nhkbsでやっていた名探偵ポワロの最終回「カーテン」を見た。この最終回は、正真正銘の最終回。「灰色の脳細胞」ことエルキュール・ポワロ最後の事件である。すごくネタバレすると思うので、知りたくない人は回れ右したほうがよいでしょう。僕は原作を読んでいる。 次の放送日: 2020/12/30(水) 06:35pm .

スタイルズ荘は、かつて殺人事件の舞台となった場所だが、現在はラトレル夫妻が経営するゲストハウスとなっていた。ヘイスティングスは親友ポワロから招か れ、久しぶりにこの地を訪れる。ポワロとの再会を楽しみにしていたヘイスティングスだったが、出迎えたポワロは見違えるほど痩せ衰え、しかも車椅子に乗っ ており、ヘイスティングスは愕然とする。スタイルズ荘にはポワロ以外にも数名の滞在客がいた。, 第1話「コックを捜せ」/ The Adventure of Clapham Cook, 第3話「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」/ The Adventure of Jonnie Waverly, 第4話「24羽の黒つぐみ」/ Four and Twenty Blackbirds, 第5話「ダベンハイム失そう事件」/ The Disappearance of Mr.Davenheim, 第7話「安いマンションの事件」/ The Adventure of the Cheap Flat, 第8話「誘拐された総理大臣」/ The Kidnapped Prime Minister, 第9話「西洋の星の盗難事件」/ The Adventure of the Western Star, 第10話「スタイルズ荘の怪事件」/ The Mysterious Affair at Syles. 世界一の名探偵として灰色の脳細胞を持つと言われるエルキュール・ポアロは、イスタンブールからロンドンへ向かうオリエント急行で、個性的な乗客たちと旅することになる。ところが雪崩で立ち往生となった翌朝、富豪のラチェットが数か所を刺された死体で発見される。その列車内..(ネタバレあらすじ↓), この先はネタバレありのあらすじです。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。, ベルギー出身の名探偵エルキュール・ポワロ(ケネス・ブラナー)、通称「灰色の脳細胞」は、エルサレムの嘆きの壁で事件を見事に解決し、トルコのイスタンブールで休暇を過ごすつもりが、イギリスのロンドンへ事件解決のため向かうことになります。ポワロ「この世には善と悪しかなく、中間はない」, ポワロは友人で鉄道会社の役員ブーク(トム・ベイトマン)に誘われオリエント急行に乗り、車内でアメリカの大富豪でギャングのエドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)に警護を頼まれるが断ります。夜、ラチェットの部屋で物音がして赤い着物の人物が走り去るのを見ます。雪崩で脱線し列車は止まります。, 翌朝、ラチェットの死体が発見され12ヶ所もの刺し傷があります。乗客の黒人医師ドクター・アーバスノット(レスリー・オドム・Jr)は死亡推定時刻が、0時から2時と断定します。ブークから捜査を依頼されたポワロは取り調べをはじめます。部屋からは1時すぎに止まった時計、H文字のハンカチ、パイプ掃除のハケ、燃やした紙など怪しい証拠が見つかります。, ポワロは紙から「小さいデイジー・アームストロングを忘れ」を読み取り、数年前のアームストロング事件の真犯人カセッティが、ラチェットだと気づきます。事件はアームストロング家の幼い娘デイジーが誘拐殺害され、妊娠中の母ソニアはショック死、父親アームストロング大佐も自殺した凄惨なものでした。, ポワロは12人の容疑者から事情聴取します。ラチェットの秘書ヘクター・マックイーン(ジョシュ・ギャッド)は酒好きです。キャロライン・ハバード夫人(ミシェル・ファイファー)は夜に自室に誰か男がいて、車掌ボタンが落ちてたと証言するが、車掌ピエール・ミシェル(マーワン・ケンザリ)のではありません。, 執事エドワード・ヘンリー・マスターマン(デレク・ジャコビ)は、歯痛に苦しみ、末期がんで余命は数ヶ月です。ラチェットにコーヒーを出したので怪しいが、食堂で誰でも睡眠薬を混入できたとわかります。