母ツルマルワンピース(母父キングカメハメハ) 生産: ノーザンファーム

一口価格: 8万円 /500口, サマーシリーズのこの時期はあまりクラブ馬が勝つイメージがなかったのですが、きっちりここで勝って来るところが、短距離から中長距離まで輩出する、シルクのこの近年の世代の強さをまじまじと感じました。とりわけ、この世代のシルク馬は総崩れすることなく、ちゃんと安定的に強い。このレースも好スタートを決めたまま、そのまま持ったまま突き抜けていった印象でした。最大斤量58キロも感じさせない、余裕の競馬で鞍上の武豊騎手も必死に追ってる感じもなかったですね。このレースってそういえば去年は想定1番人気を含めた6頭が禁止薬物使用関連で除外にあったレースだったんですね。あれからもう1年経ったのか。。。このレースは1番人気が8年ぶりに勝ったレースで、そんな私もこのレースはちょい荒れすると睨んでいたのですが、ダイアトニックにとっては楽勝レースでした。, 父ディープインパクト サンクテュエールは去年アルテミスS(G3)でリアアメリア(シルクR)の2着。実力は確かなものの、シンザン記念ではサンデーレーシングのルーツドールに圧倒的人気を譲りました。しかし、勝ったのは実績十分のサンクテュエール。スタートは出遅れたものの、直線でヴァルナと競り合い残り100mで粘り強く抜いての1着。鞍上はルメール。スタートは出遅れたがしっかりすぐに前について好位置をキープしました。ルメール様様の騎乗だったのではないでしょうか。, 父ロードカナロア ウムラオフ(中央2019年引退)

サンデーサラブレッドクラブ(サンデーレーシング)2019年生まれ募集馬について、2020年7月版一口馬主用aiにて勝ち上がり率を評価しています。 サンデーサラブレッドクラブ2020年度募集馬リスト. 私がTwitterで予想した通り、この時期のG1は一口馬主馬券を買っていれば当たるというのその通りですが、中々豆馬券でした。ラッキーライラックはこのレース、去年に続いての連覇。ラッキーライラック自身も強かったですが、ルメール以外が乗っていたら取りこぼしていたかもしれないそんな今回も神騎乗な内容でした。大外枠の不利がありながらそれでも勝っちゃうんですから、今回のレースに関してはルメールがノームコアに、はたまたサラキアにルメールが乗っていたらその馬が勝ってたんじゃないかと思っちゃうくらい道中の仕掛けが紙一重のレース展開でした。陣営はエリザベス女王杯がラストランになるかもしれないと言っていましたが、ラストはファン投票に応えて有馬記念出走というのもあるでしょうね。, 父キンシャサノキセキ 生産: ノーザンファーム 調教師: 藤原英昭 (栗東) 母ライラックスアンドレース(母父Flower Alley フォーティナイナー系) 生産:ノーザンファーム 一口価格: 7万円/400口, 北九州記念は8番人気であった伏兵のレッドアンシェルが勝利!と思いきや、この馬のこれまでの戦績や血統を見てると、何故にノーマークだったのか不思議と思えるほど全然伏兵ではなく、全然この勝ちにふさわしい馬であったことが終わってから気づきました。。前走のCBC賞(G3)では57キロ(全頭2番目の斤量の重さ)を背負いながらも3着に好走。今回の北九州記念でも全馬の中で一番の斤量57キロを背負いながらも直線で瞬発力を発揮して突き抜けて勝ちました。現在レッドアンシェルは6歳ですが、この馬の2歳、3歳時を見ていると朝日杯FSやNHKマイルに出走して善戦していたりと一線級で戦っていた馬でした。古馬になってから短距離路線で本格化し、この勝利で短距離路線のG1の参戦と勝利も見えてきたというどこぞの解説者が言うてました。私はこの馬がマンハッタンカフェ産駒ということもありなんとなく見逃してしまってましたが、母父がストームキャットとやはりキレる脚をお持ちなんですね。。短距離路線は古馬になってからも戦えるという意味ではクラシック以外でも夢のある舞台はまだまだあるとそう気づかされたレースになりました。馬券は取れなかったけど。, 父ディープインパクト 調教師: 手塚貴久 (美浦) 母マチカネハヤテ(母父サクラバクシンオー)

