石橋山の戦いとは】簡単にわかりやすく解説! 【富士川の戦いとは】わかりやすく解説!  あんみつ 「はい。なんとか細かいところを生徒に突っ込まれても、答えられそう(笑)」

平安時代に名を挙げた有名な武士といえば平氏と源氏です。彼らは朝廷との関係を深めて台頭し、やがて政治の実権を握っていきました。この両氏の戦いとして有名なのが「保元の乱」と「平治の乱」です。この二つの戦いは一つにくくられることもあるので、混乱する人もいるでしょう。 これらの家督争いは、1156年7月2日に権力者だった鳥羽法皇が亡くなることで一気に表面化することになります。 鳥羽法皇は後白河天皇の父として院政を敷いていました。しかし鳥羽法皇が亡くなることで、崇徳上皇にも息子を天皇即位させる可能性が再び浮上しました。 摂関家でも藤原忠実・頼長は鳥羽法皇の支援を受けていました。それが鳥羽法皇の崩御により消失。逆に藤原忠通は後白河天皇に接近し、忠実・頼長ペアの失 …  あんみつ 「もうひとりは、藤原信頼ですね。彼はいわゆる寵童上がり・・・後白河の 衆道 のお相手です(笑)」 平治の乱(前半)・・・信西 しんぜいvs 藤原信頼のぶより(後白河派)&二条にじょう派 2.

 ぜんざい 「藤原頼長は、合戦のさなかに受けた矢傷がもとで4日後に死んだ。上皇側はみんな、まことに悲惨な最期を遂げたんだが、注目すべきは、この厳しい処刑は異例なことであった点だ。平安時代は重罪人であっても、死罪にはしなかったからね」  ぜんざい 「摂関家は没落したんで、この乱の主役は院の近臣だ。後白河はわずか3年あまりで皇位を退き、院政を開始する。そこにふたりの有力な近臣があった。ひとりは信西(しんぜい)入道。藤原通憲という中級貴族であったころ、当代最高の学者として尊敬され、また恐れられた人物だ」       ・福田豊彦 編 「中世を考える・いくさ」 !背景や経過・結果・その後など2019.3.16 人間って偉大な成功をするとなんか鼻が高くなって天狗になってしまうことが多々あるんですよね。 歴史というのはそんな天狗になった人がすぐに凋落することが多々あり、今回解説する源義仲もそんな天狗になってしまった人の1人だっだのです。 今回はそんな源平合戦の転換点でもあり、源義仲が天狗になってしまった... 畿内の武士や寺社は平氏に反旗を翻し、同年7月には平氏一門は京都から追い落とされることになりました。, 政治的配慮に欠ける義仲は朝廷から反感を買うなど反平氏盛力の掌握に失敗すると、頼朝に上洛を求める声が大きくなります。, 頼朝が東国の軍勢を率いて上京すると、義仲は離反者も多く1184年1月に戦死します。, しかし、後白河法皇が平氏追討の院宣(いんぜん)を頼朝に与えると、頼朝は平氏の拠点である摂津国で平氏を討ちます。(一ノ谷の戦い), こののち、長門国壇ノ浦に追い詰めると、1185年3月、ついに平氏一門は安徳天皇とともに海中に没します。, ✔ 保元の乱と平治の乱は、朝廷の内部対立に武士が加わった争いのこと。源平合戦とは、平氏政権に対する6年にわたる大規模な反乱のこと。, ✔ 院政が始まった頃から朝廷は武士を利用して院の権力を強化したが、保元の乱と平治の乱になると朝廷内の対立が武士の力で解決されることが明らかとなった。, ✔ 源平合戦は、結果的に政治の実権が平氏から源氏に移った戦いとなり、武士がの世が定着することとなった。.  あんみつ 「先生、保元の乱で勝利した後白河天皇は崇徳上皇を讃岐に流すと、崇徳側の武士の処刑を命じます。平 清盛 も 源 義朝 も同族を斬罪にしたわけですが、とくに実父・為義まで処刑した義朝は、心中虚しかったでしょうね」 平治物語.

