横浜のwebデザイナー&ライターRucca(ルッカ)のサイトです。ノート術で人生を楽しくおもしろくすることをテーマにブログを書いてます。, ついに完結してしまいました・・・ハチミツとクローバー。最終巻10巻を読み終わりましたです。, 終わってみればそれぞれに、おさまるべき所にハッピーエンド。賛否あったようですが私はこの終わり方はハチクロらしくてよかったと思いました。最近に珍しい?きちんと終わったマンガではないか、と。, はぐちゃんと花本先生というのは、はぐちゃんがこれからも創作活動をしていくためには先生はかかせない大切な存在なので、本能でそちらを選んだというのに納得。, 森田さんが好き、というのとはやっぱり全然違う流れの話で、はぐちゃんにとって本流はやっぱり先生なんだな。。天才同士はお互いにしか共有できない世界を持って惹かれあうけど、もしかしたら一緒にいるとやっぱり食い合っちゃうのかもしれない。, はぐちゃんは「描かないと生きていけない」くらいの「創作への才能」ある意味「業」みたいなのをすでに背負ってる。, 竹本くんはどちらかというと、先生のスタンスではぐちゃんに片想いしてたんだけど、はぐちゃんと同年代の彼には、彼女のバランスを支えられるだけの自分の「土台」をまだ持ってないし。, でも最後にね、彼女が竹本くんにおくった『ハチミツとクローバー』のサンドイッチがね・・・泣けた。, はぐちゃんにとって森田さんには恋だったかもしれないし、竹本くんには友情だったかもしれない、けど、彼女の中には多分、大切なものという意味では同じなんだろう。, そして彼女が本当の意味で「生きる」ために必要な人が、大きな包容力を持った花本先生なんだろうね。本人はたぶん打算も計算もなく、まさに本能の選択だと思うけど、賢い選択だと思う。, ・・・かいつまむと、与志くん、ロバちゃん、愛子、曜子という4人の男女がいて、ひょんなことから同じマンションに住む事になります。, 与志くんの恋人の愛子は不安神経症というメンタルの持病があり働くことが困難なんだけど、彼女が非常に頭がいい事に気づいた3人が、彼女に医大受験を進めます。, だけど私立の医大は思ったよりもお金がかかって、3人の出資だけでは授業料に足りなくなり、愛子はこれ以上みんなに負担をかけられない、大学を辞めるしかない、と思います。, そんなとき、愛子は同じ大学の医師にプロポーズされます、相手は自分の持病のことも良くわかってるし、愛子が医師になるまでの費用も出してくれるという・・・。, 愛子は与志くんを愛してるし、3人には、とりわけ与志くんには恩があるし、悩むんだけど、最終的には与志くんと別れて、その医師と結婚してしまうのです。, 与志くんも、愛子の心の揺れを知りながら、最後まで愛子に強要しないのよね。徹底的に?、愛子の決断の邪魔をしない、というスタンスを守り抜いちゃう。, この小説のこのラストは、なんだか私にはちょっと痛くて、ずっと自分的に『未消化の為一時凍結』だったんだけど、ハチクロのラストとちょっと繋がって、すこし解凍できたというか・・・。, 『生きる意味が何にかかっているか―――だと思う。それが『恋愛』の人間もいれば、好むと好まざるとにかかわらず、何か『やりとげねばならないモノ』を持って生まれてしまった人間もいる。』, 『どっちが正しいとかは無くて、みんなその瞬間はもう、本能にジャッジをゆだねるしかないんだろうな』, 愛子はその後国家試験に合格して医師となり、夫と共にアフリカの難民キャンプの医療団に参加してるらしい、という消息がラストにありました。, 愛子も、3人から贈られた『医師になる』という夢を、『やりとげねばならないモノ』として実現する為に本能で選択したのかな?, そんなわけで、私の脳内ではこのそれぞれに遠くにある作品が、リンクしてさらにいい感じにどちらも着陸できて、ちょっとキモチイイのでした。, 野宮さんがなんとかしてくれそうな感じのラストでありましたが、欲を言えば山田さんの『自力』での成長をもうちょっと見たかったな。, なまえ:Rumiko Ozeki横浜在住:グラフィックデザイン&web制作/フリーランス 趣味はお気に入りのカフェで美味しいコーヒーを飲みながらノートを書くこと。.

