とにかく安さをお求めの方であれば1台6000円ほどのフィルム専用スキャナで十分かと思います。ただし、品質はそれなりのものになりますし、デジタル化に時間がかかって手間がかかるので注意が必要です!, 価格は安く、でも品質は良いものが欲しい!という方は節目写真館のご利用がオススメです。, ネガフィルムが大量にあるからかなりコストを下げたい!という方は、スキャナーを購入して自分でデジタル化してみても良いかもしれません。, せっかく大切な思い出をデジタル化するチャンスですので、自分にあった方法を比較検討するようにしましょう。, デジタルカメラが主流の今、フィルムで撮影された写真はとても素敵な仕上がりになること間違いなしです。家族に共有したり、SNSにアップしても楽しいかもしれませんね!, 自分でスキャンする、店頭に持ち込む、インターネットサービスを利用する。色んな選択肢があって悩んでいしまいますよね。, 全ての写真をデータ化するのはとても大変ですが、実際に写真をデータ化した人たちの声を見るとなにか参考になるかもしれません。, \高品質でリーズナブル!/ -->, 中年以上の研究者は、デジカメ普及以前に撮影したフィルムやプリントの写真を多量にお持ちだと思う。それらをプレゼンなどで使用したい場合、プリントであればスキャナで取り込むのが最も簡単で、高画質のデジタル画像が得られる。しかし、昔のカラープリントは年数の経過とともに褪色・変色していることがあり、もとのネガがあればそれから直接デジタル化した方が美しい画像になる。カラーのネガフィルムやポジ(スライド)フィルムをデジタル化したい場合は、フィルムスキャナ(最近の機器の多くはプリントのスキャナとしても使える)を用いるのが一般的である。しかし、多量のフィルムをデジタル化するならともかく、当面必要な数枚の画像をデジタル化するのに、わざわざフィルムスキャナを購入するのは不経済であるし、あまり使用頻度の高くない機械を抱え込むことになりかねない。ここでは、手持ちのデジタルカメラで簡単にネガフィルムから美しいポジ画像を作る方法を紹介する。必要なものは、図1に示すように、デジカメ(できれば一眼レフ)、クローズアップレンズ、フィルムを垂直に保持できる台(不要なプラスチックケースなどを加工して自作)とクリップ、白い紙を貼った厚紙(反射板として使用)、カメラの高さを調節するための適当な厚さの本、そして昼色光の蛍光灯(電球型のものがよい)である。ところで、一眼レフを含めて普通のデジカメには、ネガをポジに反転する機能がついていない。しかし、ネガの画像をデジカメで撮影すれば、ウィンドウズに標準で付属している画像処理ソフトで、この反転操作を容易に行うことができる。この技術ノートの要点は、デジカメを用いたフィルム接写撮影のテクニック、ネガポジ反転に適したカメラの設定、および汎用画像処理ソフトによる反転の方法であり、詳細は以下の通りである。, デジタル一眼の場合、中間リング、ベローズ、スライドコピアなどの接写システムを用いれば収差のない高画質の画像が得られるが(図2a)、そのようなシステムがなくても、レンズの前にねじ込み式で取り付けるクローズアップ(拡大)レンズを購入すれば、実用上問題ない画質の接写撮影ができる。例えば、デジタル一眼に附属している18〜55 mmの標準ズームの場合、No. 反転一発でここまで正確な色調になる。RAWで撮影しても画像処理アプリでは開けないので、いったんJPGで書き出すか最初からネガに関してはJPGで撮影するのがいいかもしれない。LightroomならJPGでもRAWデータと同じように補正できるのでオススメ。, 写真は30年前の1985年に撮影した垂水警察署。フィルムは富士フィルムのHR400。建物は次の年まで警察署として使われた後解体され保存、その後丹波篠山にある観光施設「お菓子の里丹波」に移築され現在はカフェとして使われている。, ネガカラーですが、私の場合、RAWで複写し Tweet, Posted by: YANBO | December 31, 2012 07:08 PM, ▼YANBOさん

バックアップといえばRAIDみたいな記事を平気で書くIT関連ライターさんはバックアップの意味が分かっているのかなと思いますね。RAIDなどでいくら完璧にしても人為ミスで間違ったデータを保存してしまったら終わりですから。そこまでカバーできてバックアップだと思うのでRAIDは使っておりません。むしろ分散させたほうがいいと思っています。クラウドも使い方次第かと、普段から自分のデータ類はシンプルに見渡しが利くようにしておくのが肝心だと思っています。. 2019年版 Nik Collectionを無料でダウンロードしてインストールする方法.