管理する木村哲也厩舎は近5年で15頭サンデーレーシング所属馬を管理し、勝ち上がりは11頭(73.3%)です。半兄ステルヴィオで念願のgⅠ制覇を果たしていますし、木村調教師としてもグランパラディーゾの血統は思い入れがある事でしょう。 一口価格:8万円/500口, 【青葉賞(G2)】 今年も1年追っていきたいと思います。, 今年は重賞勝ち馬と共にその時の私の感想を添えていますが、色々と勝手な妄想で発言していることに気づきました。 2020.06.24 2020.06.23. 母スキア(母父Motivator モンジュー系 Sadler’s Wells) 調教師: 藤原英昭 (栗東)

調教師: 友道康夫 (栗東) 調教師: 高野友和 (栗東) 母タピッツフライ(母父Tapit A.P INDY系) 勝ち鞍: 2月16日京都記念(G2)、6月28日宝塚記念記念(G1)【北村友一騎手】 シュナイデン(2018年引退) 母セコンドピアット(母父ハーツクライ)

調教師: 手塚貴久 (美浦) 本日社台グループの社台レースホースクラブ、サンデーレーシング、G1レーシングの出資馬の当選結果発表がありました。, アメジストリングの2019はサンデーレーシングで全体の3位の票数を集め、実績1000万以上あっても当たらないレベルでしたが、、当方筆頭出資者である身内の最大実績もわずか200行くか行かない程度。。これはラッキーナンバーに見事当選したことになりますね。, お金に困っている時に当たってしまうもんだと、周りには言っていましたが、本当に出資が確定してしまっていました。, ですが、他の第2候補の馬や票が集まらないところを狙った馬ではなく、本命の馬が取れたので大大満足です!, 余談ですが、これで取れなければキャロットとシルクに集中するつもりでしたが、これで逆にこの2クラブを自重にしないといけないことになりました。, 当馬は、コメントでもクラシックを狙っていると強気のコメントがありましたから、期待せずにはいられません。, ちなみに家族会議の末、最終的にこの馬の投票を選択したのは私なのですが、、一昨年一口デビューした時も私が選んだ馬はG1サラブレッドクラブのエピファネイア産駒でした。エピファネイアに特段思い入れがある訳ではないのですが、選んだ馬が連続してエピファネイア産駒というのも不思議なもので。。。, 今回はノーザンに中内田厩舎、コメントによると中長距離適性で狙うところはクラシックと、これまでの出資馬の中でもかなり期待は大きいです。, やはり川田ジョッキーが乗るのでしょうか?(口取りの時とかちゃんとしてないと怖そうですよね), アメジストリングの19アメジストリングの2019エピファネイアおすすめ!サンデーサラブレットクラブサンデーレーシング中内田充正社台グループ, G1レーシング 勝ち鞍: 4月19日 アンタレスステークス(G3)【藤岡佑介騎手】 母ユーアンミー(母父Marquetry ミスプロ系) 一口価格: 6万円/400口, ウインレーシング今年最初の重賞勝馬は何ともお名前がかわいいウインマリリン。この日鞍上の横山武史騎手にとっても初重賞制覇となりました。このレースにはシルクの期待馬、スカイグルーヴ、東京Rのイチオシ馬、レッドルレーヴ、有馬記念勝ち馬ブラストワンピースの半妹ホウオウピースフルと中々手ごわい強豪なライバルが出走していました。その中でも強力なライバルと強風をはねのけ、また直線で鞭を放り投げるハプニングがありながらもしぶとく伸びで他馬を抑えて勝利をおさめました。ウインマリリンはこれまで1番人気がないながらもこれでしぶとくこれで3勝目。今後はオークスの伏兵として要チェックです。, 父ステイゴールド 一口価格: 200万円/40口, 今年からG2に格上げされた富士Sを制したのは社台ホースクラブのヴァンドギャルドでした。社台クラブの重賞級期待馬はたくさんいますが、(今すぐぱっと出ないがそんなイメージ)中々勝ちきれないのがこのクラブでしたが、忘れていた頃に勝ちをかっさらう、もはやそんなクラブイメージになってしまいました。ヴァンドギャルドはこれで初重賞タイトル。社台は高い馬しか活躍しないというイメージそのままに一線級でもどうどうと戦えることが証明されました。