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.  ぜんざい 「藤原忠実は摂関家の勢いを盛り返すべく、一族に分割して細々としてしまった荘園を、一括管理することにした。もちろん家来だった源氏の武力を使って強引にね。それに反対した忠通との不和が高じるんだが、鳥羽の信任は、得子が同情していた忠通にあったんだ」  あんみつ 「結果、後白河天皇側が勝利しましたが、朝廷の権力争いに武士の兵力が介入したのは史上初のことですから、歴史的意義が深い事件なのはよくわかります」  ぜんざい 「『保元物語』 は誇張・潤色が多いから、すべてそのまま信じるには足りないが、少し時代が下る武士たちのあいだで、伝説の人物になっていたのは事実だ。保元の乱で、為朝が相当奮戦したのはたしかだろうね」 !戦いまでの流れや経過・その後など2019.5.7 平安末期に行われた源平の争乱の中でも、面白いエピソードが記憶に残る戦い「富士川の戦い」。 実はこの戦いは争乱の大きな分岐点となった重要な出来事でもあります。 今回は、この『富士川の戦い』について簡単にわかりやすく解説していきます。 富士川の戦いとは? (富士川 出典:Wikipedia) ... 養和の飢饉などで小康状態となりますが、1183年に平氏は北陸の反乱軍に向けて大軍を派遣。加賀と越中の国境付近で源義仲が迎え討ち撃破します。(倶利伽羅峠の戦い). 今回は1159年に起こった平治の乱へいじのらんについて、丁寧にわかりやすく解説していきます!, 平治の乱は、1156年に起きた保元の乱と密接に関連しています。というわけで、まずは保元の乱について簡単に説明しておきます。詳しくは以下の記事を合わせて読んでみてくださいね。, 保元の乱は、皇位継承を崇徳天皇すとくてんのうルートにするか後白河天皇ごしらかわてんのうルートにするか・・・をめぐって争われた戦いでした。, 下の系図の鳥羽天皇から分かれている75代・77代の部分です。(76代の近衛天皇このえてんのうは早世しているため対象外), 結論を先に言うと、保元の乱は後白河天皇側の勝利に終わり、後白河天皇→二条天皇というルートがほぼ確定しました。, 当時、亡き鳥羽上皇の妃だった藤原得子ふじわらのなりこが裏で強大な影響力を持っていました。鳥羽上皇の遺産を受け継ぎ、広大な荘園と富を手に入れていたからです。藤原得子は別名「美福門院びふくもんいん」と呼ばれ、この記事では美福門院で統一します。, 美福門院は守仁親王もりひとしんのう(後の二条天皇)を養子としており、何としても守仁親王を即位させようと考えていました。, ところが、守仁親王には父(後白河天皇)がいます。父を差し置いて子だけ天皇になるなど、男系血族に重きを置く日本の天皇制度においては前代未聞・・・というわけで、まずは後白河天皇を即位させることにしました。これが1155年(保元の乱の一年前)の出来事。, つまり、後白河天皇の即位は二条天皇が即位するおまけみたいな扱いだったので、誰も後白河天皇に期待をしていません。好んで後白河天皇を支持していたのは後白河天皇の乳母を嫁に持っていた信西ぐらいなものでした。, 信西にとっては、後白河が院政をしなくなれば政治的な立場が失われてしまうので、簡単に美福門院の言うことを聞くわけにはいきません。・・・が、両者の間で秘密会合が行われ、信西が美福門院の案を受け入れます。(どんな話し合いが行われたかは不明), 二条天皇の即位を受けて、何も知らない人々は今後の政治のあり方について大きく以下の2つ派閥に分かれることとなります。, 後白河上皇の院政を望むグループ。元々、後白河上皇と親密な関係にあった者の多くはこちらの属します。グループの中心にいたのは信西。, 有利な立場に立っていたのは後白河上皇院政派。頭脳明晰だった信西が着実に権力を掌握していきます。, 二条天皇親政派にとって信西は邪魔な存在でした。しかし、後白河上皇院政派の中でも「低い身分のくせに偉そうにしやがって・・・!」