まず、9巻の終わりから10巻の終わりにかけてなのだが、森田が病院でリハビリ中のはぐをさらう。またこのパターンか、という感じだが、それもこれで最後だ。, 花本先生、修ちゃんこと、花本修治を、人生の伴侶に選ぶのである。 プロポーズの言葉は「修ちゃんの人生を わたしにください」, 花本修治にとっては、それこそが自らの望む道であった。ずっと大人面して澄ましていたが、彼は内心では実ははぐを恋愛対象として考えていたのである。彼は教職を辞し、芸術家・花本はぐみのマネージメントに生涯を捧げる道を選ぶ。, 森田はというと、ルーカス・デジタルアーツに就職する。結局、日本画科はろくに通いもしないままやめてしまったらしい。, 主人公たる竹本は、いつぞやの自分探しの時に知り合った、宮大工の人々に誘われ、自身も宮大工となるべき道を選ぶ。大学は無事に卒業し、そして旅立ちの日。, はぐが見送りにやってきて、サンドイッチを手渡す。開いてみると、それは「ハチミツと四葉のクローバーのサンドイッチ」, はぐが事故で大怪我…芸術家生命はどうなる!?「ハチミツとクローバー」第9巻のあらすじ・ネタバレ感想, 前巻で復讐を達成した森田だが、苦悩している。彼にとって最大の悩みは、「自分は才能があるが、自分以外の他人には自分ほどの才能がない」ということだった。いや、赤の他人ならどうでもいいが、問題は、兄・カオルである。忍とカオルは兄弟だが、カオルは、自分と忍の才能の差について苦悩していたらしい。, 芸術的才能によって初めて人生に価値が生まれる、という、はぐの思想は、森田にとっては苦悩そのものである。, なぜって、はぐは自分一人で完成した人間だから自分の中でだけ人生というものの意味を確立することができるが、森田は孤独な人間であり、そして孤独に耐えきれぬ人間であり、「自分の人生に意味があっても、自分の周囲の人間には生きる意味がないのでは自分も生きる意味がない」と考えてしまうような、優し過ぎる人間だからだ。, 「描かなきゃ生きる意味がないなんて言うな 俺は お前がいてくれれば いてくれさえすれば それでいい」, 「私の人生は描くことだけ 私の人生は描くことにしかないの 描きたいの 私の人生は 他にはないの」, で、はぐは一人の独立した芸術家として生きていくために、「もっとも自分の支えとして役に立つ」花本修治を人生のパートナーと選ぶのである。, ちなみに森田は森田で、それなりに自力で立ち直るのだが、その過程で、竹本と殴り合いのケンカになるシーンがある。フラレ男二人の、本音をぶちまけあっての格闘。, 「アンタにだけは!取られたくなかった!才能に負けるより、誠実さに負ける方が!よっぽど気が楽だ!」, ちなみに、これ、衆人環視の土手の真ん中でやっている。周囲の人々は、どう見ても青春真っ盛り以外の何物でもない二人を、とても生温かいまなざしで眺めている。ここも、作中屈指のギャグシーンの一つだ。, 「なんだかんだでさ 俺 あのおっさん(ルーカス監督の事)好きなんだわ オヤジ以外で あんなバカな大人は 初めて見たんだ」, ハチクロは青春漫画である。野宮や森田は実のところ青春って年齢ではないのだが、青春している。他の連中は言わずもがなだ。, 筆者は今までこの本を何度も再読してきたし、これからも再読し続けるだろう。「青春」というものは、大人になってしまえば、二度と戻ることのできない幻想郷である。そこに戻る手段は、一つしかない。フィクションの世界だ。, 広報担当”えれみん”だみん。語尾に”みん”が付くのはご愛嬌みん。 ここはライター様に電子漫画サービスの情報、マンガの感想を執筆いただき、運営しているみん。ニヤけてしまう面白い漫画、快適な電子漫画サービスと出会えるように日々、尽力するみん。, 何かの縁で当サイトにたどり着いた諸君、末永くよろしくお願いします………みん(-д☆)キラッ.



C922 ドライバ ダウンロード 4, 下関 天気 Gw 4, 新垣結衣 画像 Naver 5, 仕事 丸投げ 後輩 5, ベンツ カスタムショップ 愛知 12, 頭 撃たれる 即死 14, 秋元康 ブログ 偽物 28, クラーク高校 姫路 偏差値 5, 手話 サインネーム 江頭 4, 山形 公園 犬 5, 楽天 5のつく日 勝ったら倍 9, スポーツクライミング 男子 イケメン 6, サガフロンティア2 ラスボス 倒し方 22, びっくりドンキー 皿 ニトリ 13, 柔術 テイク ダウン 7, テレワーク 一人暮らし 寂しい 19, 異世界スマホ 作者 キレる 22, Hello Lilly Youtube 5, カラオケバトル 動画 2019 4, 情熱の薔薇 歌詞 意味 17, Bump Of Chicken 吐息 21, 花のち晴れ漫画最新話 95 話 4, ハッカ油 赤ちゃん 影響 14, ホネホネロック 歌詞 放送禁止 7, ラグドール ブリーダー 関西 11, Wows 大和 立ち回り 31, 退職 言い出せない 怖い 21, トーマス イベント 愛知 32,