若馬の時は中距離路線を走っていましたが、マイルに方向転換してからは成績も上昇。当時NHKマイルカップに出ていてもいい勝負ができていたのではないでしょうか。最近社台クラブは元気を失っているイメージでしたので、社台クラブの活躍は個人的には嬉しいです。このレースでマイルCSの優先出走権も得て、この馬もまだ4歳と若く、社台クラブとしても久しぶりのG1タイトルも見えてきたのではないでしょうか。マイルCSもたくさん有力馬が出走を表明していますが、この馬にも注目していきたいと思います。, 父エピファネイア 母ナイトマジック(母父Sholokhov サドラーウェルズ系) 勝ち鞍: 6月7日 安田記念(G1)【池添謙一騎手】、10月4日 スプリンターズS(G1)【C.ルメール騎手】 勝ち鞍:シンザン記念(G3) 【ルメール騎手】 調教師: 中内田充 (栗東) 生産: ノーザンファーム 勝ち鞍: 9月13日 京成杯AH(G3)【三浦皇成騎手】 一口価格: 20万円/400口, 2020年、クラブ馬1頭目の重賞制覇。キャロットは2019年の下半期から勝率を上げてきて安定的に勝利を重ねています。 アーモンドアイの歴代G1 8勝目がかかった一戦を圧倒的な力で退けたのはこの名牝、グランアレグリアでした。私個人としてもアーモンドアイを負かすならこの馬しかいないと思っていました。アーモンドアイはスタートがあまりうまく決まらず出遅れた形になりましたが、最後のグランアレグリアの直線の伸びを見ると、スタートが五分でもさすがのアーモンドアイにもグランアレグリアを差せなかったのではないでしょうか。なんだかこのレースで圧巻のパフォーマンスを見せたグランアレグリアは、サンデーレーシングの意地とプライドを見せつけたような、力強いレースに感じました。この日勝ったグランアレグリアの単勝は3番人気で12倍。。。もうこのオッズで買える日は2度と来ないでしょう。, 【スプリンターズS】 調教師: 国枝栄 (美浦) 母リュヌドール(母父Green Tune ニジンスキー系) 母シーザリオ(母父スペシャルウィーク) サンデーサラブレッドクラブ2020年度、1歳募集馬の価格、厩舎なしのリストが発表されましたので、気になる注目馬などを公開していきます。写真、動画を見て細かいレビューも作成しますので、そちらも参考にしてもらえたらと思います。 調教師: 鹿戸雄一 (美浦) 一口価格: 20万円/400口, 東京ホースレーシングからも大物候補が誕生しました。新馬戦に続き、この2歳戦の重賞でもレコードタイムを叩き出し、圧倒的人気に応えて勝ったのは、レッドベルオーブです。去年の同レースでも東京ホースレーシングのレッドベルジュールが勝ち、この馬はレッドベルオーブの全兄にあたります。これで兄弟そろっての制覇となりました。レッドベルジュールはその後朝日杯FSで3番人気に推されながら、10着となり、そのまま喉の影響でわずか3戦で無念の引退となってしまいました。母親のレッドファンタジアもすごい母馬で、これまで4頭の馬がデビューしていてい全頭2勝以上している優秀な母馬です。血統もディープインパクトとのニックスということもあり、これまで全頭ディープインパクトとの配合で結果を出してきました。2019年産駒はハーツクライと配合されており、一口価格もお手頃でちょっと東京ホースレーシングでワンチャン狙ってみようかなとさえ思えたほどです。レッドベルオーブは今回のレースでは道中掛かりながらもラストは素質で勝ったような印象でした。新馬戦は見ていないのですがレースを見てなんだか血統的にもレースぶりも2歳時のリアアメリアを彷彿とさせます。次走は恐らく朝日杯FSに出てくるでしょうが、リアアメリアのように蒸発しないか、次で本当の真価が問われそうです。そして兄の雪辱を果たせるのか注目して見ていきたいと思います。, アーモンドアイヴァンドギャルドウインマリリンウインレーシングウェスタールンドオーソリティおすすめ!