と信西に不満を持つグループが形成されました。, さらに、1・2のグループは「信西排除」で利害が一致したため一時的に協力関係を結び、信西を追放する計画を立て始めました。これが平治の乱へとつながっていきます。, 1159年12月、「後白河上皇院政派だけど反信西派」の代表格だった藤原信頼ふじわらののぶよりという人物が源義朝みなもとのよしともと協力し、信西を襲撃しました。, 藤原信頼は、後白河上皇の院近臣いんのきんしんとして活躍した人物です。後白河上皇との男色関係を通じて、重用され出世したと言われており、政治能力自体は皆無でいわゆる「無能」だった・・・と言われています。(本当かどうかは謎), 藤原信頼は、後白河上皇との親密な関係を利用して自分の有利に人事や政治を操りたい!と考えますが、それには権力者の信西は邪魔です。, しかし信西を排除しようにも、信西のバックには平氏の武士たちがついています。藤原信頼だけで対抗するのは不可能。そこで、平氏と双璧をなす武士の名門、源氏の源義朝に近づくことにしました。, 源義朝は保元の乱の際に、主戦力として活躍したにも関わらず低い地位のまま源氏を放置した信西に強い敵対心を抱いていたと言われています。, 1159年12月9日の夜、平清盛たいらのきよもりが京を離れ、信西の護衛が手薄になっているところを狙い、源義朝は院御所いんのごしょ(上皇が住むところ)だった三条殿さんじょうどのを奇襲。, 後白河上皇は皇居内へ運び込まれ軟禁。信西は三条殿からの脱出には成功したものの、その逃走中に敵に追い込まれ自害。, この時、後白河上皇を皇居に軟禁できたのは二条天皇親政派も藤原信頼に協力していたからです。先ほども書いたように「信西、反対!」と言う点で両派は利害が一致していました。, 藤原信頼の奇襲があった翌日の12月10日、平清盛にもその知らせが届きます。平氏にとって信西は最大の支援者です。その信西が亡くなったというのは、平氏にとっては由々しき事態でした。, 12月16日、平清盛は京の六波羅ろくはらにある自宅へ戻り、ひとまず様子を見ることにします。信西の弔い合戦をする選択肢もありましたが、上皇・天皇のいる皇居を本拠地とする藤原信頼・源義朝と戦うことはあまりにも不利。(安易に戦えば「朝敵」として日本中から敵として認定されてしまう可能性がある), 一方の藤原信頼・源義朝も奇襲用の少数の兵しかおらず、平清盛と戦争をするには援軍を待つ必要がありました。, こうしてしばらく、こう着状態が続きますが、その間に平清盛が裏工作に動きます。二条天皇親政派だった藤原惟方ふじわらのこれかた、藤原経宗ふじわらのつねむねの二人に接近したのです。, これは簡単でした。むしろ二条天皇親政派にしてみれば、皇居に立て籠もって信西に代わって権力を振りかざしていた藤原信頼はもはや敵でしかありません。, 平清盛のターゲットはあくまで、藤原信頼と源義朝です。清盛はこの2人を倒すため、次のような計画を立てました。, 藤原信頼の息子と平清盛の娘が婚姻関係にあり、藤原信頼も思慮深い男ではなかったため、これは楽勝。, 天皇・上皇が皇居にいなければ、思いっきり敵と戦えます。ここで二条天皇親政派との連携が活きることに。, 二条天皇を女装させて皇居を脱出し、平清盛の邸宅のある六波羅へと避難。後白河上皇は仁和寺にんなじへと避難します。, そして12月26日、二条天皇の名の下に藤原信頼ら追討の宣旨せんじ(天皇からの命令)が出されます。藤原信頼・源義朝は朝敵になってしまったのです。この宣旨を受けて、平清盛らは皇居にいる原信頼・源義朝に攻撃を開始しました。, 油断していた藤原信頼は虚を突かれ、慌てふためくばかりで何もすることができません。そのあまりにも惨めな様子を見た源義朝は大激怒。, 皇居を戦場にするのは良くないと考えた清盛は、一度撤退したフリをして敵を六波羅付近におびき出します。, 結果は、平清盛の圧勝。藤原信頼側はクーデター用の少兵力だったのに加え、朝敵にされたことで援軍も望めず、勝ち目はありませんでした。