} 写真スキャンデータ化サービスの節目写真館Copyright © 2012-2020 Photobank Inc. 2020/11/17(火)迄★送料無料&フォトインテリアプレンゼント【キャンペーン】やってます!. 注意事項ですか、う~ん手袋をしてネガを扱う、ライトボックスは日本印刷学会推奨規格準処のものを使う、マクロレンズは当然、絞りはF11以上、ホコリはブロアーで徹底的に吹き飛ばす。ぐらいしか思いつかないのですが。いかがでしょうか。, よもかめ亭主様、おはよう御座います。

どちらが良いか?テストしてみましたが私には差ほどの違いが感じられず、量をこなすには、よもかめ亭主様のやり方の方が良いような気がしました。 ・一括処理できるソフトで・コントラストとカラーバランスを自動補正, miyaさま、こんにちは。コメントありがとうございます。 フィルムをデジタルデータ化にすればパソコンでご覧になれるます、 デジタル化で写真の整理も簡単にできます。フィルムの劣化も防げますので大切な思い出を劣化することなく保存できます。 文書・図形等の研究用スライドフィルムのデジタル化は通常の風景・人物とは違うシステムが必要� Listed below are links to weblogs that reference 【ワンテン展特集】デジタルデュープのための工作: 我が家の新しい古いクルマですROVER MINI COOPER Sports Pack LTD. margin-top:2em; 自作Windows二号機で64bitOSだとニコン SUPER COOLScan4000EDが動かないのを何とかした顛末を少し前に書いたが、その時にもし動かなかった時のことを考えて複写用ベローズとマクロレンズにデジタル一眼レフでスキャナ代わりに複写してしまう実験について、いずれブログにという予告をしていたの …