宣教師ピラール・エストラバドス(ペネロペ・クルス)、教授ゲアハルト・ハードマン(ウィレム・デフォー)、自動車販売ビニアミノ・マルケス(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)からも話を聞きます。, 家庭教師だったメアリ・ハーマイオニー・デブナム(デイジー・リドリー)には、アーバスノット医師と親しいのか聞くが黙秘されます。ドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・デンチ)は、誘拐殺害されたデイジーの祖母の女優リンダ・アーデンの親友で、そのメイドのヒルデガルデ・シュミット(オリヴィア・コールマン)はミシェル以外の車掌を見たと証言します。, ポワロのスーツケースから赤い着物が見つかり、ボタンの取れた車掌の制服や鍵も発見されます。列車から逃げる秘書マックイーンを捕らえ、ラチェットから横領してたことが判明するが、犯行時間にはアーバスノット医師と酒を飲んでたようです。医師は元狙撃兵でアームストロング大佐を知ってた可能性があります。, マックイーンの父はアームストロング事件の検事で、犯人をメイドのスザンヌと見なしたが、スザンヌの自殺後に無実が判明し、父は失脚しました。ハバード夫人が誰かに刺されるが軽傷です。ポワロは貴族室のルドルフ・アンドレニ伯爵(セルゲイ・ポルーニン)とエレナ(ルーシー・ボイントン)も調べます。, ポワロはエレナが誘拐殺害されたデイジーの母ソニアの妹ヘレナであること、メアリがその家庭教師だったことを見抜くが、全員にアリバイがあり行き詰まります。メアリは白状しかけるが、アーバスノット医師が発砲してポワロを押さえつけ、自分がやったと自白します。ポワロはブークによって救われます。, 除雪作業が終わり、列車を線路に戻す間、乗客たちはトンネルに集合して、ポワロは推理を披露します。宣教師ピラールはデイジーの乳母で、アーバスノットは戦友アームストロング大佐の援助で黒人でも医師になれたし、マスターマンはアームストロング家の執事でした。, 教授ではなく元警察官のハードマンは自殺したメイドのスザンヌの恋人で、車掌ミシェルはスザンヌの兄です。ハンカチの「H」はロシア語の「N」でナタリア・ドラゴミロフ公爵夫人の物で、そのメイドのシュミットはアームストロング家の料理人で、自動車屋マルケスは元運転手で大佐が事業の保証人になりました。, ポワロは「犯人は12人全員」だと結論づけます。ハバード夫人はかつらを取ると女優リンダ・アーデンで、今回の計画や罪は全て自分1人がつぐなうと言います。ポワロは「私には裁けない」と言い銃を出し、誰か私を撃って口封じしろと試します。ハバード夫人がその銃で自分を撃つが空砲です。, 結局ポワロは「この事件は善と悪がつりあわないままにする。警察は暗殺者が車外へ逃亡した説を受け入れた」と言って途中下車します。待ってた警官から、ロンドンより重大な事件がエジプトのナイル川で起こったので行ってほしいと要請されます。「ナイル殺人事件(ナイルに死す)」に続くのかもしれません。, この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。, 世界的に有名なミステリー作家アガサ・クリスティのベストセラー小説『オリエント急行殺人事件』の何度目かの実写映画化です。その後のミステリー小説に多大なる影響を与えたと言われる本作のトリックや結末は多くの人に知られていますが、登場人物や細部等は改変されてる部分もあるので知ってても楽しめます。, 私のひとこと感想や評価は「アガサ・クリスティの代表的な小説はほとんど読んでるので、本作のオチも当然知りながら観ましたが、個性的な役者陣の共演ならぬ競演ぶりや映像の美しさには目を奪われました。ただ、初見の人にはわかりづらい演出ばかりだし、新作ならではの解釈も乏しかった気がします」, みどころは、やはり名の知れた豪華な俳優や女優たちの演技や、列車内の豪華さや、雪山などの風景の美しさや、雪崩や高架橋の恐ろしさの表現などでしょうか。高級料理ネタはもっといろいろ見せてほしかったです。結末シーンで「最後の晩餐」風に12使徒や陪審員ならぬ、12人の真犯人が並ぶ場面も見ものです。, 登場人物が多いわりに動きや特徴が少なく、過去や背景もあまり語られないため、誰にも感情移入できないし、見失ってしまうキャラもいました。普通のミステリーなら犯人以外はあまりウソや黙秘はないのですが、今回は全員がアリバイや過去を隠し、しかもかばいあうため、犯人を1人に絞ろうとすると混乱します。