, 藤原信頼軍には、メチャクチャ強いことで有名だった源義平みなもとのよしひらという若者もいました。劣勢の中、清盛の嫡男だった平重盛を追い詰める武勇伝を残しますが、戦局を左右するには至りません。, 六条河原で敗戦した源義朝は、命からがら平安京内から抜け出し、息子の源頼朝を引き連れ東国へ向かいます。しかし、落ち武者狩りに襲われ息子の頼朝と離れ離れに。その後、味方の裏切りにより死亡。, 平治の乱により源氏の棟梁である源義朝が亡くなったことで、源氏は力を失います。すると、軍事力が必要な仕事は、平氏に頼るほかありません。, 当時、武力を必要とする仕事は山ほどあったので、もはや平氏なしでは政治運営は成り立たなくなっていました。天皇や貴族たちは、平安京の治安維持、所領問題、強訴などなどを全て平氏に頼らざるを得ないわけです。, そして、平清盛は引っ張りだことなった自らの地位を巧みに利用し、朝廷内での地位を高めようと企みます。おまけに平清盛は武力だけではなく貿易などによって財も成すようになり、もはや清盛の助けなしに政治をすることはできません。, 特に影響3の部分は重要で、平治の乱以降、平清盛は武士の身分でありながら朝廷で圧倒的な発言力と権力を持つようになります。, 平清盛は晩年になると、天皇即位ですら自分の思うがままに操り、孫の安徳天皇を強引に即位させ、人々は強い不満を持つようになります。この不満が爆発し、治承・寿永じしょう じゅえいの乱(源平合戦)へと繋がっていくのです。.  ぜんざい 「この時代の貴人特有の、怨霊をおそれる気持ちからだろう。死罪にすると呪われるから、流罪までにとどめる、というね・・・ただ武士たちは壮健な性質で、そうした迷信に染まっていないから、苛烈な処分ができたというわけだ。これもまた、時代の変化のひとつと言えるだろう」 今回は、1156年に起きた保元の乱ほうげんのらんについてわかりやすく解説していきます。, 後白河天皇と崇徳上皇の家督争い。天皇家の家督争いとしては初めて武士が動員された!(武士に依存しなければ争いに勝てなくなった), 後白河天皇は、検非違使けびいしに関係者の逮捕を命じる。藤原頼長の邸宅が襲われ、財産を没収される。, 保元の乱は、天皇家の家督争いと摂関家の家督争いがミックスした乱です。なのでまずは、天皇家・摂関家の家督争いについて簡単にチェックしておきます。, なぜこの2人が争う関係にあったかという、崇徳上皇が院政を敷いて政治の実権を握ろうと目論んでいたのに、弟の後白河天皇が即位したことで院政が不可能になってしまったからです。, 院政は「家父長として天皇を後見する立場から政治の実権を握る」という政治スタイルです。なので、崇徳上皇が院政を行うには自分の息子を即位させ、その父として息子を後見する立場に立つ必要があったのです。, この辺の事情は崇徳上皇の「皇太弟事件」を知ると良くわかります。闇の深い事件なので、関連記事を再掲しておきます。, 一方の摂関家の方でも、家督をめぐって異母兄弟の藤原頼長と藤原忠通が争っていました。, 藤原忠実「それは許さんぞ。頼長は頭脳明晰で優秀な私の溺愛する息子。次期後継者は頼長で決まっている。」, これらの家督争いは、1156年7月2日に権力者だった鳥羽法皇が亡くなることで一気に表面化することになります。, 鳥羽法皇は後白河天皇の父として院政を敷いていました。しかし鳥羽法皇が亡くなることで、崇徳上皇にも息子を天皇即位させる可能性が再び浮上しました。, 摂関家でも藤原忠実・頼長は鳥羽法皇の支援を受けていました。それが鳥羽法皇の崩御により消失。逆に藤原忠通は後白河天皇に接近し、忠実・頼長ペアの失脚をさせようと動き始めます。, この噂を利用し、後白河天皇サイドでは藤原頼長を挑発し、追い詰める計画を実行します。, 検非違使けびいし(今でいう警察的な人)に藤原頼長の関係者らしき人物の逮捕を命じ、7月8日には、「藤原頼長が諸国から兵を収集している」という噂を聞きつけ、諸国に対してこれに応じないよう命令を下します。