margin-top:1.5em; 1990年に心斎橋大丸をリバーサル(ベルビア50)で撮影したものから複写。画像クリックで拡大。 #pico_body .contents .h3style { (Not displayed with comment.). 「節目写真館」にお任せください, 写真もフィルムもアルバムも、お家の写真まるごとデジタル化! font-size:120%; #pico_body .ref p{text-indent:-2em;line-height:150%;margin:0 0 2px 0;} この記事では撮影後のネガフィルムを手持ちの一眼レフやミラーレスカメラとマクロレンズを使って直接撮影し、デジタル画像として取り込むデジタルデュープについてお伝えするシリーズの第一弾として、今回は必要な道具や一部の道具の手作り方法などをわかりやすく解説します。, 最近若い人を中心にフィルム写真独特の雰囲気がエモいと言われ、見直されているようですね。, 若い方がそうやって昔のものに目を向けてくれるのは、おれみたいなおっさんにとってはとても嬉しい事。, でも、フィルム写真はデジタルと違って一枚撮影する毎にコストがかさんで行くので、フィルム代や現像代、そしてSNSに上げるためにデータ化まですると36枚の撮影で2000円前後もかかってしまうので、その料金に音を上げてせっかく始めたフィルム写真をやめてしまう人が出てこないか心配になります。, おれ自身も最近フィルム熱が高まってたくさん撮影するようになったので、コストを抑える為にモノクロフィルムの自家現像を始めてしまいました。, この自家現像って行為は難しい部分もあるけどめちゃくちゃ面白く、像が浮かび上がったフィルムを見ると本当に感動する!, 機会があればこの自家現像についても記事にしたいと思いますが、今日のメインはそこじゃ無い。, その自家現像で上がってきたフィルムも写真店でプリントするか、何かしらの方法でスキャンしないと見ることが出来ません。, もちろんヨドバシやキタムラなんかに持って行ってスキャンしてもらう事は可能ですが、せっかく自家現像したのにそれじゃあ味気ない、かと言って高級なスキャナーを買うお金も無い。そこで色々考えた末にデジタルデュープという方法を使う事にしました。, この方法をごく簡単に説明すると、マクロレンズを装着した一眼レフやミラーレスカメラでネガフィルムを撮影し、その画像をPhotoshopなどのレタッチソフトでネガポジ反転する方法です。, 幸いな事に「Micro-NIKKOR-P Auto 55mm f3.5」と言う古くてマニュアルフォーカスですが、一応標準マクロレンズを所有していたので、このレンズを生かしてなるべくお金を掛けずにシステムを構築したところ、何とか成功したのでそのやり方を共有したいと思います。, なんだかすごく大げさなシステムに見えると思いますが、それは古いハーフマクロレンズ(最近のマクロレンズは撮影倍率1:1の等倍マクロレンズが殆どですが、昔は撮影倍率1:2のハーフマクロが多かったのです。)を無理やり使ったからです。, 一番シンプルなシステムだと、カメラ、マクロレンズ、Nikonスライドコピーアダプター ES-1の三点プラス光源(フラッシュ、LEDライトなど)で撮影できます。, もしも、Nikonのフルサイズ一眼レフカメラあるいはZマウントフルサイズミラーレスカメラとFマウント変換アダプターをお持ちなら、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、またはDX(APS-C)一眼レフカメラあるいはZマウントDXミラーレスカメラとFマウント変換アダプターをお持ちなら、AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gを用意すれば一番楽に確実にデジタルデュープ出来るでしょう。, FUJIFILM X-T30にNikonのレンズを装着する為にマウントアダプターを用意。, Micro-NIKKOR-P Auto 55mm f3.5を等倍撮影できるようにする純正のPK13マクロリングを用意。, オレはもともとこのPK13を持っていたのでこれを使いましたが、新たに買う場合はもっと安いマクロチューブでも問題ありません。, DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラとFXフォーマット対応のマイクロレンズでの組合せで使用する場合、画角が狭くなるためフィルムの周辺部が写りません。, ES-1の解説ページにこのような注意書きがありますが、DXフォーマットとは先ほど書いたようにAPS-Cの事で、オレのFUJIFILM X-T30のセンサーもAPS-Cサイズなので当然フィルムの周辺はけられて写りません。, それではせっかく苦労して取り込む意味が半減してしまうので、無い頭を絞って色々考えました。, 要は周りが写らないなら、写るところまでフィルムを離せば良いんじゃね?と。それで、ステップアップリングとステップダウンリングをたくさん重ねて距離を稼いだところ無事にフィルム全体が写せるようになりました。, またこの時フィルムの画像が写っている部分よりひと回り広く撮影出来るように調整して、周りのパーフォレーション(フィルムを送る穴)部分が写るようにする必要があるので注意しましょう。このように撮影しないと、後で画像処理するときに困る事になります。, この方法はAPS-Cサイズセンサーのカメラとフルサイズ用のマクロレンズしか持ってない方には使える技だと思いますよ。, また、Nikonスライドコピーアダプター ES-1のフィルターネジ径は52ミリなのでお持ちのレンズのフィルターネジ径が52ミリでは無い場合は、レンズの径に合わせてステップアップまたはステップダウンリングを使用して取り付けて下さい。, 最近の若い人は知らないかも知れないけど、昔は小学校などでもOHP(オーバーヘッドプロジェクター)を使ってスライドフィルムを映写することがありました。, このスライドフィルムとはいわゆるポジフィルムの事で、このフィルムで撮影すると現像したままの状態で色が反転していない陽画になるので、その現像フィルムを一枚に切り離して枠にマウントし、OHPで光を当てて映写すればそのまま写真として見る事ができます。, 今回用意したNikonスライドコピーアダプター ES-1は、このマウントしたポジフィルムを一枚ずつ撮影するためのアダプターなので、通常は現像後、写真6枚分がつながった状態で切り離されるネガフィルムを撮影する為には、その状態でマウントするためのアダプターが必要になります。, 結構具合は良かったのですが、使っているうちに二枚を貼り合わせているビニールテープが剥がれてくるので、この方法を使う場合は二枚を対象形につなげたまま作って折り曲げた方がいいかも知れません。, もう一つは、先ほど書いたポジフィルムのスライドを作るための富士フイルム製プラスチックマウントを使う方法。, これはそのままでは使えないので、このように赤く塗った部分をカッターナイフなどで切り取って下さい。, ここまでオレが行った数々の工夫を解説してきましたが、ぶっちゃけ手間がかかります。もちろんその甲斐あって追加資金5,000円ほどでシステムが完成しましたが、予算があるならもっといい方法があります。, それは、18,000円程かかりますが「Nikon フィルムデジタイズアダプター ES-2」を購入して使う方法です。, 写真を見れば一目瞭然ですが、これなら6枚のフィルムを一度にマウントしてスライドしながらどんどん撮影できます。もちろん、アダプターを手作りする手間もありません。, オレはもう少し今回作ったシステムで頑張ってみますが、もしかすると近い将来ES-2を買っちゃうかも(汗), 長くなってしまったので今回は準備編として撮影方法や画像の編集方法は次回に回しますが、システムさえ組み上がれば撮影自体はそれほど大変ではありません。, オレの場合はMFレンズなのでピント合わせにそれなりに手間が掛かったけど、AFレンズならそれこそ機械的にどんどん撮影出来るでしょう。, 【2020年版】知ってる人だけ得をするmaxzen(マクスゼン)4Kテレビの凄さとは?.

ASUS PCE-AC68レビュー 自作PCの無線LAN化に使ったら超スピードアップ!  こちらこそ、楽しいところへ連れて行ってもらったり、いろいろ見せてもらったりとありがとうございました。2013年もよろしくお願いします(^ε^) トップページ