また「12カ所の刺し傷」というのはネタバレなので「数カ所」くらいにした方が良い気がします。, もちろんポワロも混乱するので、それを視聴者にも追体験させるという意味では成功しています。ただ、映画としての面白さや気持ちよさは感じられにくくなっています。あと中盤、たんたんと事情聴取が続くだけで、盛り上がる場面も少ないし退屈します。アクションは求めないけど、前進してる感じはほしいです。, 役者では、ポワロ演じたケネス・ブラナーの混乱ぶりと、ラチェット演じたジョニー・デップの悪党面が印象的ですが、ペネロペ・クルスの迷える宣教師や、ウィレム・デフォーの教授ならぬ元警官、ジュディ・デンチの公爵夫人、ミシェル・ファイファーの未亡人、デイジー・リドリーの家庭教師などが特徴的です。, メイドのスザンヌが自殺したのは検事の責任なので、スザンヌの恋人ハードマンや兄ミシェルなどは直接的には、検事の息子マックイーンをうらむべきではないかと思ったけど、原作ではもっと納得できた気もします。女優リンダの顔をポワロが知らないのは、まだTVが普及してないからでしょうか。, オールスター的な豪華映画としてはとても楽しめるので、家で観るには向いてる気がしますが、新作を作るにあたって何か「新しいもの」は見せてほしい気がしました。次作『ナイル殺人事件(ナイルに死す)』も製作が決定してるようなので「無難」にではなく、ぜひ斬新なアイデアを期待したいです!, 「小さいデイジー・アームストロングを忘れ」を読み取り、数年前のアームストロング事件の真犯人カセッティが、ラチェットだと気づきます, ドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・デンチ)は、誘拐殺害されたデイジーの祖母の女優リンダ・アーデンの親友, マックイーンの父はアームストロング事件の検事で、犯人をメイドのスザンヌと見なしたが、スザンヌの自殺後に無実が判明し、父は失脚しました, エレナが誘拐殺害されたデイジーの母ソニアの妹ヘレナであること、メアリがその家庭教師だったことを見抜くが、全員にアリバイがあり行き詰まります, ハードマンは自殺したメイドのスザンヌの恋人で、車掌ミシェルはスザンヌの兄です。ハンカチの「H」はロシア語の「N」でナタリア・ドラゴミロフ公爵夫人の物, ポワロは「私には裁けない」と言い銃を出し、誰か私を撃って口封じしろと試します。ハバード夫人がその銃で自分を撃つが空砲, ケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルス、デイジー・リドリー、ウィレム・デフォー, (C)20th Century Fox/キングバーグ・ジャンル、ザ・マーク・ゴードン・カンパニー、スコット・フリー・プロダクションズ. ネタバレ感想『オリエント急行殺人事件(2017)』考察や評価レビュー. ブログを報告する, 何とも奇妙なサムネイルで、しかもタイトルはDOUBLE KINGと書かれているだけ。なのに再生会数は2百万回越えなんてゆー, 意味深。人間の欲や金、権力、そういったみんなが深く考えず通り越すけど、やっぱり疑問に思っちゃうことを深くを風刺しているようなものの見方に。, 食べたら死ぬ、食べなくても死ぬ。これは現代の、家畜を工場生産するように増やすことへの風刺みたい, 彼は二つ以上の王冠を持つことをすこぶる好まない。とっても頑固なさまが人間をより表している。, 死してなお欲望にかられる人間の汚さと、DOUBLE KINGが自分の自信を王冠で補おうとする見切れた(人間の)哀れさを表した, DOUBLE KINGの考察、サイケデリックなアニメを描くFelix Colgraveってどんな人?, Double King YouTubeおすすめ欄に上がってきた面白い動画、暇つぶしには最適の謎が謎を呼ぶショートアニメ, 動画制作者、Felix Colgraveってどんな人?職業は?やっぱりやべーの吸ってる?, 【哲学の歴史】ソクラテスの「無知の知(不知の知覚)」をわかりやすく解説、説明 哲学史, 【哲学の歴史】プロタゴラスの「相対主義」と衆愚政治をわかりやすく解説、説明 哲学史, ユヴァル・ノア・ハラリは現代のフッサールなのか?哲学的視点から考えた「サピエンス全史」と「21 Lessons」の考察. 二カ国語 HD ... 第5話「カーテン~ポワロ最後の事件~」/ Curtain:Poirot's Last Case.