, 同じ7月8日、東三条邸という摂関家の氏長者うじのちょうじゃ(家督を継いだ者)の邸宅を占領し、財産を没収してしまいます。, 当時、摂関家の氏長者は藤原頼長だったので、これは藤原頼長に対しての襲撃を意味します。, ここに及んで、こちらも武力で対抗するしか道はないと考えた藤原頼長は崇徳上皇と接近。, ちなみに、最初に流れた噂話は後白河天皇サイドが作り上げたでっち上げの噂だという説があります。あまりにも都合の良い噂なので、おそらくこの説が濃厚なんじゃないかと思う。, 後白河天皇サイドの挑発により、両者の戦いの火蓋が切って落とされますが、戦いには兵力が必要です。この時に兵力として注目されたのが、平氏と源氏の2大武士勢力でした。, 源氏では、源為義みなもとのためよしとその息子の源義朝みなもとのよしともが保元の乱で争うことになります。, 源氏は後三年の役で活躍した源義家みなもとのよしいえ以降、その力を恐れた朝廷や源氏内の内部紛争により没落の一途を辿っていました。, 源為義は源義家の孫にあたり、源氏を義家時代のように復興させようと、摂関家の藤原忠実・頼長親子に接近します。, 一方、息子の源義朝は嫁さんの実家が鳥羽法皇の院近臣いんのきんしんだった関係から鳥羽法皇に近侍するようなりました。鳥羽法皇は後白河天皇支持派の人間であったため、鳥羽法皇死後も、源義朝は後白河天皇派として活躍することになります。, 平清盛の叔父だった平忠正たいらのただまさは、藤原頼長に仕えていたため崇徳上皇派に付くことに。, 平清盛の母(義母)である池禅尼いけのぜんにが、崇徳上皇の子である重仁親王しげひとしんのうの乳母うばだった。, 清盛の父である平忠盛たいらのただもりが鳥羽法皇の重臣として活躍し、凄まじい出世を成し遂げていた。, 重要な決断に迫られた平清盛ですが、亡き鳥羽法皇の妃である藤原得子ふじわらのなりこの強い説得や崇徳上皇側の敗北を予感した池禅尼のアドバイスにより、後白河天皇に加担することを決断します。, 7月10日の夜、後白河天皇サイドは8日に制圧した東三条院、崇徳上皇サイドは白河北殿に兵を構えます。, 崇徳上皇サイドの白河北殿では、後白河天皇への対抗策について議論が行われました。崇徳上皇側の主戦力は源為義。兵が少ないため、為義はこう提案します。, 援軍を待つのではなく、こちらからも出陣し援軍との合流を早く行うべき。もし援軍との合流が難しければ、東三条院へ先手を打って夜襲を仕掛けよう!, そして、当時最強と言われた猛将、源為朝みなもとのためともはこれを聞いて憤慨。こう言い残して、会議の場をさりました。, 後白河天皇側には優秀な源義朝がいる。間違いなく夜襲を仕掛けてくるぞ。そんなんでいいのかよ!!(怒), しかし、11日の明け方、源為朝の言うとおり後白河天皇派は夜襲を仕掛けてきました。こうして遂に保元の乱が始まります。, 上の絵は白河北殿での戦の様子を描いた絵です。外側から攻め入っているのが後白河天皇軍、真ん中で防衛戦をしているのが崇徳上皇軍。, 防戦一方の崇徳上皇軍は豪傑の源為朝が一時は奮闘しますが、やはり多勢に無勢。崇徳上皇側はあっけなく敗走してしまいます。戦はわずか1日で終了しました。, 藤原頼長は負傷したまま父の忠実がいる奈良へ向かいますが、敗戦者を受け入れ、息子共々摂関藤原氏がみな没落してしまうのを恐れた忠実は自宅の門を閉ざし、心を鬼にして寵愛していた息子を追い返します。その後、衰弱した頼長は死亡しました。, 忠実は一族を守るためとはいえ、愛する息子を見殺しにしてしまったことを生涯大いに嘆いたことでしょう・・・。, 保元の乱の戦後処理は想像を絶するほど過酷なものでした。というのも、このタイミングで数百年ぶりに死刑制度が復活したからです。, 崇徳上皇側の人物に待ち受けていたものは斬首刑。しかもただの斬首ではなく、親族同士で首をはねることを命じます。, 首謀者の崇徳上皇は讃岐へ島流しになりました。天皇・上皇が島流しにされるのも数百年ぶりの話であり、死刑制度復活と上皇の島流しという過酷な処分は朝廷の人々に大きな衝撃を与えました。