キャロットクラブグランアレグリアクレッシェンドラヴグローリーヴェイズクロノジェネシスサラキアサリオスサンクテュエールシルクレーシングセンテリュオダイアトニックタイムフライヤーデアリングタクトトロワゼトワルノルマンディーサラブレッドレーシングパフォーマプロミスフィエールマンフォイヤーヴェルクブラストワンピースプリモシーンベストアクターラウダシオンルフトシュトロームレッドアネモスレッドアンシェルレッドベルオーブ広尾レース東京ホースレーシング社台社台ホースレーシング社台レーシング, G1レーシング 勝ち鞍: 11月14日 デイリー杯2歳S(G2)【福永祐一騎手】 母サロミナ(母父Lomitas ニジンスキー系) 母アンティフォナ(母父 Songandaprayer(Fappiano ミスプロ系) 勝ち鞍:金鯱賞(G2) 【ルメール騎手】 母アドマイヤキラメキ(母父エンドスウィープ) ギャラクサイト、クールキャット、シルブロン、エルピーダ、クインズムーン、スティクス、グレイシャーパーク、カナディアンマン、テオリス, 2018年度産駒 一口価格: 5万円 /500口, 2020年、クラブ馬2頭目の重賞Winner。今年の馬主トップリーディング(1月末現在)の1位キャロットクラブとシルクレーシングクラブが順当に重賞勝ち。ブラストワンピースが勝利を収めたAJCC(G2)は、天皇賞・春(G1)のステップレースにもなっていて、去年天皇賞・春を制したフィエールマンが単勝圧倒的1番人気で2着になったレース(勝利馬シャケトラ)。ブラストワンピースは前走凱旋門賞出走からの復帰初戦のレースでこのレースに出走しました。途中で故障した馬が発生し、最終コーナーで影響を受けましたが、直線では先頭を走るステイフーリッシュをしぶとく交わして勝利を飾りました。ちなみに2着はステイフーリッシュ、3着はラストドラフトと社台レースホースクラブの馬が入りました。, 父ディープインパクト 生産: ノーザンファーム 社台・サンデー2020年度募集馬候補 . 生産: 白老ファーム 今年で既に重賞2勝目。また一口35万円の馬が偉業を成し遂げました。当馬の出資者孝行ぶりは前回でも何度も言ったので割愛します。このレースはクラブ馬が多く参戦していて、どこかのクラブ馬が勝つだろうとは予想できていましたが、クロノジェネシスが果敢に攻めた北村友一騎手のエスコートに応え、5馬身差という圧巻なパフォーマンスで勝利を収めたことには驚きました。ここまでの強さは想像していませんでした。いやはや、サンデーレーシングはこういったグランプリレースがむちゃくちゃに強いクラブですね。クラシックを走った馬たちが古馬になってさらに成長してグランプリレースをかっさらうといった形がとても多いような気がします。しかし斉藤厩舎と北村友一騎手も、ともにここ2年で急成長を遂げています。斉藤厩舎に関しては元ノーザンのスタッフということもありで、ブレイクするであろうと予想はしていましたが、こんなにも早く結果を出すとはいやはやすごいですね。クラブ募集馬には斉藤崇史厩舎のようなノーザン出身の若手がいるのでこれからそういったところにも注目して馬を選ぶのもいいかもしれませんね。, 父オルフェーヴル

いすゞ 修理 工場 5, Zoom 録画 変換 時間 28, 尿沈渣 読み方 漢字 31, 将棋 初段 難易度 14, 分別 選別 違い 4, 千葉 キス釣り ブログ 房州 4, エストレヤ リザーブ コック 6, 関ヶ原 ウォー ランド 入場料 6, くじら 結婚 何と 13, Saudade 歌詞 バイオハザード 4, ジュート 麻 違い 9, 藤井聡太 レーティング 一位 11, 通勤手当 事実発生日 週休日 7, エルゴメーター リハビリ 価格 4, シャリアピン ソース 英語 10, 関ジャニ 演技 上手い順 4, 日立製作所 事業部 一覧 6, 垣花正 増毛 前 4, 野菊の墓 民子 死因 24, Windows10 エラー 再起動 ログ 5, アマゾンプライム 字幕 フォント 4, Bts 事務所 Jyp 20, 小瀧望 タバコ 吸う 15, Aliexpress 転売 違法 36, スポーツクライミング 男子 イケメン 6, Cnn English Express 勉強法 7, 大久保嘉人 自宅 どこ 5, さいたま市 中学校 臨時休校 どこ 24,