『名探偵ポワロ』(めいたんていポワロ、原題:Agatha Christie's Poirot)は、1989年から2013年にかけて、イギリスのロンドン・ウィークエンド・テレビ(London Weekend Television)が主体となって制作した、アガサ・クリスティ原作、探偵エルキュール・ポワロ を主人公としたテレビドラマ。 しばらく運用してみて、様子を見ます。タイトルは築地俊彦さんの『まぶらほ メイドの巻』作中のMMM(もっと・もっと・メイドさん)オマージュにて。, 英国家事使用人研究者。屋敷の暮らしを支えた家事使用人の日々の仕事内容や生活、転職事情、屋敷の備品、キッチン、実在の使用人の手記などが好き。『英国メイドの世界』(講談社)、『日本のメイドカルチャー史』と『日本の執事イメージ史』(いずれも星海社)を出版。. ギネスブックが「史上最高のベストセラー作家」と認定したというアガサ・クリスティー原作の人気シリーズ『名探偵ポワロ』。その主人公エルキュール・ポワロを25年もの長きに渡って演じ続け、原作に最も忠実だと世界中で評されているデヴィッド・スーシェ。 本テキストは、2020年の「メイドの日」にあわせて、同人誌『名探偵ポワロ』が出会った「働く人たち」ガイド上巻(35話分)から、「メイド服」の考察を抽出・再編集・追加したものです(イラストはumegrafix(ウメグラ)さんによるものです)。, 今回の解説対象とするのは、日本のメイド服ではあまり馴染みがない、1920-30年代のメイド服です。1935年を時代背景の中心とする『名探偵ポワロ』で頻出する制服はこの年代のメイド服で、家事使用人のメイドから、カフェのウェイトレスまでが幅広くこのデザインの制服を着用しています。, 1話あたりのメイドたちの出現数こそ少ないものの、メイドとウェイトレスをあわせた「メイド服」が出てこない作品は、今回の対象35話中4話しかないほど、身近な存在でした。, 作品の舞台となる1930年代のメイド服は、日本では「クラシックなメイド服」として知られるヴィクトリア朝のメイド服とは3点で大きく異なります。, 1) 肩紐があるエプロンから、肩紐がなく小さな胸当てのエプロン2) 足を隠すロングスカートから、丈が短く足が見えるドレス(色も自由に)3) 頭の飾りは「コロネット・キャップ」と呼ばれる黒いリボンで装飾された白地のヘッドドレスを頭に巻きつけたものとなっています。, この3要素は『名探偵ポワロ』のメイド服を代表し、1920年代には見られたものです。その特徴を細かく解説します。, まず「肩紐がない、小さな胸当てのエプロン」が最も登場するエプロンとして主流になります。肩紐がないのに、胸当ての部分はメイド服の前面にくっついています。どのように留めているのか、実物を見たことがないために推測となりますが、1) 何かで留める(縫い付け、ピン、ボタン穴)、2) 見えにくい肩紐がある、の2点が考えられます。調査中に1920年代のメイドを撮影した動画” Ideal Home Exhibition (1920-1929)”を見たところ、風でエプロンがなびいた際、上部が固定されていて、風が抜けています。, 元々のエプロンには、洗いやすい布地でメインの服を覆い、汚れを防ぐ意味があります。縫い付けはメンテナンス性が悪く、ボタン穴やフックはメイド服の側に仕掛けが必要で難しく、結論としてピンで固定しているように思います。, この「胸当て」の形態が非常にバリエーションに富んでいます。縦長の長方形の基本形から、台形、五角形、波模様、襟と繋がるように見える鋭角的な台形、胸元まであるものまで様々です。さらにレースを用いたり、フリルの縁取りがあったり、模様が入っていたりと、エプロンの細部も屋敷によって異なります。喫茶店のウェイトレスも、このデザインに準拠しています。, 本書で今後紹介する「白エプロン」は、この「肩紐のないエプロン」を指します。「基本形」以外にも、「太い肩紐エプロン」もそこそこ出てきます。しかし、紐というよりも「袖のない上着」「貫頭衣」に似て、作業着に見えるため、デザインとしての美しさを私個人として感じません。