, この過酷な戦後処理の際に暗躍していたのが、信西しんぜいという人物でした。信西は当時、藤原頼長と並ぶ秀才として有名人であり、保元の乱の黒幕とも言われています。, 信西は嫁さんが後白河天皇の乳母だったため、後白河天皇の元で権勢を奮おうと考えていました。そこで、戦後処理を通じて武力として利用できる平氏と密接な関係を結ぼうと策を練りました。, 後白河天皇派の主戦力は源義朝。平清盛はあくまでサブ的な存在で、白河北殿攻めでも、正面から攻め入った主戦力はあくまで源義朝でした。, それなのに、終わってみると保元の乱で一番出世したのは平氏の人たちばかり。源氏も出世はしましたが、そこまで高い官位は与えられませんでした。信西は、自らの武力としたい平氏を身分を上げ、逆に平氏に対抗しうる源氏を徹底的に潰すことで、その後の政治を有利に進めようと考えたのです。, そして源義朝は、何もしてない平清盛ばかりが出世していることに強い不満を持つことになります。(これは3年後に起こる平治の乱の遠因になったとも言われている。), 崇徳上皇派の人間を徹底的に処刑したのも信西の策略でした。保元の乱を理由に崇徳上皇派の人間を徹底的に消し去ることで、反乱分子を一掃を狙ったものです。, 保元の乱はその経過も戦後処理も全て信西の思うがままに進み、保元の乱の後、信西は朝廷内で莫大な影響力を有するようになります。まさに保元の乱の黒幕にふさわしい活躍です。, 保元の乱の歴史的意義は、皇位継承や摂関家の争いに本格的に武士が参戦した初めての内乱だったという点です。, 朝廷貴族たちは、長い間、武士のことを自分たちの護衛としか考えてきませんでした。なので、武士の朝廷進出を嫌う貴族たちは彼らを長年冷遇し続けてきました。, ところが、保元の乱で事態は一変します。武士が皇位継承問題に本格介入したことで、貴族・皇族らはもはや武士なしで自分たちが生き残れないことを強く実感することになります。こうして朝廷内部の問題解決に武士(武力)が欠かせない時代となり、武士が本格的に活躍する時代がいよいよ到来することになります。.



ソルジャー フルオート 光 18, 円錐角膜 名医 大阪 23, ひまし油 効能 アトピー 4, Jcom スペースシャワーtv 見れない 12, 特急はるか 自由席 買い方 19, あさチャン 河津 降板 なぜ 35, 日 向坂 カラオケ大会 6, マイクラ 耐久力3 最安値 14, ウイイレ 2018 カカ 9, ゼルダ 弓 おすすめ 20, アトピー 新薬 2020 16, 黒い砂漠 アクマン 羅針盤 6, 朝ドラ エール 出産 5, あかつ 芸人 死亡 30, 北柏 寺田屋 事故 14, 筑波大学 体育専門学群 難易度 55, ローマの休日 英語 スクリプト 5, 不登校 再登校 失敗 17, 台湾ドラマ 無料 中国語字幕 25, 豊田エリー 第 二 子 26, キンキーブーツ 映画 吹き替え 14, Pixivプレミアム 解約 無料 4, かぎ針編み コースター 花 7, あいのり かにゃ Egg 6, にんにく 保存方法 新聞紙 7, Curren 時計 評判 7, 氷取沢 高校 入試 15, To 名前 意味 7, ダンス 基本 振り付け 10, パワハラ 加害者 研修 5, 白馬 宿泊 コテージ 4, 学習院女子中等科 学費 高い 32, Rmp ホイール 評判 31, めっちゃgoing 歌詞 セリフ 5, ドライブレコーダー リアカメラ フィルム カット 34, 恋愛 虚しい だけ 14, 猫 尿毒症 ブログ 7, 余命1ヶ月の花嫁 実話 その後 32, 大人 可愛い 敬語スタンプ 11, 競艇の 大根おろし 事件 7, ライフアフター 工事用プラスチック 高い 14, 刑事モース オックスフォード事件簿 24 16, ウイイレ 監督 コンパクトネス 5, たかの 友梨 メニュー 6, 星ドラ レベル上げ 2020 6, ファイナンシャルプランナー 独立 主婦 12,