森薫氏のメイド漫画『エマ』で想起するような美しいメイドエプロンは、肩紐が細く、紐に添える形でフリルが広がっていました。, とはいえ、この「太い肩紐エプロン」は色のバリエーションが多く、前述のエプロンが白をベースとしているならば、こちらは柄や模様、色が自由に使われており、「メイドエプロン」というより、「普通のエプロン」に近しいです。着用者もあまり「メイド」のイメージを想起させず、年配の恰幅の良い女性が着ていたり、家政婦やコック、そしてナースなどの服として見られるものでした。固定しやすく、汚れを防ぐ面積も広いため、実用性が高いのでしょう。, このほかに、「胸当てが無い腰だけを覆うエプロン」(以降、腰エプロン)もあります。女性使用人の中ではあまり汚れ仕事をしない職種の侍女などがつけるものでした。作品内では男性のバーテンダーやウェイターが着用している機会の方が多かったです。, 元々、ヴィクトリア朝のメイド服には、掃除や裏仕事に適した洗いやすい素材で作られたドレス「午前服」と、給仕や表に出る仕事で使う黒の「午後服」がありました。前者は主人の眼に触れることを前提にしておらず、逆に後者は主人やゲストの目に触れる機会に着るものでした。, この使い分けは1930年代が舞台の本作品でも登場し、第33話「愛国殺人」で登場する歯科医の家で働くメイドが午前服、午後服を使い分けました。とはいえ、『名探偵ポワロ』では屋敷の滞在回数が少なく、描写もあまりないため、この区別はそれほど大きく扱うことに意味がありません。, ヴィクトリア朝からのドレスで最も大きな変化は、「色」です。「クラシックなメイド服といえば黒」のイメージが強くあります。多くのメイド服(午後服)は実際に黒でありつつ、例外的にカラフルな色彩のメイド服を着ていくのは、ホテルメイドやウェイトレスです。, デザインこそ、「メイド服」と同じながらもホテルメイドやウェイトレスが着る場合は、「彼女たちの職場のブランドカラー」が反映されました。特にホテルの場合、ホテルメイドやホテル付きのカフェのウェイトレス、そして後述する男性のホテルスタッフを含めて、スタッフの制服の色が統一されています。, 最もおしゃれなメイド服は、第11話「エンドハウスの怪事件」でポワロたちが滞在した「マジェスティック・ホテル」の制服です。このメイド服とホテル客室のドアは、色と模様が一致しました。, 次に、着目すべきは「襟」と「カフス(袖口)」です。ドラマに登場したメイド服のドレスの「襟」の種類まで多様でした。襟が無い服から、白い丸襟、鋭角的デザインでエプロンのデザインと調和して肩紐のように繋がりそうなもの、レース、波模様、ボタンで閉じる場合や、広がっていて首元で襟が閉じない服もありました。, カフスも同様です。レース付き、ピンと綺麗に伸びたものから、カフスがない服まで組み合わせは多様です。袖が長袖か半袖かによっても、変化があります。, 私はこれまで、メイド服の構成要素を「エプロン」「ドレス」「キャップ」と考えていましたが、この作品で「襟」「カフス」が同じ白い素材の「エプロン」を引き立てるデザインを見て、非常に重要な要素だと理解しました。ドレスの中で最後に挙げる変化は、スカート丈です。1930年代ともなると、「足首を見せるのも恥ずべきこと」としたヴィクトリア朝的な価値観は失われており、スカートの丈は短く、動きやすくなっています。中にはタイトスカートも出てきます。, スカートが短くなった際に見えるようになった足には、タイツや科学技術の進化から生まれたナイロンのストッキングも登場します。ハイヒールを履いたメイドも珍しくありませんでした。, 『名探偵ポワロ』を彩る最後にして最大級のメイド服の要素は、「頭につけるキャップ・ヘッドドレス」です。元々は「モブキャップ」と呼ばれる、頭を丸々覆うような古めかしいキャップをかぶっていました。これらの系譜を受け継ぐ、キャップも作品には登場します。ただのキャップではなく、レースになっていたり、模様が入っていたり、ここにも細部の工夫が見られます。, これに、フリルがついたヘッドドレスやカチューシャのような形態の被り物が登場していきます。そして1920年代に顕著になったのが、「コロネット・キャップ」と呼ばれる、ヘッドドレスです。コロネット(coronet)は「宝冠」や「小さな冠状のヘッドドレス」を意味する言葉です。基本的にはティアラのように前面をカバーするものです。, 素材と装飾にもバリエーションがあり、レースになっていたり、フリルが付いていたり、独自の模様が入っていたりします。英国で最も有名な「コロネット・キャップ」は、外食産業で名を馳せたLyon社のウェイトレスのヘッドドレスとなるでしょう。前面にロゴが入り、その下をリボンが通ったものです。, この「コロネット・キャップ」もバリエーションの宝庫で、大体の場合は黒いリボンで装飾されています。ところが、このリボンひとつをとっても、リボンがあまり見えない場合や、はっきり見える場合、太さの違いなどの差異が観測されています。, 他の帽子の種類では、私が参考にした“ARMY & NAVY STORES LIMITED GENERAL PRICE LIST 1939-1940”(陸海軍ストアの価格を記載した商品カタログ)にて販売されているメイド服とセットになっている、“Sister Dora Cap”という、修道女Doraにちなんだとされる帽子があります。これは半円形に帽子のつばが広がり、その縁にフリルやレース、縁取りの飾りがつくものです。, 補足として同書掲載のメイド服を見る限り、「肩紐付きエプロン」は肩紐が太い形となっており、いわゆるクラシックな肩紐はメジャーではなくなっていったようです。, もうひとつ、本作品で登場するキャップのバリエーションには、ナースの「ナースキャップ」があります。よく登場するのが修道女風の頭巾です。, 本文はここまでですが、参考資料として当時の写真資料・カタログ資料も掲載しておきます。, 2017年のポワロ同人誌刊行時に、メイド喫茶のワンダーパーラー・カフェに相談して、1920年代の制服を作って売り子をしてもらいました。以下1つ目はそこからの進化系、2つ-3つ目は原型です。, ワンダーパーラー プロデュース当時の写真を元に作製した完璧に再現された1920年代(100年前)メイド服です。(以前製作の物のサイズ違い) pic.twitter.com/9o221pP6mB, 1920年代のメイド服を…再現との久我真樹さん(の自腹)オーダーにより完成(4枚目) pic.twitter.com/Lpx1ul5T4H, 1920年代メイド服、一着ワンサイズしか復刻出来てないので別サイズも作ろうかな。 pic.twitter.com/e67YV0kgLs, そして、ワンダーパーラーカフェとのコラボして、英国メイド創作短編集+そのシーンに合うメイド写真も作っています(これは2014年に)。, また、ポワロの時代を含めて、英国でのメイド雇用が衰退していく社会的な流れを解説する同人誌はこちらに。, いただいたサポートは、英国メイド研究や、そのイメージを広げる創作の支援情報の発信、同一領域の方への依頼などに使っていきます。, 英国メイドや執事や屋敷にフォーカスしたコンテンツや資料性とニュース性を重視したメディア的なものです。ヴィクトリア朝〜第二次大戦までを軸にしつつ、広義の英国メイドも言及します。

バスケットゴール 修理 費用 22, Voyager Legend Windows 10 5, 鈍色の箱 ネタバレ 最終回 漫画 4, アライブ がん専門医のカルテ 山田杏奈 7, 平井堅 父親 写真 4, 誕生日 花言葉 韓国 25, 猫 布団 粗相 治らない 4, 三浦りさ子 息子 グランメゾン東京 4, Yahoo 副業 応募 5, 出光 Cm 女の子 37, マインクラフト Vic's Modern Warfare Mod 8, 有働由美子 髪型 ボブ 7, イチロー リベラ なんj 12, Pubg Krjp 強い 8, Pubg 画質設定 プロ 4, ローマの休日 英語 スクリプト 5, シェーヌダンクル アンシェネ リング 定価 7, キラメイジャー 歌詞 ひらがな 4, 仮面ライダー 現在 俳優 24, 真希波 マリ 8号機 16, 思考整理 アプリ Mac 13, 年上 妻 離婚率 18, 血界戦線 最新話 ネタバレ 32, 社会人 自己啓発 資格 6,